ピクシブ百科事典

要咲良

かなめさくら

アニメ「蒼穹のファフナー」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:新井里美

2132年3月22日生まれのAB型。スポーツ万能で気が強い14歳の中学3年生。またきっぷが良いことから、近藤剣司小楯衛には姉御と呼ばれ慕われており、3人でつるんでいる。一方でファザコン気味なところがあり、理想の男性像は「父親のように強い男」。そのため、彼女に唯一勝利したことがある真壁一騎は咲良に秘かに思いを寄せる剣司から度々、決闘の申し出を受けている。
要流・合気柔術道場の娘で自身も武術を嗜む「竜宮島で最強の少女」とされ、天才症候群として「力学的効果の把握」を持つ(柔術の腕が優れるのもこの能力のお陰ともいわれる)。
同級生である遠見真矢と仲が悪いとされるが、実際には真実を見抜く力に優れる真矢を咲良が一方的に恐れているだけであり、咲良は島最強の女子は真矢だと思っている。

一期

ごく普通の中学生であったがフェストゥムの襲来により一転、世界の真実を知るとともに航空部隊隊長であった父親の誠一郎を戦闘で失う。一騎の島からの出奔を受け、ファフナーノートゥング・モデル「マークドライ」のパイロットとして、剣司、衛と共に最前線で戦っていく。
戦闘時は父親の仇としてフェストゥムに憎しみをぶつける反面、父親の死の原因であるフェストゥムを恐れている。
剣司らと共にトリプルドック(3人小隊)を組みフェストゥムとの戦いを生き残るが、物語終盤で彼女を守れる男になろうと奮起する剣司からの告白を受けようとした矢先に、同化現象の悪化により昏睡状態となる。

映画

一期より2年後、一期終盤でミョルニアから提供されたデータによって同化治療が進展し、意識を取り戻す。だが体に障害が残り、恋人となった剣司の支えを受けて車椅子生活を送っている。
島の危機を前にパイロット復帰を果たす。体が不自由になった影響から飛行用パーツ・リンドブルムを愛用し、ファフナー搭乗時は自由に動き回れる喜びを口にする。また、剣司らと共に後輩パイロットの指導にもあたった。

EXODUS

映画より2年後、竜宮島学園中等部の教員となり体育の指導を行っている。同化の後遺症はだいぶ改善し、杖があれば自由に歩きまわれるまでに回復している。
アルヴィスではパイロットを引退し、後輩の指導教官を務めている。指揮官となって彼らの命を背負う剣司を、叱咤しつつ案じている。
しかし、新たな力の目覚めと共に体が変容する不安に駆られる後輩パイロットたちを前に、羽佐間カノンとともに再びパイロット復帰を果たす。無人機であるトルーパー・モデルの操縦を担うスレイプニール・システムに搭乗し、超次元現象(SDP)「増殖」が発現。戦闘が終わるまでの間、敵に倒されたトルーパー・モデルが増え続けるが、システムと機体の二重の負担は大きく、戦闘中は「熱いのに寒い」「自分が何人もいる」感覚に苛まれ、更に新同化現象として体温の低下に襲われた。

2クール目19話でアザゼル型フェストゥム「ウォーカー」の仕掛けた大規模作戦によって島のミールによる環境維持が上手く機能しなくなり、彼女の母親である澄美の体調が急速に悪化。先の長くない母親を安心させるために、と剣司からのプロポーズを受け入れ彼と結婚。それに伴い、名前が近藤咲良となった。
第4次蒼穹作戦中、海に沈む島から島民を脱出させるプランデルタが発令されたが、余命幾許もない澄美は島に残ることを決断し、この時交わした通信が母娘の最期の会話となった。

関連タグ

蒼穹のファフナー 近藤剣司 小楯衛 カノン・メンフィス 剣咲

pixivに投稿された作品 pixivで「要咲良」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59783

コメント