ピクシブ百科事典

ユルール(シュトヘル)

かくされたおうじ

伊藤悠・作の漫画作品、「シュトヘル」に登場するキャラクター。

人物

名前はモンゴル語で「祝福」を意味し、作中でも度々そのことが言及される。
10歳前後の少年。ヤラルトゥという大鷲を連れている。
尚武の気風の強いツォグ族の長の子とされながら争いを避け書物や音楽を好む性格。
対照的に剛毅木訥な腹違いの兄、神箭の将軍ハラバルがいる。
馬頭琴をいつも背負っており、演奏も得意。
玉音同を運ぶ旅の中でシュトヘルを始めとした様々な人との出会いや別れを経験し、大きく成長していく。

戦闘能力はシュトヘルハラバルグルシャンといった並み居る豪傑に比べれば劣るものの、その聡明さと強い意志によりここぞというところでは弓を引く。

コメント