ピクシブ百科事典

東雄平

あずまゆうへい

東雄平とは、『クロスゲーム』のキャラクター。

概要

CV:櫻井孝宏
星秀学園高等部1年生。左投げ左打ち。一塁手
高等部から野球留学生として入ってきた。野球の才能が高くない人間の顔は何度見ても覚えられない。しかし、コウや三島などの実力のある選手の顔はすぐに覚える。コウの能力を高く買っており、プレハブ組との試合でもコウを最も気にしていた。高校生としてはトップクラスの実力で、青葉の力をもってしても弱点を見つけられないほど。その長打率は8割を超える。守備も上手く、送りバントをダブルプレーにしたこともある。特待生ではなくなったがコウがいる星秀学園を「甲子園への近道」と選んで残留、雄平の兄・純平が「アパートが見つかるまで」とコウに頼み込みコウの家に居候することになる。純平はアパートを探す気自体なく、ずっとコウの家に住み続けるが、コウとは良い信頼関係を築いている。
バッターとしてのスタイルは、実況アナウンサーによれば「鎧ごと叩き斬る剛剣の迫力」。
過去にふざけて階段から落ちそうになった自分を助けようとした兄が、足を踏み外して選手生命を絶たれる大怪我を負ってしまうということがあった。そのため、階段でふざけている子供にはかなり厳しく注意する。またこの事故のせいで、兄は確実視されていた甲子園出場を逃したため、東は甲子園出場に固執している。しかし2年の夏以降は、そこまでのこだわりが見られない様な描写もある。一軍対プレハブ組の再戦では、どちらが甲子園出場への近道かを計るため、わざと怪我をして出場しなかった。

野球部では一番モテているが、本人は青葉が好きらしく、青葉が骨折した際にわざわざ月島家まで行き、荷物を運んだりしている。また、本人にも、バレンタイン前に「今のところおれがつき合ってもいいと思うのは、おまえくらいだからな。」と発言している。しかし本人は青葉が自分にチョコを贈り、コウにチョコをあげなかったことを気にかけるなど、青葉のコウに対する気持ちに気付いている描写もある。兄の純平と青葉の姉の一葉が結婚した際、青葉とは義兄弟になるが、青葉に対し「義兄弟でも結婚できるよな」と発言している。7月生まれ。
 初登場時には鋭い眼つきにきつい性格をしていたが光たちと接触していくとともに性格も穏やかになった様にも見え、眼つきの鋭さも消えている。
あだち充作品の主要登場人物で、主人公と同じ高校の選手では珍しい左打ち(『タッチ』の広瀬、『ナイン』の倉橋が挙げられる程度)。
経歴:星秀学園高等部

関連タグ

クロスゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「東雄平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40203

コメント