ピクシブ百科事典

速水ヒロ

はやみひろ

速水ヒロとは、「プリティーリズム・レインボーライブ」に登場するキャラクターである。

CV:前野智昭

エーデルローズ所属の人気アイドル。言葉使いは丁寧で、ダンスバトルの件では仁科カヅキの足の怪我を気遣う優しさもある。女性からとてつもない人気を得ており、華京院学園の文化祭では女性たちに囲まれて身動きがとれないほど。ルックスもよく実力もあり、周囲からも一目置かれているが、その本性は自己中心そのものであり、自らの目的の為ならば平然と他者を利用するだけでなく、作曲の盗作等、自分の為に尽くしてくれた者の努力を踏みにじる行為すらも平然と行う卑劣漢で、傲慢な性格。

神浜コウジとは元親友でありライバル。過去にコウジが作った曲を盗作し自身のデビュー曲にしたことで、コウジがプリズムショーを嫌うきっかけを作った張本人。それ以来、コウジからは敬遠されており様々な精神攻撃を仕掛ける。
エーデルローズ時代において周囲から蔑まれていたコウジの才能を誰よりも認めていた反面、嫉妬心も持っていた様であり、それ故にコウジに対しては異常なまでに歪んだ感情を抱き、追い詰めるためなら興味を持った彩瀬なるをも利用する。また、蓮城寺べるからは「神浜コウジのものを欲しがる悪い癖」と称されている。

幼いころは、ボロアパートに母と共に貧乏暮らしをしていた。母もヒロの面倒よりも自分のことを第一で考えていたらしく、用事が出来るたびにヒロを家から追い出す等、育児放棄に近い行いをしていた。その度にヒロは公演で当時から憧れていたプリズムショーを独自に特訓しており、その様子をエーデルローズの理事長である法月皇に見染められてエーデルローズに入団した経緯を持つ。現在は寮暮らしであるが、不満が溜まっていたりすると、ボロアパートに帰って一人でいる事も多い。

第18話では、涼野いとを利用してコウジから歌を奪うことに成功。もし失敗していても、いとの歌を自分の歌として発表するつもりだったとコウジに言われていたが、真相は不明。自分のソロのデビューライブでコウジの歌を盗作し、自分の歌として発表することで注目を浴びデビューを果たした。男性ソロのプリズムショーを初めて3Dで映像化されたキャラクターである。

第31話では、ストリートのダンス広場を占拠したエーデルローズの生徒の素行問題が起こった際に、前回決着をつけ損ねたカヅキとの再勝負を利用し、コウジの歌を手に入れようと目論む。しかし、コウジがカヅキに作った曲とプリズムショーから衝撃を受け、自らの敗北を認めてその場を退散した。

第45話にて、エーデルローズへのやり方に不満を抱き、反論するべるに加担するも、スキャンダル写真を持ちかけられ反論できなくなってしまう。仁から言われた母を侮辱する言葉がトリガーとなり限界を迎え、最終のツアーライブになるたちやべるたち、コウジとカヅキを呼んで今まで自分が嘘をついていたことをすべて公表した。
マイソングの盗作行為は仁からの指示だったということが判明する。今までコウジを傷つけてきたことへの謝罪と、別れた母への愛の言葉を残しステージから退場しようとするも、ファンからの声援に引き止められプリズムショーを披露した。

第51話では、コウジ、カヅキと共にユニット「OverTheRainbow」を結成。

マイソング
Pride
今までに飛んだプリズムジャンプ
・スター・スプラッシュ
・情熱熱風スターライトキス
・絶対アイドル☆愛・N・G
・ライトニングスプラッシュ
・シャイニングスパイラル
・スターライトエクスプレス
ユニットジャンプ
・オーバー・ザ・レインボー

関連タグ

彩瀬なる アイドル 残念なイケメン ヤンホモ ホモ ホモさん

pixivに投稿された作品 pixivで「速水ヒロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 398996

コメント