ピクシブ百科事典

膝に矢を受けてしまってな...

ひざにやをうけてしまってな

「膝に矢を受けてしまってな...」とは、「The Elder Scrolls V: Skyrim」に登場する衛兵の台詞。

概要

「昔はお前のような冒険者だったのだが、膝に矢を受けてしまってな...」
英語原文="I was once an adventurer like you; then I took an arrow in the knee. "

元ネタはロールプレイングゲーム「The Elder Scrolls V: Skyrim」の衛兵が喋る台詞。
スカイリムの衛兵のデフォルト台詞に設定されており、どの街の衛兵もこの台詞を喋る。
この世界の衛兵はみんな膝に矢を受けて引退した元冒険者らしい。
そのシュールさが話題を呼び、2011年ごろから海外・国内のネット上で流行した。

本作の開発ディレクター、トッド・ハワードは「そんなに頻繁に聞かないと思うけどな(I don't think you hear it that much,)」とコメントしており、このブームは意外だった模様。
How They Came Up With Skyrim's 'Arrow In The Knee' Line

汎用性の高さからか、改変されて使われることも多い。
「昔はお前らのように働いていたのだが、膝に矢を受けてしまってな...」
「俺も昔は矢だったのだが、冒険者の膝に刺さってしまってな...」

ちなみに、衛兵が喋る本当の台詞は「昔はお前のような冒険者だったのだが、膝に矢を受けてしまってな…」ではなく「昔はお前みたいな冒険者だった。膝に矢を受けてしまって…」

スカイリムの舞台モデルとなった北欧の古い言い回しで
”膝に矢を受ける”→”片膝をつく”→”プロポーズする”
という、本来の意味で訳せば
「昔はお前のような冒険者だったのだが、結婚したからな...」の意である、
といわれているが、実際は英語圏発の都市伝説である。

関連タグ

スカイリム

pixivに投稿された作品 pixivで「膝に矢を受けてしまってな...」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 563359

コメント