ピクシブ百科事典

アメリカ先住民の使う手斧



手斧の中でも小型で、刃は比較的薄く軽い。刃は両端を尖らせている。
一般的なの様に重さで叩き切るのではなく、刃の鋭さを利用して切る道具。特に白人との接触により斧頭に鉄を使用するようになり、この特性は顕著になる。

工具としても包丁代わりとしても利用され、とっさの場合には投擲武器として利用することも出来る。

近年アメリカ陸軍の一部(陸軍レンジャー系)や海兵隊の一部(主にフォース・リーコン)で採用されている。
近代化されたトマホークの刃はより良い鋼材を使えるようになって鋭く薄く、グリップはセンイ強化プラスチックやプラスチック等の合成樹脂製となって丈夫かつ軽量に、扱い易くなった。

特に投擲武器としての特性を強調され以下のようなモノのモチーフや名称となった。

3Dゲッター1



  1. ゲッターロボの使用する白兵戦兵器全般に付く名称、ソードやバルディッシュ型も存在する
  2. ミサイルの一種。次元大介曰く、「ヒステリーの女みたいにしつこい」との事⇒トマホークミサイル
  3. マクロス』に登場する機動兵器デストロイドの一機種。上記ミサイルから
  4. ロックマンシリーズの登場キャラクター⇒トマホークマン

Wikipedia:「トマホーク」を参照。

日本ではゲッターロボ等ロボットアニメ系や「バトルホーク」の影響が大きいためか、通常の手斧が「~トマホーク」ないしは「~ホーク」と呼称される事も多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「トマホーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176236

コメント