ピクシブ百科事典

三日月・オーガス

みかづきおーがす

三日月・オーガスとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物。同作の主人公である。
目次[非表示]

「ま、いいか・・・コイツは、死んでいいやつだから」
「俺はオルガのやりたいことをやるだけだ」

人物像

CV:河西健吾/諏訪彩花(幼少期)

火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)」の参番組に所属する少年兵にして本作の主人公。
有機デバイスシステム「阿頼耶識(アラヤシキ)システム」の施術を三度受け、高い空間認識能力と機動兵器操縦技術を持つ。
少年兵のリーダー格であるオルガ・イツカとは実の兄弟以上の信頼関係で結ばれている程の長い付き合いであり、彼からは「ミカ」の愛称で呼ばれており、他の団員からは「三日月」や「三日月さん」と呼ばれている。

参番組では専用のパーソナルカラー(白色)に染められたモビルワーカーに搭乗し、CGSに於けるエースパイロットの一人として扱われていたため、ギャラルホルンによるCGS襲撃の際にオルガからガンダム・バルバトスのパイロットを任せられ、以降はオルガの立ち上げた鉄華団の一員として仲間を、家族を守るべく、持てる力の全てを振り絞り最前線で戦い続ける。
CGSが鉄華団と名前を変え、最初にオルガが受けたクーデリア・藍那・バーンスタインの護衛依頼を完遂する為に地球を目指す旅にでる。

まだ若いながらも兵士としては、成熟しており、その肉体は鍛錬によって鍛え抜かれている。ただし身体の発育は遅く、オルガ達と同年代でありながら身長はタカキ・ウノら年少組と同程度かそれ以下。
就学経験がないため文字の読み書きは苦手としているが、知識が不足しているだけで頭の回転はむしろ早い方であり、また学習意欲も無いわけではない。
後に字の読み書きについては、クーデリアから教わっており、二期になる頃にはかなり読んだり書いたりできるようになっていた様子。
農業に対する憧れから、自分で農場を拓きたいという将来的なビジョンを持つものの、世界情勢などに関しては疎く、あくまで自分の周辺を知る程度の認識のみである。
火星ヤシと呼ばれるデーツ(ナツメヤシの実)に似た果実を好み、阿頼耶識システムで酷使される脳への糖分の補給も兼ねて、待機中や小腹が空いた時によく口にしている。

あまり細かい事を気にしない大らかな性格の持ち主である一方で、同時に戦場育ち特有のシビアな思考も併せ持ち、敵意を向けた相手には一切容赦しない。
戦闘スタイルも非常にえげつなく、コクピットを踏み蹴り潰しは当たり前でありタービンズメンバーすら「グロい」とドン引くことすらある。敵が心情を吐露する叫びをしても一切構わず「うるさい」と冷徹に切り捨てる。但し、それは嗜虐心というわけでもなく「刺さなければ自分達が殺される」という判断故であり相手を倒しても特に喜ぶこともない

感情を必要以上に昂らせたり取り乱す様子もほとんど無いが、決して感情の無い冷淡な人間というわけではなく、仲間に対しての情深く、相応の礼節も弁える。
自分に関係のない人間の生死には非常に淡白だが、仲間、特にオルガやアトラ・ミクスタなどの自分に近しい人間が傷付けられると激昂し、傷付けた相手に強い殺意を向ける
後述の通り、悩んだり思考を放棄している面があり、物事の解決手段がほぼ「障害を排除する」で帰結している。そのため、例えば「立場の異なる相手に対して自分たちの意見に同調してもらう」などの発想そのものが欠けており、クーデリアがメディアを通じて訴え、戦いを止めた時は「オルガにも出来ない」と賛辞した一方で、彼女のやり方を通じて新たな方法に理解や模索することはほとんどなかった。
もっとも、そんなクーデリアの様子を見て、言い知れぬ苛立ちを覚えるなど、全く考えることをしない自分に対して、潜在的には何かしら思う部分もある様子。

また、自身の行動の多くはオルガに強く依存しており、オルガが下した指示の内容に対しては全幅の信頼を置いている。部隊内でも積極的な自己主張をせず、作戦会議等の場には姿を表さない事も多かった。
オルガはそんな三日月の眼差しに応えられる人間になりたいと努力している一方、三日月もオルガの右腕として足る存在であり続けたいと思っており、戦闘で苦戦した際にはオルガの期待に応えられなかったと思い悩む事もあった。更に、上記の「障害を排除する」以外に問題の解決法を持たないので、オルガや鉄華団の武闘手段への誘発や暴走を引き起こしている一因となっている。

