ピクシブ百科事典

吉川ヤクモ

よしかわやくも

吉川ヤクモはメディアミックス作品『陰陽大戦記』登場人物。

CV:森田成一(TVシリーズ、17歳)

概要

 コミカライズ主人公。当時は小学五年生であったが、六年に進級。口癖は「チカミチ」、「バイス!」。
 京都にある新太白神社の宮司モンジュの息子。天流闘神士であった父親の血筋か戦闘センスは高いものの、その当時は考えるよりも先に動き、やりたいことだけ先走り、知識もやや乏しく、闘神文字も全く読めなかった。

 父の師であったマホロバに石化の呪符を施されたのを切っ掛けに天流派同士の抗争に巻き込まれ、その最中コゲンタの名を命名して契約、太極神を呼び寄せる刻の御柱の出現を阻止する為、時代を渡り歩きながら戦い抜いた。

 太極神との激戦を潜り抜けた事で闘神士の間では生ける伝説と化しており、コゲンタとの契約満了後は戦いの裏で暗躍する神流の存在を察知し、嘗て敵対していた雷火のタカマル榎のサネマロだけでなく、青龍のブリュネ消雪のタンカムイ黒鉄のリクドウとも契約。その存在を白日の下に明らかにすべく奔走していた。

 闘神士で唯一(火=タカマル)(木=サネマロ)(土=ブリュネ)(水=タンカムイ)(金=リクドウ)五行、総ての式神を揃えている。 ある意味でチートキャラである。

関連タグ

吉川モンジュ
白虎のコゲンタ

pixivに投稿された作品 pixivで「吉川ヤクモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16418

コメント