ピクシブ百科事典

東南アジア

とうなんあじあ

アジアの東南部。主な国はフィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアなど。
目次[非表示]

アジアの一部で、ユーラシア大陸の東南部のインドシナ半島と、その周辺の島国をまとめて指す。東アジアオセアニア南アジアに隣接する。

概要

東アジアの日本韓国中国や、アメリカ合衆国カナダ西海岸と、中東インドヨーロッパを結ぶ海運の要衝となっている。

気候は蒸し暑くが多く、雨期と乾期が入れ替わるモンスーン気候の地域が多い。農業は多彩な農作物が生産され、特に稲作が盛んで、特にメコン川やチャオプラヤー川の流域は三毛作も可能である。このことから東南アジア大陸部には古くから文明が栄えた。お茶は東南アジアが原産とされる(厳密には中国の雲南省が原産と言われる)。

文化

歴史的に中華文明・インド文明・西洋文明の影響を受け、日本文明の影響も交錯する文化的に多様な地域。

仏教イスラム教ヒンズー教、そしてキリスト教が主な宗教だが、優占する宗教・宗派が地域によって違う。有史以前からさまざまな民族が何度も南下し、先住の民族と共存することで民族的にも多様になっている。

イスラム教徒は多いが、中東ほどガチガチなものではなく、仏教文化圏であった影響からか、かなり緩く寛容的で、基本的には信教の自由がある。

日本以上に暑いをいかにうまく乗り越えるかの工夫が、衣食住のすべてに表れている。

日本と東南アジア

安土桃山時代から江戸時代初期にかけ、東南アジアに移住して漁業貿易を営む日本人が多数おり、日本人街も形成されていた。倭寇の勢力は東南アジアにまで及んだとされる。

その後、移住先に留まった日本人は、鎖国によって本国との連絡も極端に少なくなったため、日本人社会は現地の人々の社会と同化していき、19世紀にはその形跡の多くが失われたが、現地の人々によって記念碑などが建てられ残されている地域もあり、現在も日本人町が残っている国もある。
琉球王国(現在の沖縄県)では、中継貿易でこの地域(特にマラッカ王国)と強くつながっていた。

2013年7月には、安倍政権によって東南アジア諸国のビザ発給要件を緩和され、訪日する人口が急増している。

東南アジアの国家

東南アジア大陸部(インドシナ半島)


東南アジア島嶼部


関連タグ

日本 台湾 中国
ASEAN 南アジア 東南アジア
オセアニア

pixivに投稿された作品 pixivで「東南アジア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204917

コメント