ピクシブ百科事典

御手杵

おてぎね

御手杵とは、『天下三名槍』に数えられる日本の名槍。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 天下三名槍に数えられる本項で記述する。
  2. 1の槍を基に擬人化した、オンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士。→御手杵(刀剣乱舞)


概要

蜻蛉切日本号に並ぶ天下三名槍(てんがさんめいそう)の一つに数えられる
駿河嶋田の鍛冶師・五条義助の作。戦国時代武将結城秀康が使用したことで知られる。
江戸時代では「西に黒田の日本号あり、東に松平の御手杵あり」とも言われていた。

全長3.8m、うち穂(刃)が138cmで、茎(なかご/柄に埋まってる穂先の根本)まであわせると215cmとなる。穂先一尺以上の槍を大身槍と呼ぶが、御手杵はその中でも野太刀長巻と同等クラスの穂先を持つ、大身槍としても規格外のサイズを誇った。
ただし、刃の断面は三角形になるため、あくまでも相手を突くための武器であったとされる。
その穂を収める鞘が、細く手杵のようなことからこの名が付いた。

残念ながら、第二次世界大戦における東京大空襲焼失してしまい、天下三名槍の中で唯一現存しない槍となってしまった。
現在は茨城県結城市「結城蔵美館」と、埼玉県東松山市「比企総合研究センター」に復元されたレプリカがあり、常設展示されている。

関連タグ

武器  結城秀康
天下三名槍
蜻蛉切 日本号

pixivに投稿された作品 pixivで「御手杵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47043811

コメント