自分のことを「戦うことしか出来ない」と評価しつつも大抵の事は何でもそつなくこなせてしまう天才肌であり、操縦経験のないモビルスーツを操り、実戦をこなし、携行武装やスラスター噴射圧で粉塵煙幕を張るなど、とっさの機転に富み生存能力も高い。
さらに機体の挙動を見ただけで過去に闘ったパイロットか否かを判別し、遺留品に残された匂いから嗅覚を頼りに持ち主を探し当てるなど多彩なスキルを有し、兵士として類稀な才能を持つ。
そうした卓越した実力や名声の独り歩き、そして三度の施術による高い阿頼耶識システムへの適正から、実際の人となりを知らない者からは才能や阿頼耶識システムのおかげと勘違いされる場面も見られたが、その実は前述の徹底的な鍛錬によって現在の実力を手に入れた、いわゆる「努力の人」である。さらに言えば平時は将来の夢である自分の農場のために作物の栽培にも繰り返し挑戦しており、本人の評価とは裏腹に決して「戦いだけの人間」でもない。この事はハッシュにも後々認知され、のちのハッシュの成長にもつながる。
戦闘に於いては刀のような繊細な武器ではなく、メイスなどある程度乱暴に取り回しても動作する武器を好んで使用する(あくまで好き嫌いの話であり、好みでない武器もその実力は一流レベル)。
その一方で、ある程度采配を任されているとは言え機体や装備を酷使する事も多く、彼の乗るバルバトスはその都度細かな野戦換装や大規模な改修を余儀なくされた。
また、生まれや育ちから視野が狭くなりがちで戦術的な観点を全く持てなかったが故に、局地的な戦闘ではまさに無敵といえる力を振るうものの超長距離狙撃といった未知な上に真っ向からのぶつかり合いではない手段で攻められると対応しにくく、この弱点が命取りになってしまった。

旅を続ける中でバルバトスに対してある種の愛着を抱くようになる中でクーデリアの行動に感銘を受け、彼女の背中を押す事を決意。フミタン・アドモスの死によって一人で問題を抱え込む傾向を強めたクーデリアの精神的な支えとなり、共に地球へ降り立つ。
地球で最初に訪れたミレニアム島での戦闘でビスケット・グリフォンを喪ったことで心に傷を負ったオルガを奮起させ、自らもその怒りを敵にぶつけるようにオルガと自分達の前に立ち塞がるカルタ・イシューアイン・ダルトンらと激戦を繰り広げていく。エドモントン市街地でのアインとの戦闘に於いて、自身とバルバトスとの接続を限界まで強めたことで右目と右腕の神経に障害を負う事になったものの、ついにクーデリアの依頼を完遂。仲間たちと共に火星への帰路に付いた。
障害については阿頼耶識システムのナノマシンが神経系統を擬似復元する事が出来た為、引き続きバルバトスの専属パイロットとして活躍。桜農園で農業を学ぶ傍ら、鉄華団唯一無二の遊撃隊長として宇宙海賊「夜明けの地平線団」の討伐、アーヴラウ-SAU間の紛争への介入等様々な作戦に参加し、海賊や仲間内から「悪魔」や「鬼神」と恐れられるようになる。
火星で発掘されたモビルアーマーハシュマル」との戦闘では、バルバトスルプスのリミッターが競合し機体不全に陥る中で阿頼耶識システムのリミッター解除を敢行。激戦の果てにハシュマルを撃破するが、その代償として右足の感覚まで失ってしまい、完全な右半身不随に陥ってしまうが、阿頼耶識システムにつながっている間は肉体機能も回復することから、その間の鍛錬によりモビルスーツを操縦できるほどの体力は維持されている。
バルバトスと接続されていない状態では一人で立つこともままならず、食事や移動に他人の介助を要する身体となるが、それでもオルガの為に自らを犠牲にする覚悟は鈍る事はなく、戦い続ける決意を見せた。(自身が半身不随となって以降は、自身を運ぶ足変わりとしてハッシュと行動を共にすることが増える。)
このあたりまでに心境の変化がいくらかあったのか、アトラ・ミクスタの想いも受け入れ、彼女との間に子供を作ろうと考えるようになり、クーデリアの想いにも配慮を見せ、まだ見ぬ我が子の将来をクーデリアに頼んだ。
最終的には、オルガが命を落として以降も、仇討ちより遺志の尊重を優先し、「オルガの命令を守るために生き続けろ」と、他の団員に向かって啖呵を切っている。

