ピクシブ百科事典

ELS

えるす

映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』に登場する地球外生命体。
目次[非表示]

正式名称はExtraterrestrial Livingmetal Shapeshifterで、日本語表記では「地球外変異性金属体」と称される。

概要

ガンダムシリーズにおける敵としては史上初(コミック等は除く)の地球外生命体であり、要するに宇宙怪獣
身体は自在に変形できる金属で構成されており、予告編では円錐状となって戦闘を行う姿が確認されている。さらに敵MSや戦艦などを取り込んだり、取り込んだものに変形する能力を持つ。
ELSは脳量子波と「同化」をコミュニケーションの手段として用いており、地球に到達したELSは脳量子波を放つイノベイターになりうる因子を持つ人物と同化を図った。

アイデア元はSF考証を担当していた寺岡賢司の発案。

在りかた

その在りかたは『交響詩篇エウレカセブン』に登場するコーラリアンや『蒼穹のファフナー』のフェストゥム、『ゲッターロボ』のインベーダーに近いと言える。

もっと簡単に例えると、地球で言うところのアリハチなどの高等昆虫に近い生態をしている。

ELSの活動

ELSはある理由からワームホールを用いて様々な星系を旅する種族であり、太陽系には木星の大赤班に発生したワームホールを通って現れた。
ワームホールから現れた先遣隊は放置された木星探査船と融合して地球へ接近し、その破片と共に地球に落下。落下地点の周辺に存在している機械と融合し、不可解な事件を引き起こした。

また木星探査船の乗組員であったリボンズ・アルマークと同型のイノベイド、スカイ・エクリプスの体を乗っ取り、アーミア・リー玄関子)やルイス・ハレヴィなどイノベイターの因子を持った人間を襲った。

知性は有するものの地球人とはかけ離れたメンタリティを持ち、脳量子波によってコミュニケーションを行う群体である。それゆえ、地球人やイノベイドが放つ脳量子波に惹き付けられている。
また個ではなく群として種族間でネットワークを形成した並列思考する生物でもあるため、その思考情報量は人の許容量を遥かに凌駕する。そのため、彼らの脳量子波は人類にとって強烈な“叫び声”のようなものであり、それを常に放っているため刹那デカルト、ルイスといった高い脳量子波を持つ者はその激しい干渉に苦しめられ取り込まれたものはその情報量の前に自我崩壊していった。

本隊はと同等の質量を持った巨大な構造物(ポスター等に使われているメインビジュアルにも描かれている球体状の物体)であり、様々なサイズ・形状のELSによる混成部隊となっている。

劇中では大小さまざまなサイズのELSが登場するが、一定のサイズまで小さくなると生命体としての活動を停止してしまう。

ELSのサイズ

地球圏へ襲来したその総数はアンドレイ・スミルノフ曰く「連邦軍の全戦力の約1万倍」にも及ぶが、大きく分けると以下の3種に分かれる。下記以外にも、本星には更なる別種が存在する可能性がある模様。

小型

最も数の多い固体で、常に大群で行動する。
大きさはELSの中では最小でMS未満だが、その分動きは速く、トランザム状態のガンダムにも追い付いてしまうほどである。
大きく分けると「漏斗状」ナイフ状」「角棒状」の3種が存在する。
標的に体当たりするような形で取り付き、侵食を行う。自身よりも大きな物にはなれない(ミサイルなどの小さな物にはなれる)ため、MSに変身(擬態)する場合は複数の個体が融合する。

大型(もしくは中型)

艦船サイズのELS。小型に比べて数は少ないが、遥かに巨大である。
大きく分けると「白熱電球状」「複数の触手を備えた蛸状」「3本の巨大な鉤爪状」の3種が存在する。
主に触手を使って艦船やMAを捕らえて侵食し吸収する。小型と同様に変身(擬態)能力を有しており、こちらは主に巡洋艦などの艦船に姿を変えていたが、中には姿を変えないまま複数の艦船の船首部分と砲塔を角のように生やして攻撃するものも存在する。

超大型(もしくは大型)

直径3000kmという月とほぼ同じ大きさを有する超弩級ELS。
木の根が複雑に絡み合い、球を成したような姿をしている。上下の部分が角のように細く伸びており、周りの円状の雲のようなものは小型ELSの群体である。
ELS群の中枢を担い、この固体のみ1体しか存在しない。オレンジ色の液体状の内部を体表で覆っており、これを露出させることでソレスタルビーイング号の巨大ビーム砲やダブルオークアンタのバスターライフルを受け流した。
また、最奥にはELSの全ての記憶を宿した中枢部が存在する。

