ピクシブ百科事典

バッテンマスク

ばってんますく

バッテンマスクとはかつてフジテレビ系の人気番組だった「クイズ・ドレミファドン!」内で誤答をした際に着用が強制されていたマスクで、当番組の名物でもあった。関西ではペケマスクと呼ばれていた。ペケは関西弁で「駄目」「行けない」等を意味しており、×の意味でもある。

マスク自体は普通の大人用ガーゼマスクにプラスチック製の赤いバツ印マークをつけただけのシンプルなものだったが、後ろの席に座りながらバッテンマスクを着けて待機している姿はいかにも晒し者といった感じで着用に対しては拒絶反応を示した解答者もいた程である。その後、同系列の「FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル」や日本テレビ系「マジカル頭脳パワー!!」(末期)、「全国高等学校クイズ選手権」、テレビ東京系「TVチャンピオン」などのテレビ番組でも使用されていた。しかし、2000(平成12)年からはドレミファドンの新春復活スペシャル「お正月だヨ!ドレミファドン」でバッテンマスクの使用が中止されてしまい、最近では他番組でもバッテンマスクを見かける機会は無くなっていた。そんな中、2013年には久々にバッテンマスクが登場している。「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」で同年9月から始まった「早抜けプレッシャーSTUDY」では、仲間の発言がヒントになるのを防ぐため、チーム全員がバッテンマスクを着用して解答に臨んでいる。尚、「ドレミファドン」にて最後のバッテンマスク装着者となったのは1999(平成11)年の新春特番におけるネプチューン、菅野美穂、三田村邦彦の計3組である。

コメント