ピクシブ百科事典

ダークJK

まさかのはらぐろきゃら

ダークJK(ジェイク)とは、JKがかすかに見せた悪の心である。
目次[非表示]

「ああいうお人好しは、利用するだけ利用すればいいんだよ。友達、友達って・・・ムカつくよ。」

主な行動

ネタバレ注意





















第1話:転校早々いきなりトラブルを起こしそうな如月弦太朗を「遊び人」の仲間と共に嘲笑う。
第3話:フォーゼの正体を知り、意味深にニヤリと笑みを浮かべる。クイーンフェスでの風城美羽の失墜に計画通りの顔をする。
第4話:弦太朗とはもう関わりたくないと彼を拒む(但し彼の要求は呑んだ)。
第5話:パーティーを開き、隙を見て弦太朗からエレキスイッチを盗む。
第6話:本性が弦太朗にバレるも、逆に開き直る。
第14話:三浦俊也の居場所を突き止めるも、行こうとはせず弦太朗に知らせようとしない(しかし弦太朗は運良くその場にい合わせ、そのまま2人で三浦の元へ向かった)。
第17話:リンクス・ゾディアーツの人質にされ、助かりたいがためにフォーゼに変身解除を要求するリンクスに便乗して解除の仕方まで2回も言う。
第22話:ラビットハッチで、磁石を使って面白半分にフードロイドをいじる。
(無論賢吾に怒られ、大文字先輩に持っていたクッションをぶつけられた。
皮肉というかなんというか、それがきっかけでペガサスゾディアーツの正体が判明した。)
第32話:アリエス・ゾディアーツ仮面ライダー部の部員達と共に捕まり、アリエスの指示(反抗的な生徒の処刑)に対して真っ先に反抗するも、自らの処刑寸前になって「こんな最期やだ!」と泣き言を言う。
第36話:自分の目標の為に仮面ライダー部をやめる(コズミック解除の原因に)。(ただし最終的には戻った。)
第39話:弦太朗の作戦で生徒会に入って取り締まりをしてる時に遊び人仲間を取り締まる事になり、最初は「おれだってこんな事は・・・。」と渋っていたが周りからの歓声(主に女子)を受けて遊び人仲間を取り締まり始める。さらには調子に乗って「まじめに生きるのもいいっすね~!」という発言までする。
第41話:仮面ライダー部をやめた(実質2回目)後に自分自身に対して悔しがるが、本人曰く『一番悔しいのは大杉先生に同情された事』。

関連タグ

JK(ジェイク)

この記事のカテゴリ

仮面ライダーフォーゼ JK(ジェイク) なんか似てる人バスコ・タ・ジョロキア

コメント