戦術

ELSのその最大の武器は先述の通り「同化」である。
同化によって取り込まれた物体は瞬く間に吸収され、そのデータはELSの脳量子波によって他の個体と共有される。
その為、ミサイルなどの実体弾は同化・吸収されてしまうため、殲滅するにはミサイルを近接信管で起爆させるかビームでなぎ払うしか無い。
当然ながら実体剣での格闘戦も御法度である。
また、自在に変化するという特性から擬態能力も持ち合わせており、取り込んだMSや巡洋艦などに擬態する事が可能。
ELSが擬態したMSはオリジナルの形状や機能を完全に模倣しているわけではなく、頭部カメラがモノアイ型であったり、背中のコーンスラスターが初期形態に似た長い円錐状であったり、携帯火器は腕を直接変形させて再現していたりと多くの相違点を持つ。
GN-XVIをはじめ、ヴォルガ級、漫画版ではダブルオーライザーガデラーザ、外伝『00I 2314』ではアリオスガンダムアスカロンに擬態するELSも確認されている。

ELSジンクス
ELSダブルオーライザー



とは言え、人類にとっての最大の脅威はその圧倒的な物量なのかもしれない……。

ELSの目的の真実

地球上へ拡散した欠片による怪事件や対話を試みたデカルト達先遣隊の全滅から、連邦軍はELSを敵性生物と断定したが、実は彼らに敵対意思は無かった。
ELSの存在していた星系は既に主星が白色矮星と化しており、母星は惑星状星雲に飲み込まれて滅亡寸前であった。そこでELSは母星に代わる新天地を、そして新たなる知識を得るための他種族を求めて銀河へと旅立ったのである。そしてその過程で多くの惑星や生物と(一方的な)同化というコミュニケーションを繰り返し、地球圏へとたどり着いたのである。
MSや地球人の姿を模していたのは彼らなりのコミュニケーションアプローチであり、地球人と融合するという行為も、異分子と1つになることで相互理解を成そうとする、彼らなりのコミュニケーション方法だった。
脳量子波を持つ者を襲って融合を試みたのも、肥大化した固体内で意識を共有するには脳量子波が不可欠だったためであると、ミーナがELSとの最終決戦前に語っている。

対話の結果

刹那が発動させたダブルオークアンタの「クアンタムバースト」によって彼とELSの対話が行われた結果、地球人類が〝個〟を基準に成立していることを理解したELSは地球圏の一箇所へ集まり、地球上からも目視できる巨大な一輪の花となった。
西暦2314年から50年後の西暦2364年時には人類とELSの共存が進み、中にはELSと共生関係にある人間もいる。また、ELSの巨大な花は宇宙ステーションとなっている。

ゲームでの登場

Gジェネレーション

Gジェネレーションシリーズでは『3D』に小型のものが、『OVERWORLD』に小型と中型のものが敵専用としてそれぞれ登場。
侵食することでユニットにダメージを与えるほか、特定のステージではユニットをコピーして変化した姿になることも。作中ではELSリーブラが出現。中にはバルバドロに操られている個体もいた。

スーパーロボット大戦

スーパーロボット大戦UXでは、ストーリーの中盤に登場。
気力を低下させて同化を目論むフェストゥムに対し、こちらはユニットのエネルギーを低下させる事で同化を果たそうとしている。この攻撃でエネルギーが無くなると即撃墜扱いになる。
その場合これもフェストゥムと同じように避けづらいスーパーロボット系統のユニットが苦戦を強いられる。
しかし、デモンベインの場合エネルギーがない代わり魔力(MP)という代用能力がある。
ELSはMPを低下させることができないため、燃費さえ気にしなければデモンベインだけで無双できてしまうのだ。

また、フェストゥムと違って有情な点が幾つか見受けられる。

  • 攻撃の射程が短いため長距離から攻撃すれば一方的に攻め立てられる。
  • 攻撃の特殊効果はサイズ差無視のみで、バリア持ちが防御すると防ぎきってくれる。
  • 攻撃の属性は実体弾扱いなため、撃ち落としで阻止出来る(レアスキル・銃の名手持ち相手だと100%阻止出来る)


EXVSMB

敵としては登場しないものの、ステージ「絶対防衛ライン」にて小型ELSがステージに刺さっていたり(あくまでも破壊可能の障害物扱いの為、触れてもダメージは受けない。)、プレイアブル機体であるブレイヴ指揮官用試験機の覚醒技に、ブレイヴに組み付いているELSジンクスの姿が見られる


関連タグ

機動戦士ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer
エイリアン 珪素生物 擬態
ELSクアンタ メタル刹那

pixivに投稿された作品 pixivで「ELS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417055

コメント