ピクシブ百科事典

木原マサキ

きはらまさき

OVA『冥王計画ゼオライマー』の主人公・秋津マサトの中に眠るもう一つの人格。
目次[非表示]

CV:関俊彦

概要

OVA版『冥王計画ゼオライマー』の主人公にして真の意味でのラスボス
主人公秋津マサトに秘められたもう一つの人格であり劇中の事件の黒幕
ほぼ全ての戦闘シーンにおいてマサトの代わりに覚醒し戦う。

自ら冥府の王となるべく天のゼオライマーを操るだけでなく、敵である八卦衆にも遺伝子操作で強烈なトラウマを植え付けそれに苦しむ様を楽しむ、鬼畜外道という言葉すら生ぬるい邪悪な男。
彼に比べると敵サイドが全員善人に見えてしまうから不思議である。

中盤では主役のマサトより台詞や出番が多く、数々の名言を残す。

行動も邪悪そのものであり、戦闘中、一般市民を盾にしたり、敵をじわじわと嬲り殺しにしたり、ヒロインである氷室美久にセクハラするなど並の悪役でも滅多にやらない事を平然とやってのける。
そこにシビれる憧れるぅ!…事はない。たぶん。

普通のロボットアニメに登場する、この手の「主役級の悪役」には悲劇的な過去を持っていたり、または何らかの確固たる哲学や美学を持っているなど視聴者が同情や共感の余地が多少はあったりするのだが、コイツに関しては一切そんな描写はない。完全な「邪悪の権化」と呼ぶにふさわしい。
(監督をした平野氏曰くあえて描かなかったとコメントしている)

徹頭徹尾やりたい放題していたが、最終的にマサトの人格に取り込まれる形で融合してしまう。
監督曰く「自分の良心(マサト)に殺されたので、ある意味彼自身は幸せ」との事だが、マサト本人にとってはたまったもんじゃない。

その強烈なキャラクター性から本体であるマサトよりもカルト的な人気があり、事実、ネット上ではマサトよりも彼自身をネタにした作品が多い。

来歴など

秘密結社「鉄甲龍(ハウドラゴン)」に所属する優秀な科学者であり、同僚のルラーンと共に組織の主戦力となる八卦ロボの開発・製造を手掛けていた。
その優秀さはルラーンをして「正しく天才」と言わしめるほどのものであり、ゼオライマーを筆頭に八卦ロボの戦力の中核を担う機体の開発を担当し完成させている。
また遺伝子科学にも通じており、個人の遺伝子情報を解除キーとして用いる生体認証システムを開発し各八卦ロボに搭載、登録者以外誰にも操縦できないようにしてしまう。
さらに生体認証システムによる管理をより強固なものとすべく、八卦ロボの専属パイロットまで自身のクローンに手を加えて作り出したデザインベイビーから選抜した。

しかし、それらは全て己の歪んだ野望を達成するために利用していたに過ぎず、八卦ロボ完成直後に組織を裏切り、ゼオライマーを強奪した上に残りの八卦ロボ全てと本拠地である鉄甲龍要塞の中枢を破壊、組織に壊滅的打撃を与えてまんまと離脱。
この損害により、鉄甲龍は再起に15年もの歳月を費やさなくてはならなくなり、当初予定していた世界への侵攻作戦を一端中止せざるを得なくなってしまう。
しかし、マサキもまた離脱後に天のゼオライマーと鉄甲龍の情報を手土産に保護下に入った沖功に危険視され、謀殺されてしまう。

……が、それすらも彼にとっては計算済みだったらしく、後の復活のために自身のクローンを利用した非人道的極まる策略を保険として用意していた。

語録

「勝てる」
第一話、風のランスターの攻撃を受けた際。目つきといい、声のトーンといい完全に悪役である。

「その程度の攻撃が見切れぬとでも思ったか?クックク……」
第二話でシ姉妹の必殺技を回避した時。あまりにストレートな悪役台詞に美久もドン引きする。

「その必要はない。むしろ奴らが市民の事を考え、動きが鈍れば好都合!」
同じく二話より。市街戦で一般市民が巻き添えになる(マサトの方はそれを気にしてろくに手出しできなかった)事を毛ほども気にしない外道ぶり。どっちが悪なのか本気で分からなくなる。

「茶番は終わりだ」
同じく二話でシ姉妹にトドメを差す時。木原マサキを代表する台詞でよくネタにされる。

「俺がそんな善人に見えるか」
第四話より。どっからどう見ても見えません。

「俺自身が二人、世界を賭けて戦う!これ以上のゲームがあるか?」
第四話より。鉄甲龍にも自分のクローンが存在する事を明かした。
ある意味壮大な一人遊びとでも取れるが極悪関ボイスにより破壊力満点。

「これも次元連結システムのちょっとした応用だ」
第四話より。本人が隠し持ってた次元連結システムの小型端末を使い、拘束し強制服従させようと銃を向けた沖たちをぶっ飛ばした。
描写上二次創作的なご都合便利ネタ用の台詞にされる事が多い。

関連イラスト

10秒チャージ!


関連タグ

冥王計画ゼオライマー ゼオライマー
秋津マサト 氷室美久 若槻魔沙樹
ダークヒーロー アンチヒーロー

ディミトリ・ユーリエフ…色々と共通点がある悪の科学者。

木原一族・・・『とあるシリーズ』より。名字、マッドサイエンティストつながり。実際のところマサキ自身は木原一族であっても違和感のない外道ではある。

pixivに投稿された作品 pixivで「木原マサキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73533

コメント