ピクシブ百科事典

ティンダロスの猟犬

てぃんだろすのりょうけん

ティンダロスの猟犬とはクトゥルフ神話に登場する生物。上級の独立種族。
目次[非表示]

ティンダロスの猟犬とは、クトゥルフ神話に登場する生物。
名前は「ティンダロスより来たる猟犬のように追い立てるもの」の意。
初出作品はフランク・ベルナップ・ロングの「ティンダロスの猟犬」。
作中の人物が、自分を獲物にしようとしている存在に対して忌々しく「ティンダロスの猟犬め」と呟いたことから呼ばれている。

概要

 ティンダロスというらせん状の塔が建ち並ぶ悪夢のような都市にいる不死の生物。ティンダロスは時間が生まれる以前の超太古、空間を超越した時間のまだ存在しない始原の不浄、異常な角度にあるという。ティンダロスの猟犬、またはティンダロスの住人は「時間の角」に棲んでいる。
 猟犬は人間に宇宙的な飢えを引き起こされる。超えられない「時間の角」にて、狩る機会をうかがっている。

 時間が生まれる以前に行われたある口にすることも出来ないおぞましく怖ろしい行為によって、産み落とされ清浄と不浄のうち不浄を体現する存在となったとされる。
 全ての「不浄」を受け入れる実体となったため、猟犬が産み落とされる原因となった行為から汚れなくあらわれた「清浄」なものに飢えている。人間は「その行為」とは関係のない部分を持っていてそれを憎んでいる。
 猟犬たちの領域にあるのは清澄と不浄だけで、人間の理解出来る思考も道徳も正義も不正もない。そのためティンダロスの猟犬は人間の感覚でいう邪悪な存在ではなく善悪を超越しているという。
 人間および他の普通の生き物が「曲線」を祖先としているのとは異なり、「角度」を祖先としているのだとされる。人間とその世界は清浄を起源とするため湾曲を通して顕現するが、ティンダロスの猟犬は不浄を起源とするために角度を通って顕現する。我々が真の意味では直線の要素を持つことができないのと同じように、彼らは曲線の要素を持っていないのかもしれない。この概念は非常に難しく、ティンダロスの猟犬およびティンダロスの住人に関してのみ使われる概念である。詳しくは下記参照。
 人間など普通の生物が時間に干渉すると彼らの領域に干渉してしまい、ほぼ確実に察知されてしまう。時間の中を行き来する者、そして自分の注意を引いた者を追いかける。
 常に飢え、非常に執念深い性格である。彼らは人間および他の普通の生物が持つなにかを追い求め、時空を超えて犠牲者を追いかける。
 清浄を起源とする曲線の時間の生き物を激しく憎悪し、一度目を付けると執拗に追い立てる。時間遡行などの行為はティンダロスの猟犬の目にとまりやすいが、それ以外にも過去視や未来視によっても発見されるリスクがある。

 出現するときは鋭角から煙が出てきて、頭が実体化しそのあとで体全体が出てくる。その時酷い刺激を伴った悪臭がする。この悪臭は近づいただけでも鼻をつままなければ行動もままならないほどである。この悪臭は不浄が凝縮されているためにするものだと思われる。

 「猟犬」の名から想像されにくいが、れっきとした知的生命体である。一体一体が個体名を持っていることも確認されている。
 獲物を狩るために知恵を凝らし、他の種族と協力もする。

