ピクシブ百科事典

ファティマ(FSS)

ふぁてぃま

ファティマとは、永野護著のファイブスター物語(FSS)に登場する、ファティママイトの手によって人工的に生み出された人造人間たち。驚異的な演算能力を持つ生体コンピューターでもある。正式名称は、旧称は『ファティマ・ファティス』GTM以降なら『オートマチックフラワーズ(AF)』。
目次[非表示]

概要

ファティマ。それは騎士に仕えMH(or ゴティックメード-GTM)を制御するために存在する生命。
騎士と共にMH(モーターヘッド)に有機コンピューターとして同乗して戦闘に赴く、
いわば戦争目的で生み出された哀れな、しかし美しい命である。

正式名称は『ファティマ・ファティス』であるが、『ファティマ』と略称で呼ぶのが一般的。
(作中でも、ファティマ・ファティスとフルに呼称するのは、第一巻等ごく一部。)
なお、2013年4月のFSS連載再開後からは、『オートマチック・フラワーズ(AF)』という呼称が追加されている。

ファティマって何をするものなんですか?

作者の永野護は、当時開設間も無い公式Webサイトの質問フォームで段落タイトルの質問を受け取って顔色を変えた体験を、2000年に発売された副読本「KNIGHT FLAGS」の巻末コラムで語っている。
ファティマの役目は、ロボット兵器モーターヘッド(以下MH)の様々な情報処理を引き受ける事で、操縦士「騎士<ヘッドライナー>」の操作を助ける事にある。その比重は重大なもので、ファティマ無しのMHはファティマ有りのMHには勝てない。

MHの仕様が確立した星団暦980年。それを扱う超人戦士「騎士」とエンジニア達は新しい難題に直面していた。これを制御する情報処理が、搭載コンピュータの手に負えなくなったのである。騎士とコンピュータはMHの動力やら伝達機構やら戦闘その他による機体への入出力やらに対する計算処理に大きく手間を取られ、騎士・MHの本来の運動能力を発揮出来ない状態が長く続いた。
このため新型のコンピュータが求められ、デルタ・ベルン星フェイツ公国のウラニウム・バランス公が基礎理論を作り、その孫リチウム・バランス公が星団暦2310年に実用モデルを生み出した。極超音速に反応できる騎士の強靭な神経細胞を利用することで、人間とは全く異なる構造の大脳で電子情報を直接授受し、通常3000チャンネル・戦闘最大時10000チャンネルという情報を同時に判断、騎士のオペレーションに追いつく早さで出力出来る、人間ベースの生体コンピュータ(あるいは、コンピュータ能力を組み込まれた人造人間)を作り出したのだ。生前のウラニウム公は、「完成した暁には、この制御コンピュータを「ファティマ」と呼ぶつもりだ」と言っていた。
ファティマの出現がMHの能力に与えた影響については、モーターヘッドの項目も参照のこと。

ファティマの身体的特徴

知力

MHを制御するべく、騎士の体組織を用いて生み出されただけあり、人間やコンピューターを遙かにしのぐ演算能力を有している。
強靭かつ驚異的な騎士の動きと反応速度を、確実にMHにトレースするためである。

身体能力

星団歴最古の騎士である「超帝國騎士」の血を配合されているためか、ファティマにはなんと、騎士の80%もの身体能力が与えられている。
モーターヘッドを制御するためには、それだけの身体能力が必要なのだ。
もっとも、実際には戦場において負傷した騎士を助けたり、家政婦や秘書のように公私に渡り身の回りの世話をしたり・・・時には子守やヒッチハイク、性欲処理まで・・・と、とにかくその身体能力で、色々と活躍している。

服を着用したファティマはまるでお人形か、ファンタジーの住人のような美しさだが、
実際服を脱いでみると、体型はマネキンを通り越し、ガリガリの宇宙人体型である。
「私、着た方が凄いんです!」ということか。

人間の女性と比べて、特に尻や下腹部の筋肉がなく、繁殖能力が与えられていない事もうなづける。
にもかかわらず、あの華奢な細腕で騎士の80%の腕力があるというのだから信じられない。
数人がかりの作業ではあるが、地球のソレの数倍のサイズを持つ、ジョーカー太陽星団の戦車を持ち上げ、移動させることも可能である。おそろしい・・・。
当然、騎士ではない常人が蹴られたり殴られたりしようものなら肉体損壊は免れない。
(無論、そんなことが無いように通常は精神制御がかかっている。後述)

精神面

ファティマは生体コンピューターとして扱われているが、戦闘を強いられている彼女等は、実際のところ情緒不安定でナーバスであり、特に性能が高くなれば高くなるほど精神的に不安定になっていく傾向にある。
特にMH戦ではマスターである騎士との信頼関係が重要になってくるわけだが、マスターとの関係が却って精神バランスの乱したり、最悪精神崩壊を生じさせる危険性もある。これはファティマの人格を認めず、あくまで演算兵器という『物』として徹底して扱う方がファティマの精神的負担が少ないという皮肉な結果にも繋がっている。
また、騎士に近い腕力を与えられているため、一般市民を傷付ける事がないようにするべく、「マインドコントロール」改め「ダムゲートコントロール」が施されている。

身体的特徴

ファティママイトに生み出されるファティマたちは、大半が女性。
生物学的に女性のほうが強靭で造り易いという理由で女性のほうが多いのである。
男性型ファティマもいるが、体質的に不安定で製作に手間がかかるとのこと。

