ピクシブ百科事典

イオク・クジャン

いおくくじゃん

イオク・クジャンとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:島﨑信長

人物像

ギャラルホルンを束ねるセブンスターズの一角たるクジャン家の若き当主。
同じくセブンスターズの一人であるラスタル・エリオンの率いる月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドに属し、一部隊の指揮権を預かる。

真面目で血気盛ん、クジャン家当主としての誇りを持ち、部下を想い彼らの上に立つ者としての責任と挟持を意識しており、その人柄の良さに加え、クジャン家の歴史の中で育まれた人脈もあって部下達からの信望は篤い。
ラスタルからも軍人としての戦闘能力よりもイオクの為に義務を超えて死をも厭わない部下が現れるような人を惹きつける一面を評価され、恐らく其の面を将器に昇華させるようにと期待されている。
ラスタルを慕い彼の采配に対して全幅の信頼を置くが、自身の行いを正義と信じて疑わず、また頭に血が上りやすいなど、若さ故の危うさも持ち合わせる。
また、自分と同じくラスタルを慕うジュリエッタ・ジュリスとは反りが合わず、家柄も階級もないジュリエッタを「猿」と見下している一方で彼自身も彼女から邪険にされている。

モビルスーツパイロットとして自ら戦場に出る事もあり、専用にカスタマイズされたレギンレイズを乗機とする。
如何なる敵も正面から迎え撃つクジャン家の教えを尊重する一方で、セブンスターズの当主が最前線に出る事を望まない者も多く、その為に彼の機体は部下や整備班達の意向の元、主に長距離レールガンを装備した支援機として調整され、後方からの狙撃支援と部隊指揮を担う事が望まれている。
しかし、彼自身のパイロットとしての腕前はお世辞にも良いとは言えない上に当の本人にはその自覚もない。射撃の腕も三日月・オーガスから「避けた方が当たりそう」と評されるほど低いためにレールガンも無用の長物となることも多く、積極的に前に出ようとする悪癖も重なり、作戦中はジュリエッタから邪険に扱われる他、彼を抑える為に人員が割かれる事が多い。

セブンスターズの当主の座にありながら、ギャラルホルンの歴史などの知識に疎く、厄祭戦の引き金となったとされるモビルアーマーに関する知識も全くと言っていいほど持ち合わせていない。
そのため、モビルアーマーの危険性も承知しておらず、鉄華団が管理する火星のハーフメタルプラントから出土したハシュマルの視察に赴いたマクギリス・ファリドに謀反の疑いをかけて拘束しようと出動した際、レギンレイズに乗ったままハシュマルに不用意に近づき、マクギリスの制止を無視して歩を進めたことでハシュマルの再起動という最悪の事態を招いてしまう。
部隊は自分を残して全滅、その後も部下達の仇を討つためハシュマルに度々攻撃を仕掛けるのだが、それらが悉く鉄華団の作戦を妨害する結果となり、本来なら出るはずの無かった犠牲を出すなど数々の失態を演じた。

鉄華団によってハシュマルが撃破された後は、自分の火星での問題行動が他のセブンスターズの知るところとなり、イオク本人は自分の愚行を棚に上げて非を認めないばかりか、確証も無いままマクギリスが自分を陥れたと糾弾したことから、ラスタルの反感を買う。
それ以降はラスタルから見放される恐怖に取り憑かれ、その遠因を作った鉄華団に対する私怨を強め、同じく鉄華団を敵視するジャスレイ・ドノミコルスと共謀。
ジャスレイに唆される形で鉄華団の兄弟分であるタービンズを罠に嵌めるべく、条約で使用が禁止されている「ダインスレイヴ」をタービンズが輸送していたように見せかけ、彼らを摘発する口実を作り上げた上で艦隊を率いてタービンズの拠点を強襲し、停戦・降伏の意思を見せる名瀬・タービンの意向を無視し、非戦闘員をダインスレイヴで攻撃した事で名瀬の怒りを買う。
タービンズの母艦「ハンマーヘッド」による特攻を受けて戦艦一隻を失いながらもタービンズの討伐に成功。情報提供を行ったジャスレイに直筆の謝状を送り、彼との協力体制を築くものの、肝心のジャスレイと鉄華団との戦闘に参戦する事が叶わずジャスレイは戦死。加えて彼自身もラスタルによって謹慎処分を言い渡され、更に謹慎から間を置かずにマクギリスによってダインスレイヴの無断使用および非戦闘員への攻撃の証拠を掴まれ、マクギリスを信奉するライザ・エンザの演説によってそれらを白日の下に晒された。
その後、謹慎処分が解けた事で再びラスタルの下で戦場に身を投じる。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド
ラスタル・エリオン ジュリエッタ・ジュリス ヴィダール
レギンレイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「イオク・クジャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248868

コメント