ピクシブ百科事典

終わりのクロニクル

おわりのくろにくる

『終わりのクロニクル』とは、電撃文庫より刊行されている長編小説。電撃文庫で物理的攻撃力において最強クラス。
目次[非表示]

概要

著者:川上稔、イラスト:さとやす、による長編小説。全14巻。

著者の長編シリーズの、第2シリーズ。シリーズ名称はAHEAD
川上作品における、第2の時代の物語である。

川上作品における時代推移
 FORTH >> AHEAD >> EDGE >> GENESIS >> OBSTACLE >> CITY

あらすじ

至極乱暴に粗筋を纏めると、とても頭の良い馬鹿とその仲間達がゴネる異世界人を相手に口喧嘩で捩じ伏せ、リアルファイトでも捩じ伏せ、実は滅亡のカウントダウンが秒読みになっていた世界を救おうとするお話。

特徴

全7章14巻で構成されており、そのページ数・文庫の厚さは電撃文庫史上最厚(当時)を誇った。
特に最終巻である第7巻(あとがきを含め1091頁)は、「人が殺せる」「銃弾を防げる」「本というより匣(はこ)」「川上越えはひとつの壁」
…と、ライトノベル界隈では密かに有名。
恐るべきことに上記第7巻のページ数は、同作者の次作「境界線上のホライゾン」Ⅱ下巻によってさらに更新された(1153頁)。

関連動画

終わりのクロニクル
おわくろ

関連タグ

ライトノベル 電撃文庫
終わクロ 全竜交渉 佐山・御言 新庄・運切 出雲・覚 風見・千里 ブレンヒルト・シルト 飛場・竜司 美影(終わりのクロニクル) ダン・原川 ヒオ・サンダーソン Sf(終わりのクロニクル) 尻神様 まロい

pixivに投稿された作品 pixivで「終わりのクロニクル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 928916

コメント