ピクシブ百科事典

八重花桜梨

やえかおり

八重花桜梨とはゲーム『ときめきメモリアル2』に登場するヒロインの1人。ひびきの高校の屋上で出会う暗く沈んだ表情をした無口な女の子。幼少時には登場しない。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日:5月20日
血液型:A型
身長:169cm
スリーサイズ:B86 W61 H87cm(1年目)、B86 W61 H88cm(2年目)、B87 W60 H89cm(3年目)
好きなもの:熱帯魚、猫、自然
嫌いなもの:犬、悪口、陰口、嘘、偽善
声:村井かずさ

キャラクター

メインヒロイン格の陽ノ下光麻生華澄と並んでビッグスリー的扱いをされる事が多かったが、事実上『2』では光と双璧を成すと言っていい人気の高いキャラである。
別冊Hibikino Watcher 2000Vol.3号における岩田靖弘氏(シナリオ・音響担当)のインタビューによれば、彼女がこれほど人気が出たのは全くの予想外であったらしい。
公式の人物紹介では、過去の出来事から人間不信に陥り他人を避けているが、元々は明るいスポーツ少女…となっている。
が、先述の岩田氏も認めている通り、彼女からは少しもスポーツ少女の匂いがしない。
氏によれば「仮に清川さんが過去に同じ目にあったとしても絶対にこうはならないが、花桜梨には元々そうなる下地のある文学少女系体育会少女であった」という裏設定が付与されていたとの事である。

そのためか彼女は学力も非常に高い。何の予備知識も無く偶然彼女を登場させてしまい、最初の試験で彼女の成績を見たプレイヤーが、彼女の事を運動系キャラだと見抜くのは難しいと思われる。
その後彼女が運動能力も極めて高い事が明らかになっていくため、こんなとこに隠れラスボスがいたかと身構えたプレイヤーも多かった(隠れラスボス的ポジションは後に『4』で龍光寺カイ〔特にお嬢様ルート〕が実現している)。
実際には彼女が参照しているパラメータは「運動」だけであり、『2』の全キャラ中参照パラが一つっきりなのは彼女だけという、紛う方無き運動系キャラなのである(ゲームシステム的に好感度が高いと主人公と同じ行動を取るので、3年目に部活ばかりしてるとあっという間に成績は落ちるが…)。

彼女の攻略を困難たらしめているのは主人公をめげさせる数々のトラップである。
最初のデートはすっぽかされる、休日のデートに高校の制服を着て来る、いきなり別れを告げられる、いくらデートに誘っても他のキャラに比べ外見上は少しも好感度が上がっているように見えない、一緒に下校出来ても彼女に限っては伝統の「◯◯さんと楽しく下校した」から「楽しく」が抜け落ちている、だからと言って構わないでいると退学してしまう(エンディングに至っても行方知れずのまま、しかも開発当初には自殺案まであったという)等など。
3年目の4月8日に起こるイベントにより彼女の過去が明らかになり、この日を境に完全に心を開いてくれるようになる。
これまでの苦労が報われる瞬間であり、これにより彼女に転んだプレイヤーは数多い。
また、これ以降はBGMも明るい曲調に変化する。メロディーラインは全く同じながら、雰囲気が180°変化する演出は必見(必聴?)。

ちなみに彼女を作中で登場させるかどうかについては、条件を満たしていてもプレーヤーの選択次第なので、それが分かっていれば他のキャラを攻略する場合では障壁となる事は無い、という点では有難いキャラである。
もっとも、「卒業後の進路が心に刺さりすぎて、たとえ本命プレイでなくても放っておけない」というプレーヤーも少なくない模様。

容姿

バレーボールを志しただけあって『2』に登場するヒロインの中では最も長身である。
『2』の発売時点ではシリーズ全体でも伊集院レイに次いで2番目の身長であったが、その後171cmの藤堂竜子GS2)、170cmの郡山知姫(4)・花椿カレンGS3)に抜かれている。同身長に有沢志穂GS1)・七河瑠依(4)がいる(『4』『GS3』発売時点)。

但し、心を開いてくれるまでは、長身故に目立つ事を避けるためか軽い猫背である。
また自らを守るような立ちポーズをとっている場合が多い。これらは3年時に心を開いてくれる事によって解消する。
表情も大分豊かにはなるのだが、前述のようにやはり明るいスポーツ少女という感じではなく物静かなままである。

髪はやや紫がかったピンク、肩の辺りまでの長さの所謂ウルフカットで無造作かつワイルドな印象を受ける。
本人にこだわりがあるのかどうかは分からないが、この辺はスポーツ少女らしさを感じさせる。

交友関係

人間不信に陥っているので他のキャラとの交流は殆ど無い。
しかし何故か唯一佐倉楓子とは仲が良い。どのような経緯で仲良くなったのかは謎。
他には赤井ほむらとも比較的相性が良いらしい。
(ドラマCDでは名前を読めないというマジボケもかましていたが)

何故主人公の呼び掛けに関心を示したのかは不明であるが、見るからに朴念仁である主人公を見て、少なくとも裏表の無い人畜無害な人間であるらしいと感じ取ったのかも知れない。
本来は孤独を愛するようなタイプでは無く、心を許せる相手を欲していたのであろうと思われる。
一方で、メインヒロインである光とは相性が良くないと描写されることが多い。
これは彼女が犬嫌いであることと、光の『主人公と仲の良い女子と険悪になる』というシステムが原因であると思われる。

ちなみに花桜梨を攻略する場合は、パラメーターの関係上(運動が上昇=根性も上昇)、楓子だけはどう頑張っても登場させないのは至難。
よって、彼女が転校か、そうでなければ花桜梨が退学かという2択となる(楓子の登場は避けられないが、前述のように確実に花桜梨は登場させない事が出来るため、退学イベントを見たい場合を除けば登場させる必要もないが)

関連タグ

ときめきメモリアル2 佐倉楓子

pixivに投稿された作品 pixivで「八重花桜梨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172948

コメント