ピクシブ百科事典

アルフレッド・ジョーンズ

あるふれっどじょーんず

アニメ『モンタナ・ジョーンズ』に登場するキャラクター。 ※メイン画像左の人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

※もしかして ⇒ アルフレッド・F・ジョーンズ - Axis Powers ヘタリア

概要

CV:中尾隆聖
 モンタナ・ジョーンズの従兄弟で、もう一人の主人公。
 普段はボストン自然博物館の考古学教授を勤めている。
 モンタナとは対照的に研究熱心かつ理論的な性格。モーツァルトなどの良質な音楽とおだかやかな研究生活、ママのスパゲティが大好き。
 様々な歴史や異文化に精通しているため、古文書の解読や謎解きが得意で、よく遺産発見の突破口になる。アガサ仕込みのスパゲティの腕前もかなりのもの。
 研究に没頭しがちで運動不足なのか恰幅が良く、泳げないなど、普段の運動能力はあまり高くない。しかし、いざという時には意外な運動能力を見せる事もあり、実際はごく短時間なら泳ぐこともできる。
 また、よく許可証を失くしたり、お人好しな性格がわざわいして騙されやすい一面も。

 モンタナの後先考えない破天荒な行動につき合わされたり、荒っぽい操縦には冷や汗をかくこともしばしば。そのため、鞄の中には常にパラシュートを忍ばせている。
 師であるギルト博士からの指令も楽しみにはしているが、それによって危ない橋を渡ることも多いため、連続で司令が来たと思った時には嫌そうな顔をしていた。

アガサ・ジョーンズ

 CV:吉田理保子
 アルフレッドのママ。モンタナの叔母でもある。
 ボストンでイタリアレストランを経営しており、息子が天下一品と評するほどの料理の腕前。
 従業員に厳しく、コック兼ウェイターのチャダ(CV:津久井教生)やアルバイトのモンタナが仕事そっちのけでギルト博士の指令にかまけがちなため、ちょくちょく雷を落としている。
 アルフレッドは大事な一人息子なためか過保護ぎみで、モンタナにも口は悪いが内心では彼女なりに心配している。
 最初の頃はギルト博士を露骨に毛嫌いしていたが、16話で自分のミスでゼロ卿にレコードを奪われたことに責任を感じて単身行動。それによって理解を示したようで、以降は不満を口にしつつも協力的になった。

pixivにおいて

実際には、ほとんどのタグが「ヘタリア」のキャラクターの意味で付けられている。
間違いではないが、気が向いたらミドルネーム(?)のFも入れてほしい。

親愛なるわが弟子、アルフレッド君…


「モンタナ」のキャラクターのイラストは存在するが、名前のタグが付いたものは少数(2016年3月時点)であることと、圧倒的多数派である同姓同名キャラとの混同を防ぐため、登場作の「モンタナ・ジョーンズ」「モンタナ」のタグから探したほうが早い。

関連タグ

アルフレッド モンタナ・ジョーンズ モンタナ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルフレッド・ジョーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283145

コメント