ピクシブ百科事典

インサーン

いんさーん

インサーンとは、海賊戦隊ゴーカイジャーの敵組織・宇宙帝国ザンギャックの女性幹部である。          
目次[非表示]

「根性の無い奴…粗大ゴミとして捨てちゃって下さい」

概要

声:井上喜久子/スーツアクター:大林勝

宇宙帝国ザンギャックの女性幹部。肩書きは「開発技官」。
武器開発や行動隊長の改造・巨大化を担当している。
火山の噴火の誘発や透明化能力など、強化改造の技術力は確かに高い。しかし隊長が任務失敗すると、その失敗を隊長に責任転嫁する節がある。また作戦失敗でおめおめ戻って来た行動隊長を追放するなど、それなりの権限を持っているようである。
出身は恐らく地球とそれほど変わらない気候の星と思われる。学生の頃の同級生に行動隊長ジェラシットがいる。
ワルズ・ギルには基本忠実だが、裏ではその器の小ささを見下している。ギルに巨大化を横取りされて不満を口にしたり、彼が患った風邪が伝染してダウンするなど、彼にまつわることで酷い目にあったことも。しかし、内心見下していたことはワルズ本人に気付かれており(ただ、直接の鬱憤の矛先が父親から任命されたダマラスに向けられおり、彼女は普段から媚びているためか、あまり怒りをぶつけられることはなかった)、また彼が戦死した時には絶句してしまっていた。
気に入った男性に惚れ込むなど女性らしい一面もある。基本は艦内勤務だが、行動隊長の信号無視を注意した陣内恭介に惚れ込み地球に降下、ひどい公私混同ぶりで敵味方問わず周囲を振り回した事もある。
ダマラスの事は様づけで呼んでおり、尊敬の念を抱いている。そのため、第41話で彼が皇帝親衛隊員の2人によって拘束された時は必死に許しを請い、その甲斐あってか第42話では拘束から解放させることに成功した。
第43話でダマラスが戦死したことにより、第1話からの面子で唯一の生き残りとなったが、彼女自身の立場も危うくなっていた。
そして、出世コースに返り咲くため、第49話で決戦機グレートインサーンに乗り込むも、大いなる力を全て手に入れたゴーカイジャーの前に敗れ去る。

外見・戦闘能力

緑色の体色で、肩に機械状の突起がある。
頭部に2本の異なる長さの角(右の方が長い)とコード状の髪が生えている。眼の部分はゴーグル状になっているが、よく見ると眼も確認できる。
学生時代は何故かセーラー服を着用していた。
戦闘では、先端がビーム鞭や工具に自在に変形するオペレーションマグナム、様々な有毒液を含んだシリンダー内蔵ミサイルを打ち出すショルダーカタパルトを駆使する。また、いつでもどこでも開発作業が行えるように、自身のを工具状のメスネイルに改造している。


関連タグ

海賊戦隊ゴーカイジャー 宇宙帝国ザンギャック
マッドサイエンティスト 陣内恭介
永遠の17歳 空気

pixivに投稿された作品 pixivで「インサーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71233

コメント