ピクシブ百科事典

藍楸瑛

らんしゅうえい

 『彩雲国物語』の登場人物。

概要

 彩七家の筆頭名門・藍家直系の四男。
文武両道、特に武が強い武官の出世頭だが、女性関係が非常に華々しく、李絳攸曰く「常春頭」。
双花菖蒲の間柄に当たる絳攸とは国試受験以来の付き合いで、彼をしょっちゅうからかっては煙たがれている。
 軽薄と誤解されがちだが、実は真面目で優しい性格のお坊ちゃま。

関連タグ

彩雲国物語 彩雲国 楸瑛 双花

pixivに投稿された作品 pixivで「藍楸瑛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62124

コメント