ファティマはいずれも美しい外見を有しているが、それが裏目に出ることもあり、こと戦闘等の理由で騎士を失った「ロストファティマ」ともなると、外界を彷徨ったあげく、騎士ではない人間に捕まり、逆らわないのをよいことにアンナことコンナことの対象にされてしまうケースが多いという。

また、騎士のそばにいるファティマに対して嫉妬と偏見を持つ人々も少なくない。
(その美貌と長寿、戦争を助長するような存在・・・等々。)

ファティマは歳を取らず非常に長命で、騎士に準ずる身体強度を持つが、ファティマとしての特性上、免疫力や自己治癒能力は常人に比べてかなり低く、病気にとても弱い。
さらにファティマの肌はとても敏感で、化学製品で出来た衣服は酷いアレルギーを引き起こしてしまうため身に付けることが出来ない(ただし、ここでいうところの化学製品とは、ジョーカー太陽星団で一般的な、元素合成で作り出された繊維などであり、現在の地球でいうソレは天然素材に分類される)。
そのため、天然素材であるシルクナイロンなど素材を用いられた専用の服が、太古の製法に基づいてわざわざ作り出されたのである。
なお、これらファティマのための衣服、「ファティマ・スーツ」は、基本的にファティマの美貌を民衆共の嫉妬やら何やらといった視線から守るため、全身を覆い隠すようなデザインとなっている・・・のだが、長い星団史の中では扇情的なデザインが流行したこともある。肩の大きく突き出したデザインが多いのも特徴。
ちなみにファティマ・スーツはメチャクチャ高価である(量産品のものでも日本円換算で一着平均2億5000万円)。

ある意味、騎士によって飼われるとも言えるファティマは、軍の高い経費でまかなわれ、
これもまたひどい話であるが、戦争のために生み出された彼女達は、
ファティマ・マイト(AFガーランド)と国家との間で、高額で取引されているとも言える。

ファティマは人間を越えた能力を与えられているが人権は無い。
その存在には、ジョーカー人の技術と夢と、
「戦争のために生み出された」という残酷さが同居しているのだ。

ファティマのマスター

戦時下を除けば自分自身を守る権利すら無いファティマ達であるが、そんな彼女たちにも唯一許された自由がある。
それは、自分が専従するマスター(パートナー)となる騎士を自らの意志で選ぶこと

ファティマは自分と相性の良い騎士をパートナーとすることで、MH(GTM)の能力を最大限に引き出すことが出来るようになるでのある(ファティマが相性の良い騎士とそうでない騎士をパートナーにした際のMHの出力差はなんと最大で3倍差にもなる)。
そのため、彼女たちがファティマとして完成(成人)すると、『お披露目』と呼ばれるマスター選びのために第三者の見届けの下で複数の騎士との顔合わせをさせるイベントが、そのファティマを製作したマイト(ガーランド)の所属する国家によって開催される。
なお、大々的なものでなくても3名以上の騎士級の人物が見届けていれば、略式のお披露目として認められる。

ファティマにとっての「相性が良い騎士」の基準は個体によってまちまちで、文字通りの一目惚れのようなものから、ファティマの特性とその騎士の特徴が適合しているもの、特定の血統、もはや運命としか言えないもの等、様々なものが存在するがジョーカーの科学力を以ってしても明らかになってはいない。
しかし大抵の場合、ファティマはとりあえずそのお披露目の出席者の中でも一番強い騎士をマスターに選ぶことが多いようである。

だが、これは裏を返せば彼女たちに振り向いてもらえるほどの強さや才能(或いは何らかの特性)を持たない騎士はMH(GTM)に乗ることすら出来ないという意味でもある。

そういった「弱い騎士」は当然ながら騎士にとって一般的な就職先である国家騎士団に召し抱えられることもなく、騎士である以上は人権も制限されていることから職業選択の自由も無いため、後方支援や諜報活動に従事する忍者や不逞騎士を取り締まる騎士警察官といった(騎士にとっての)閑職に就いて一生を日陰者として生きることを強いられてしまうのである。
後述するエトラムル・ファティマを使って傭兵騎士として生きる道もあるにはあるが、そんな騎士が莫大な維持費のかかるMH(GTM)を抱えつつ上手く食べていけるほど、ジョーカーの戦場は甘くはないのも事実である(生家が王族や有力貴族である場合は政治家などの道もあるためこの限りではないが、それでもやはり「お家の恥」として冷遇されることが多い)。
そんなわけで、ファティマはそういった騎士たちから逆恨みされ、嫌悪や憎悪の対象となってしまうこともあるのだ。

エトラムル・ファティマ

MHのコントロールのみに特化した非人間型ファティマ。
自我らしいものは無く、直接MHに埋め込んで運用される。
レディオス・ソープ曰く「ある意味最も正しい姿のファティマ」。
慣れた者が見ればMHの動きだけでエトラムル搭載型か見分けることができる模様。
ソープによればエトラムル搭載型は「動きに優雅さが無い」とのこと。

能力に際立った物があるわけではないが、低コストであることに加え、通常のファティマと違って精神的な不調等が無く、安定した性能を発揮する為、こちらを好んで使う騎士も多い。
また、ある意味非人道的な存在である通常のファティマを使うことを嫌う騎士にも愛用される。
ちなみに「有名マイトの手により制作されたエトラムル・ファティマ」も存在する模様。
通常のエトラムルと違い調整を必要とするが、性能は通常のエトラムルを上回る。
なお、星団暦4000年代以降はこちらが主流となっている。

見た目はさながら巨大なミジンコのようなちょっとグロテスクなものだが、マイト製エトラムル・ファティマは美しい見た目を持つという。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ファティマ(FSS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1203

コメント