アリアンロッドとの最終決戦では敵に倒され死にゆくハッシュにも配慮をみせ、脱出トンネルの目処がついたことを知りエルガーも死亡した時点でユージンに年少のメンバー3人を連れて下がるよう強く指示。昭弘にも一度は下がるよう勧めたが彼の強い意思もあり2人で殿を勤めた。
ダンインスレイヴで2人とも重傷を負うも、オルガとの想い出に奮起して再び立ち上がり、昭弘がイオクを葬って力尽きたのちも止まらず多数のMSを撃破する。
「大義がない」と見下していた彼の鬼気迫る戦いに驚愕するも、ジュリエッタに迫った時には既に意識はなく、彼女を倒せないまま物語から退場、この時バルバトスは大破した状態であった。
その後のジュリエッタは、「大義」でない動機で最後まで戦い抜いた彼の姿により、大きな心境の変化が起きる。

数年後、アトラが育てていたのは彼そっくりに育った息子だった。
「そうだ、俺たちはもうたどりついてた・・・俺たちの本当の居場所・・・だろ?オルガ」
「ああ・・・そうだな、ミカ」

オルフェンズ



余談

三日月は、「悩む」事が重要なファクターとして機能していたこれまでのガンダムシリーズの主人公とは違い、迷いや悩みを殆ど見せず、むしろ他のキャラクターの悩みを浮き彫りにするクールなキャラクターとして描かれており、戦闘では確実にコックピットを狙うなどの容赦の無い戦いぶりを見せている。
しかし、三日月自身に内面での動揺や葛藤が全く無いわけではなく、行動目的の決定をオルガ等の他者に依存しているなど、どちらかといえば「悩まない」のではなく「悩む事自体を放棄している」ように見える面があり(クダルに「人殺しを楽しんでる」と言われた際には一瞬動揺しているがすぐにその事について深く考える事をやめている)、そういったスタンスに起因する幾つもの矛盾や危うさを抱えており、決して成長し終えているのではなく、「悩む」事を別角度から描いたキャラクターである。
加えて歴代のガンダムシリーズの主人公と異なりその育成経路と一般教養も乏しい為に戦う相手の会話にマトモに答える事が少なく、ギャラルホルンもあくまで対峙する敵以上の関係性しかない為に対話らしい対話も行っていない。
また、前述の阿頼耶識システムをガンダムシリーズ伝統の強化人間と解釈した場合、彼はシリーズ初の強化人間主人公と言える。

もっとも、前述した対ハシュマル戦においては、「オルガの言う通り後方に控えていたら、みんなを守れなくなる」といった具合に、オルガの作戦に異議を唱える場面も見られている。
オルガや仲間のためにこそ戦うという姿勢は、最後まで変わることはなかったようだが、あるいはそのための指示を待つだけではなく、自分に何が出来るかを考えるようになったのは、クーデリア達との出会いで生じた変化なのかもしれない。

2016年度のサンライズ公式の年賀イラストのコラボでアイカツ!の主人公の大空あかりと餅つきを行っているイラストが公開されたが、上記の三日月の過酷な境遇や性格によりあまりに生きる世界が違う両者の組み合わせの為に話題になった。

前述の通り最終話で壮絶な戦死を遂げるが、明確に戦闘で死が描写されたガンダムシリーズ主人公は珍しく、映像作品では恐らく初になると思われる。
作中で死んだり死を思わせる描写があった主人公としては小説版のアムロ・レイ、小説版のカミーユ・ビダンハサウェイ・ノア、小説版のシーブック・アノーフリット・アスノが既にいる。フリットは銅像が建てられており亡くなったことがの会話からわかるものの、どうやって死亡したかは曖昧になっている。
ちなみに拡大解釈気味ではあるが、主人公=主役格MSパイロットという視点で考えれば、「ポケットの中の戦争」のバーナード・ワイズマン(通称バーニィ)も三日月の仲間と言えないことはない。

最終話が放送された、2017年4月2日の日本列島の夜空は彼を追悼するかのように月が「三日月」であり、放送終了後はそのツイートが多くみられた。

なお、彼の死後に生まれた三日月の忘れ形見である暁のフルネームについてだが、2017年4月9日のオルフェンズ公式イベントにて判明する。詳しくはクーデリアアトラを参考にしてほしい。

関連イラスト

三日月可愛い
Target


いまとむかし
最終回
あと何人殺せばそこへ着ける?
落書



関連項目

鉄血のオルフェンズ 鉄華団
ガンダム・バルバトス ガンダム・バルバトスルプス

オルガ・イツカ ビスケット・グリフォン 
ユージン・セブンスターク 昭弘・アルトランド ノルバ・シノ
タカキ・ウノ ハッシュ・ミディ

ミカクー ミカアト
クーデリア・藍那・バーンスタイン アトラ・ミクスタ

主人公 少年兵 エース
すげえよミカは 何これ?

シロー・アマダ フリット・アスノ アセム・アスノ・・・子持ち主人公という点が共通。

pixivに投稿された作品 pixivで「三日月・オーガス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18185123

コメント