ピクシブ百科事典

クルースニク

くるーすにく

クルースニク(Kresnik)とは、スロベニアやイストリアに住むスラブ人の間に伝わる吸血鬼ハンター。語源は十字架を意味する「Krat」。ハンガリーではタルボシュ(Talbos)と呼ばれる。
目次[非表示]

概要

クルースニクは、同じ吸血鬼ハンターのダンピールと違って人間の子供である。ただし、白い羊膜に包まれて生まれてくる。
そして、赤い羊膜に包まれて生まれてくる吸血鬼クドラクとの戦いを宿命としており、村や町ごとにクルースニクがいる。

普段は凛とした青年の姿をしているが、クドラクと戦う際は互いに馬、豚、牛、猪などに変身して戦う。
この時、クルースニクが化けている動物は白いので、簡単にクドラクとの見分けがつく。
戦闘時は自分が生まれた時に自分を包んでいた白い羊膜の一片を左脇の下に付着させておくか、その白い羊膜を粉末状にして液体に溶かしたものをあらかじめ飲んでおかないと、クドラクには勝てない。

この両者の伝承はスラブ圏内で様々な伝承バリエーションが存在しており、上記のように羊膜を必要とせず、そもそもクドラクは光の使者たるクルースニクには絶対勝てないと伝わっているものも存在している。

女神転生シリーズのクルースニク

クルースニク


幻魔に属する悪魔として登場。初出はデビルサマナー
「凛とした青年」という伝承よりは少し年上の雰囲気で、剣を持ち白いコートを着た男性悪魔。
こちらに背中を向けた流し目風のクールなグラフィックと、コートの背面に大きく描かれたコウモリのマークが印象的。
登場回数が少ない分知名度こそやや低いが、かっこいいデザインや
クドラクとの対立構図などもあって人気は高い。

女神異聞録デビルサバイバーでは、ある主要人物と深く関わる形で登場。
伝承にならってクドラクと対立する。
彼に関連したイベントの進め方よっては主要キャラ数名が死亡するなど、
印象深い活躍を見せた。

ストレンジジャーニーではクドラクと対になる形でEXミッションの依頼主として登場。
通常の報酬のほか、両者のミッションをクリアすることで
ちょっとしたイベントシーンが見られる。

ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター(WA4)のクルースニク

クルースニク・アートレイデ


特務局ブリューナクの副長。愛車「ジャベリン」で戦場を駆け渡る。
本名クルースニク・アートレイデ。ユウリィ・アートレイデの兄であり、彼なりに彼女を救おうとしている。信念は徹底的に貫く主義ゆえ、「槍」の異名を持つ。
試作型ARMハウリングスパイクの使い手。真面目過ぎるのが難で、ジェレミィから「クニークルス(真面目兎)」と茶化される。
ARMの適合者ではないが、それを補うためにアウグストから与えられた「LiNKER(リンカー)」という薬を服用して擬似的な呼応因子を形成してARMを使用している。故にARM使用の度に抗衝動に苦しんでいる。後に自らの意志の力で薬を服用せずにARMを使用する事が可能となった。
またクルースニクの異能「蒼の騎士(ペイルライダー)」はジャベリンと心を通わせ、搭乗者の意思を実行出来るようにさせる能力を持つ。

トリニティ・ブラッドのクルースニク

主人公アベル・ナイトロードのコードネーム。
詳細は当該記事参照。

関連タグ

吸血鬼 クドラク

pixivに投稿された作品 pixivで「クルースニク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70772

コメント