姿

 その姿は正確には知られていない。目撃者が生き残らないからである。目撃したと思われる人物は開口一番「肉体をそなえていない」と発言した。
 目撃者は痩せた体に宇宙の全ての邪悪を凝縮させていたと語る。これは宇宙の不浄を全て受け入れるためであると思われる。しかしその後すぐに、「いや、体はあったのだろうか」とも言った。通常の猟犬とはまったく似ていないのは確かだという。つまりそれだけ不確かで言い表しようのない何かだったのだと思われる。
 原形質に似ているが生命活動に必要なはずの酵素を持たない青みがかった液体のようなものを垂れ流しているそうである。
 現在書かれる作品では獣のような四足歩行で長い針のような舌があるとされることが多い。作中で使われた「猟犬」という言葉から常に犬を意識した姿が想像されている。初出作品が雑誌に掲載された際の挿絵ですでに四足歩行で描かれていたとする証言があるが、これについて著者自身は批判的なコメントを残している。また、作品内では正確な姿がわからなかったとされているのは前述の通りである。
 ロングはこのイメージを受け入れつつも修正を図ろうとしたのか、55年後の作品である「永遠への戸口」では外見について「おぼろげながら狼めいており、牙を鳴らす顎と燃え上がる眼を備えていたが、彼らが前進してくるにつれて姿が変化した」と書いた。
 ブライアン・ラムレイは自分の作品内で翼を持った蝙蝠のような姿で描写している。
 このように、どのような姿なのか確認されていないのが公式設定と言え、ある程度自由な姿で描写されることはある。

能力

 人間が一度でも猟犬と接触すると、その獲物を捉えるまでどこまでも追跡を続ける。
 時間の角を通り、過去、未来を自在に行き来する。獲物に追いつくまでには時間を要するようである。これがどのような理屈によるものなのかは不明。対象に撃退されると意外なことにたいていあっさり諦める。しかし、不死の彼らを撃退すること自体がとんでもなく困難である。また、たとえその場を凌いでも猟犬には無限のチャンスがある。
 「90度(TRPGでは120度)以下の鋭角」があればどんな場所でも実体化して出てくることができる。
 出現するときは鋭角から煙が出てきて、頭が実体化しそのあとで体全体が出てくる。その時酷い刺激を伴った悪臭がする。この悪臭は近づいただけでも鼻をつままなければ行動もままならないほどである。この悪臭は不浄が凝縮されているためにするものだと思われる。
 古代ギリシア人によると彼らから身を守る唯一の方法は身辺のものから一切の鋭角をなくし「曲線」のみで構成することであるという。顕現するための角度を少なくすることで侵入口を減らせることと、猟犬たちは曲線で構成された空間を嫌うためのようだ。だが現実にそのような空間を達成することはほぼ不可能に近く、目をつけられてなお最後まで生き残った犠牲者の例はないとされている。

 後の作品においては、ローレンス・J・コーンフォードの「万物溶解液 錬金術師エノイクラの物語」で、黒魔術師によって球体に閉じ込められて使役された。この猟犬には「ルルハリル」という個体名がある。ルルハリルはハイパーボリア大陸で研究されていた劇薬である万物溶解液をターゲットにされた錬金術師エイノクラがぶちまけてしまったために追い返された。

「曲がった時間」「とがった時間」

 アインシュタインの相対性理論による「歪曲した空間」からとられる概念である。時間とは相対的なものであり、空間も歪曲していることが分かっている。
 「ティンダロスの猟犬」の登場人物によれば、過去現在未来の出来事は全て同時に世界に内包されている、過去の出来事は未だに未来の出来事はすでに存在している。
 その曲がった時間の傍流にとがった時間も存在している。そして、「とがった時間」の存在は「曲がった時間」に内包される出来事とは無関係である。
 とがった時間には地球上では対応する物がない奇怪な角度が存在する。人間が想像すらしていない、数学で表すことも出来ない異常きわまりない角度である。
 原初、時間が発生する前は角度と曲線は別れていなかったが、時間を発生させ、不浄と清浄をわけるある行為によって「とがった時間」と「曲がった時間」が別れた。
 通常、「とがった時間(角張った時間)」の存在は湾曲した時間に入ることが出来ない。そのため人間達はとがった時間の猟犬たちから一時的に逃れているが、猟犬は憎み飢えながら時間を超越する機会をうかがっている。おそらく「時間に内包される決定した出来事」から外れる行動をする者を待っている。
 とがった時間の存在は曲がった時間の存在に、一度でも接触さえしてしまえば匂いをたどり、曲がった時間に限定的ながら顕現することが出来る。
 

