ピクシブ百科事典

アナイアレイター

あないあれいたー

『殲滅者』を意味する英単語。
目次[非表示]
  1. 『アーマド・コア マスター・オブ・アリーナ』のパッケージに採用された機体の通称。
  2. ボーカロイドのユニット曲。
  3. ニンジャスレイヤーの登場人物。
  4. カナダのスラッシュメタルバンド。


「アーマード・コア」に登場するアナイアレイター

アーマードコア


アーマード・コア マスターオブアリーナのOPムービーに登場する機体の名称。
『アナイアレイター』の名が使われたのは実はノベライズ作品中のみ。
この名称が広まったのはアンファングヴィーダーとは違いOPムービーのみの登場であったため正式な名称が明かされる事が無く、他に丁度良い呼び名がなかった事に由来する、いわゆるデファクトスタンダードである。
そのビジュアルや、ゲームOPでの活躍から、ナインボールの対となる機体として人気が高い。

小説作中においては、プログテック社の技術者であるエラン・キュービスによって既製品を改造したカスタム機という位置づけで登場。ナインボールのカウンターとなるべく、主人公フリッツ・バーンに託された。
また、作中には脚部・武装・ジェネレーターを変更した「アナイアレイター+」も登場している。

装備はKARASAWA・垂直式ミサイル・プラズキャノン・レーザーブレードと、かなりの高火力・重装備で占められているが、パッケージ機体の宿命というべきか、ゲーム中でこのアセンブルに再現すると重量過多や出力不足に陥るという落とし穴があるため、データコンバートを用いないと出撃させる事すら出来ない機体となっている(小説版では先述の通り既製品を改造したカスタム機である為、それらのハンディを考慮する事なく運用出来る模様。また、アナイアレイター+では重量過多・出力不足の欠点が解消されている)。
機体アセンブルは、後のレオス・クラインエヴァンジェなどに引き継がれたビジュアル面での優等生である。PS2シリーズ最終作のACLRでは、VRアリーナにおいて「ゾロX」が駆る「ラヴィッツアーム」が本機を再現した機体として登場している。

vocaloidオリジナル楽曲としてのアナイアレイター

初音ミク巡音ルカによるVocaloidオリジナル曲。

ルカミク


http://www.nicovideo.jp/watch/sm10411301

「ニンジャスレイヤー」に登場するアナイアレイター

【忍殺】シマナガシいちのあばれんぼう


◆忍◆ ニンジャ名鑑#264 【アナイアレイター】 ◆殺◆
フマー・ニンジャの憑依者。
空気中の重金属成分と自らのニンジャソウルでスリケンめいて生成する特殊装束をそのまま凶器として使用。
装束の繊維は攻撃時に解れて鋭利な刃を無数に生やしたワイヤーとなり、周囲の生命体を鏖殺する。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

サークル・シマナガシのリーダー。ソウカイヤに殺されかけていた所をフィルギアに救われリーダーに据え付けられる。
性格は好戦的かつ短気。彼に憑依したニンジャソウルは伝説のニンジャ六騎士の一人であるフマー・ニンジャなのだが、他の六騎士の憑依者に比べて(主に頭が)軽く、実際大物アトモスフィアを感じさせない。チンピラ!
パーカーとカーゴパンツを着用しているが、イクサになると服を破いて有刺鉄線製のニンジャ装束が姿を現す。
ユニーク・ジツは周囲一帯に一瞬で有刺鉄線を張り巡らせ、辺りの敵を皆殺しにするという実際恐ろしいもの。
しかし、発動に際して敵味方の区別がつけられない上、未熟さ故にすぐソウルに飲まれて暴走するという危険を伴う。暴走を止めるにはスーサイドのソウル・アブソーブション・ジツで気絶させるしかない。スーサイド曰く「こいつ本当クソだぜ」
一応、当人も未熟さは理解しており、ナックルダスターや触手のように用いるといった限定的な発動で消費を抑えたりもしている。また、カラテの腕前も中々のもの。

関連項目

アーマード・コア ACMOA ナインボール
vocaloid 初音ミク 巡音ルカ
ニンジャスレイヤー

pixivに投稿された作品 pixivで「アナイアレイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135850

コメント