ピクシブ百科事典

アクトレイザー

あくとれいざー

二重の意味において神ゲー。
目次[非表示]

概要

1990年にクインテットが製作、エニックスより発売されたスーパーファミコン初期のアクションシミュレーションゲーム

プレイヤーはとなり、魔王サタンに乗っ取られた世界を救う戦いを繰り広げる。

この戦いは、「アクションモード」「クリエイションモード」の2つのパートに分けられており、アクションモードで神像に受肉し各地を支配する悪魔を討ち滅ぼし、その後のクリエイションモードで人間たちを導き土地に良き人々を根付かせ、全ての魔物の巣を封印して次なる悪魔の地へと旅立つ、という流れとなっている。

その多彩なアクションと奥深いクリエイションモード、そして古代祐三氏による優れたBGMから神ゲーとの評価も高い。二重の意味で。
因みに日本国内よりも海外での売れ行きが好調だった模様。

余談だが、古代氏が手がけたBGMはファイナルファンタジー4の音楽スタッフを愕然とさせ、すべての音楽を作り直させるに至った(そして発売は遅れた)という逸話がある。
<その後、2012年のFINAL FANTASY展にて、植松伸夫により大げさな表現であると訂正され、実際には音源のサンプリングをやり直した程度としつつも「当時は勝てなかった」と評価している。この事から、ソフトウェアのリリース時期を加味すれば、優れた表現を実現していたといえる。>

それから3年後の1993年には続編の「アクトレイザー 2沈黙への聖戦」が発売されているが、こちらは純粋なアクションゲームとなっており、難易度もより一層高くなっている。
しかしながら日本国内ではクリエイションモードが廃止されたのと凶悪な難易度が不評だったせいか、前作ほどの人気を集めるには至らなかった。世界観もグロ…(文章はここで途切れました)。

両作品でグラフィックを担当した、古代彩乃氏は古代祐三氏の実妹である。

関連タグ

レトロゲーム エニックス スーパーファミコン スクウェア・エニックス

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「アクトレイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66868

コメント