ティンダロス

 「とがった時間」にあるという悪夢のような都市。曲線が存在せず角張っているという。その描写から、ヨグ=ソトースの支配の外であることもあり、アザトースの宇宙とはまた別の空間のようである。
 「ティンダロスの猟犬」を指す略称として「ティンダロス」を使う人が増えているが、 「ティンダロス」という言葉はこの都市を指すのでそこに棲む存在の略称としてはふさわしくないと思われる。
 ティンダロスに棲む存在は下記の通り複数存在する。

ティンダロスの混血種

 猟犬の体全体を覆っている青みがかった膿のような粘液は生きており、皮膚に付着すると対象の身体を蝕む。人間がこの粘液に感染し、かつ生存してしまうと「ティンダロスの混血種」と呼ばれるクリーチャーに変容してしまう。
 この粘液はこのように強力な毒だが水などで洗い流すことは可能である。

 このクリーチャーはすべてが角張った鋭い形をしている。彼らは人間の姿を維持しようとするが、その姿は揺れ動いていることが多い。三次元と超次元にまたがって存在しているため、三次元の生物には彼らの身体の一部しか見ることができないためである。
 絶えず変化しているのではなく、絶えず見え方が変わるのである。ティンダロスの混血種が人間の外見を保つことは非常に難しい。
 彼らの露出した身体の成分は角度の集合体に見え、曲線は全くない。
 人間を食し、獲物をいたぶって楽しむ。

関係性

  • ティンダロスに棲む者達

・ティンダロスの王
 王というが、単一の存在ではなく複数存在するようである。独立種族。猟犬とはまた違う種族である。
 この存在の姿は多数の鋭い角度でできているように見える。人間の目にはオオカミの形に見えるが、これはこの存在を人間の心が生来の捕食者であると認識するため。
 肉体は霊的な異世界の物質でできており、地球の時空を出たり入ったりしているため大きさや輪郭が絶えず変化して見える。
 原始からヨグ=ソトースと争っている。「とがった」時間におけるヨグ=ソトースに相当するとされ、詳細は不明ながら絶大な存在であることがわかる。
 ティンダロスに由来する存在が角度で構成されているのに対し、ヨグ=ソトースが球形であることからも我々の時間が「まがって」いることがわかる。
 一体一体に名前があり、最も強力な個体「ミゼーア」は本来の意味での神格でないにもかかわらず、その強力さから外なる神に分類される。
・ミゼーア
 ティンダロスの王の最も強力な個体。ヨグ=ソトースと「曲がった時間」に存在する生物を憎んでいるとされる。
 北欧神話のフェンリルの原型になったという逸話だけでもその強力さが分かる。
「外なる神」とは根本的に異なる存在だが、その強力さからこの魔物もまた外なる神に分類される(おそらくナイアルラトホテプに支配される存在ではないだろう)。
 すなわち「外なる神」に分類されるだけの最低限の特徴、完全なる不滅性や世界法則に干渉できるほどの能力を備えていると考えられる。
・ティンダロスの住人
 ティンダロスに棲む住人。詳細は不明だが、猟犬たちよりもっと怖ろしい存在であるとされる。「猟犬」と「住人」という呼称から、猟犬たちの主人的な存在であると思われる。

