ピクシブ百科事典

アドラメレク

あどらめれく

1.太陽神(後のキリスト教における悪魔)の名称   2.スクウェア・エニックスのゲームで使われる世界観設定「イヴァリース」に登場する悪魔(ルカヴィ)・召喚獣。
目次[非表示]
  1. 太陽神の一種。ユダヤ教、キリスト教においては悪魔と見なされる
  2. スクウェア・エニックスのゲームで使われる世界観設定「イヴァリース」に登場する悪魔(ルカヴィ)・召喚獣。


1の概要

太陽神の一種。 (Adramelech,Adrammelech, Adramelek)
主にセファルワイム(『列王記』下17:31)の町と、サマリアで崇拝された。
名前の「melech」は、ヘブライ語で「王」を意味する。

ユダヤ教とキリスト教においては悪魔と見なされ、
地獄の上院議員にして地獄の宰相、サタンの洋服係、蠅族の大法官、地獄の尚書長として多忙な存在である
堕天前の位階は燃え盛る車輪の体を持つ天使である座天使の地位にあり、ラファエルの指揮下にいたとされる。
召喚されると、人間か孔雀かラバの姿で現れる。

FFにおいて

FFT

初出となるのはFFT
黄道十二宮における磨羯宮(やぎ座)に配される悪魔(ルカヴィ)であり、二つ名・ジョブは「憤怒の霊帝」。
緑の体毛に覆われた山羊の姿をしている。

作中では主人ラムザの異母兄であるダイスダーグの瀕死と共にその肉体を借り、現世に現れる。
急な契約で現れたせいか他のルカヴィ、特に最初に出現するキュクレインと比較しても弱い。
誤表記の多いことでも知られるPS時代の攻略本、通称「黒本」の巻末にてシナリオ担当の新城氏のコメントでは「自分の謀略が上手くいかなかったことへの憤怒なのか」と、皮肉めいた問いかけがなされている。

FF12

また世界観を共有するFF12においては、神(と称する種族)が創った異形の者で害をなす魔物を震撼させる「憤怒の霊帝」。
体表は緑の甲殻に覆われ、蝙蝠のような骨だけの翼が生えている。
本来は魔物を抑制する存在であったが、その憤怒はカリスマ性へと転化し魔物を統べる者となってしまう。
遂には神に反旗を翻し戦うも敗北し、封印されてしまう。

作中では封印された地であるのか、ゼルテニアン洞窟で遭遇する。
その洞窟自体がルーキー&初見殺しの場所であるためか、最深部にいるアドラメレクに辿り着けるだけの実力があればFFT同様に苦もなく倒せる。
召喚技は「裁きの雷」であるが、前述の問いかけのこともあり、憤怒している者の裁きとなると単なる八つ当たりの可能性もある。

別名・表記ゆれ

憤怒の霊帝ダイスダーグ

メガテンシリーズにおいて

真・女神転生ⅣFINALに堕天使として登場。背中に孔雀の羽が生えたラバの姿をしている。
混沌の勢力の頂点に立つルシファーの忠実な僕。

関連タグ

悪魔 堕天使
FFT FFTA2 FF12 イヴァリース
ルカヴィ ゾディアーク
ベリアス キュクレイン ザルエラ アドラメレク ハシュマリム 聖天使アルテマ
カオス マティウス ファムフリート ゼロムス エクスデス シュミハザ
真・女神転生ⅣFINAL

pixivに投稿された作品 pixivで「アドラメレク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9248

コメント