ピクシブ百科事典

全て根こそぎ叩き潰せ

すべてねこそぎたたきつぶせ

「全て根こそぎ叩き潰せ」とは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のキャラクター、オルガ・イツカが劇中で言ったセリフの一つである。

概要

第41話「人として当たり前の」で発せられた台詞。
事の発端は、イオク・クジャン率いるギャラルホルン艦隊によるタービンズ襲撃で落命した名瀬・タービンアミダ・アルカの葬式にて、その騒動の黒幕であるジャスレイ・ドノミコルスが不謹慎な発言と行動をした上、ジャスレイの放った刺客によってとある人物命を落としたことから始まる。

完成したばかりのガンダムバルバトスルプスレクスの前でオルガ・イツカ三日月・オーガスと会話するシーンが存在しており、彼らの会話にてこのようなやり取りがされている。
三日月「どのくらいやればいいの? やるっていっても、相手はテイワズの人間でしょ?」
オルガ「お前にしちゃ珍しいこと聞いてくるな?」

出撃前にやり方に対する加減を聞いてきた三日月に対し・・・

「徹底的にだ。しがらみなんざ一切どうだっていい。俺らは鉄華団だ。
 俺らが同じ先を望むなら道理もくそも関係ねぇ・・・全て根こそぎ叩き潰せ

・・・と彼(オルガ)なりの覚悟を見て、納得した三日月は、いつものノリで「了解!」と即答した。
その後、その言葉通り、ジャスレイは自身の乗艦「黄金のジャスレイ号」のブリッジごと三日月に叩き潰されるという、これまでの報いを受ける最期を遂げた。

関連タグ

鉄血のオルフェンズ てめーは俺を怒らせた 

ガンダムバルバトスルプスレクス
オルガ・イツカ 三日月・オーガス

pixivに投稿された作品 pixivで「全て根こそぎ叩き潰せ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12337

コメント