  • 血縁関係
シュブ=ニグラス
 この女神は男性の相も併せ持ち、ティンダロスの猟犬たちの「父親」であるとされる。マイノグーラに猟犬の祖先となる存在を産ませた。
マイノグーラ
 影の女悪魔と呼ばれる女神。男神としてのシュブ=ニグラスと交わりティンダロスの猟犬の祖先となる魔物を産み落とした。ヘルハウンズと呼ばれるこの魔物は猟犬と比べ、角度の制限を受けずより獰猛で強力、そしてマイノグーラに忠実なのだという。マイノグーラがこちらの次元に顕現する際、この魔物を複数引き連れて現れることがあるという。
・ノス=イディクおよびクトゥン
 ラヴクラフトの作品で、猟犬に対して呟かれた「ノス=イディクの落とし子、クトゥンの瘴気め」という一節のみに登場する存在。リン・カーターはこれらをティンダロスの猟犬の父母に設定した。他の設定とのつじつまを合わせようとするならば、直接猟犬たちを産み落としたヘルハウンズの個体の名前だろうか。

  • 協力者達
・サテュロス
 ギリシア神話に登場する半人半獣の自然の精霊。クトゥルフ神話においては生命力を司るシュブ=ニグラスの眷属である。森の魔物。
・ドール
 巨大な芋虫かミミズのような形をした地中に潜む生物。普通のドールで長さ180メートル、直径は6メートルある。複数のドールが協力することで地震を起こすことが可能であり、これによってティンダロスの猟犬が顕現するための角度を作ろうとする。

よくある勘違い

 「猟犬」という名前や、わかりにくい要素が多いため、非常に設定が勘違いされやすい。二次創作などでよく見られる勘違いについて訂正する。
・ティンダロスの猟犬は犬型の魔物である。
 執拗に獲物を駆り立てる様子から「猟犬」と呼ばれているだけで犬型の魔物ではない。正確な姿は不明である。時間の生まれる前の原初から進化を別れているため、おそらく「曲がった時間」のどのような生物にも似ていない。

・獣のような習性である。
 知性を持ち、都市をつくり、独自の文化をもつ種族である。狩りにも知恵を使った様子が見られる。殺された人間は首を切り取られ、現場には儀式を行った痕のようなものも見られる。

・ティンダロスという名前。
「ティンダロス」とは都市の名前であり、魔物の名前ではない。ティンダロスの猟犬はその他のクトゥルフ神話の怪物達と同様に通名のような名前として「ティンダロスの猟犬」と呼ばれているのみであり、独自の発音の名前を持たない。

・過去に介入した者を獲物とする。
 時間に干渉することで「とがった時間」をよぎってしまい、匂いを察知されるために猟犬に追われるのであって、時間に介入した事実は猟犬に関係がない。
 ティンダロスに棲む存在は「曲がった時間」に棲む生物を激しく憎悪しており、可能であれば全てを虐殺したいと考えている。人間の持つ「清浄」に飢えているため、時間に全く干渉していない人間も、「曲がった時間」で猟犬に遭遇してしまえば次の獲物になり得る。

・報復、断罪のために人間を追う
 人間の持つ「清浄」に常に飢えており、殺意を持つと同時に獲物としても狙っている。時間に干渉した人間を狙うのは、通常超えることができない「とがった時間」から、愚かな人間の行動によって、「曲がった時間」に顕現するチャンスを得るからである。

・ヨグ=ソトースと争っている。
 「とがった時間」に棲むものたちは「曲がった時間」に棲む生き物全てを憎んでいて、殺そうとしているのは特定の何かではない。
 ヨグ=ソトースと争っているのは、「とがった時間」においてそれに相当するとされる「ティンダロスの王」という猟犬とは別種の独立種族である。

フィクションにおけるティンダロスの猟犬

新・世界樹の迷宮2のDLC「強襲!異界の猟犬」に登場するボスとして登場。隠しボスの始原の幼子を凌駕する危険度を誇る。また倒した後にもFOEとして登場して特定の場所まで行かないと執拗に追いかけられるので倒しただけでは終わらない厄介な敵として登場。
依頼人は前作のメインキャラクターであるサイモン・ヨークと思われる。

関連タグ

クトゥルフ神話 ストーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「ティンダロスの猟犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410857

コメント