ピクシブ百科事典

デカルト・シャーマン

でかるとしゃーまん

デカルト・シャーマンとは、劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-の登場人物。
目次[非表示]

CV:勝地涼

人物像

『2nd』終盤のイノベイターを名乗るイノベイドとの戦いの後に発見された、純粋種のイノベイターの一人。
元はアロウズの軍人で、前大戦でトランザムバーストにより放出された高濃度圧縮粒子を浴びたことが覚醒のきっかけ。その能力はヴェーダも認めており、刹那・F・セイエイが切り開いた人類の未来の可能性の一つの形と言える。
しかし地球連邦軍初のイノベイターということもあり、実験動物として扱われてしまっている。
そんな自分の境遇に不満を感じつつも従順に任務を遂行するが、
自分専用の新型MA『ガデラーザ』に乗っている際はその鬱憤を晴らすかのように大暴れする。
実験動物扱いされている反動か、周りの人間を『劣等種』呼ばわりして見下しているフシがある。但し、キム中将達がELSに取り込まれて止むを得ず戦艦を破壊した時「これは味方殺しではない・・・!!」と発言している。
長めの銀髪に口元の銀色のピアスが特徴的。脳量子波を発揮する際、その瞳は金色の光を放つ。

劇中での活躍

かつてリボンズ・アルマークたちが拠点として使用していた外宇宙航行艦ソレスタルビーイングにて初登場。連邦によって調査中のソレスタルビーイングを視察に訪れたカティ・マネキンと出会い、彼女にイノベイターの何たるかを見せつける。その後、木星調査船破壊ミッションの失敗を察知してガデラーザで出撃、日頃の鬱憤をぶつけて調査船を破壊。しかし、脳量子波を制限されていた彼は、調査船が『異なるモノ』に変化していたことに気づけなかった――

最期

火星付近に出現した大量のELSを迎撃するも、その圧倒的物量に押し切られ苦戦。
後方の僚軍機が全てELSに同化されてしまったことを察知し彼らを自分の手で葬るも、その隙を衝かれ自身もELSに取り付かれてしまう。
駆けつけた刹那の呼びかけにも最早応じず、両目と鼻から血を垂れ流しながらELSに同化され、金属結晶と化し、無残な最期を遂げた。

小説版での衝撃発言

劇場版公開から約2週間後に発売された小説版では、主な行動やその末路などは変わらないものの
心情描写の大幅追加によってデカルト・シャーマンという人物の内面をより理解しやすくなっている。
しかし、小説版で追加された台詞の中に「(24時間監視されているせいで)オナニーだってできやしない
という爆弾発言があったせいで早くもネット上で(ネタ)人気が急上昇中。
ただでさえかわいそうな彼がさらにかわいそうになってしまった。
…デカルト・シャーマンの明日はどっちだ。

搭乗機

GNMA-Y0002V ガデラーザ
純粋種のイノベイター専用に開発された大型モビルアーマー。現在連邦に在籍するイノベイターがデカルト・シャーマンひとりだけであるため、実質彼の専用機となっている。軍としては、これから数多く現れるであろうイノベイターを戦力に取り入れるためのテストケースとして、各種実験的な装備も搭載している。そのため、これまでの兵器の系列からは大きく逸脱した外見と装備を有する。

関連イラスト

おそらく地球連邦組



関連タグ

機動戦士ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer イノベイター ガデラーザ キム司令 デカルト ELS 変態

pixivに投稿された作品 pixivで「デカルト・シャーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189556

コメント