ピクシブ百科事典

鋼牙

こうが

漫画『犬夜叉』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

鋼牙(犬夜叉

声:松野太紀

人喰い狼を操る妖狼族の東の洞穴の若頭。
人間換算年齢15歳。身長は170.2cm。
足に四魂のかけらを仕込んでおり、つむじ風のように早く走れる。
登場初期は右腕にも四魂のかけらを仕込んでいた。

歯に衣着せぬ物言いをするタイプで、かごめに片想いしているため、犬夜叉とはいがみ合っているが、一枚上手なのか犬夜叉をうまくあしらう事が多い。
荒っぽい一面はあるが、付き合ってみると意外と裏表のない明朗快活な性格の快男児。
かごめに会いに来る際、犬夜叉を踏んづけて、別れる際は彼女の手を握ったり抱きしめるのはお約束。
犬夜叉とは似た者同士ではあるが、頭に血が上りやすく力任せに押し切ろうとする犬夜叉と違い、事前に周到な準備をしたり状況を見渡しながら作戦を組み立てながら戦ったり、異様なまでに鋭い直感から不利と判断したら撤退も辞さないなど、頭脳派な一面もある。
最初の頃は、人間の住む村を狼達に襲わせていたが、かごめに惚れてからは人間を絶対に襲わなくなった。
仲間内からの信頼も厚く、群れを守るためならば我が身の危険も顧みず最前線で戦い抜く親分肌。
その一方で、同胞たちへの裏切り者は容赦なく笑みを浮かべながら処刑するという残忍なポリシーも持ち合わせている。
アニメでは、女妖狼族の菖蒲に「修行が終わって山から下りてきたら俺の許婚にしてやる」と言ったことを忘れていたことで、かごめに怒られる場面もあった。
また、殺生丸と会ったことがあったが「犬夜叉はムカツクがアニキのほうはなんとも思っていない」と言って喧嘩にはならなかった。

奈落神楽の策略によって大勢の仲間を殺されたことから、その仇を討つため奈落を追っている。
桔梗翠子の魂と同化した後、彼の足は敵の前で動かなくなり窮地に陥ることが多くなった。
奈落と戦うため、一時期犬夜叉一行に加わったが、奈落に四魂のかけらを奪われ、自ら戦線を離脱する。
桔梗を失い悲嘆に暮れる犬夜叉を思い、かごめをきっぱり諦めたことで男を上げた。
四魂のかけらによって手に入れた足の速さや足技と、妖狼族に代々受け継がれてきた五雷指を武器に戦う。
腰にさしている刀は武器ではなく飾りらしい。
四魂のかけらを奈落にとられた後は犬夜叉達に後を任せ、原作ではその後は登場しない。
アニメでは奈落との戦いが終わって3年後、菖蒲と祝言をあげ、妖狼族の御頭になった。

関連イラスト

鋼牙
鋼牙


かいじゅうぎゃる
若頭!



関連タグ

犬夜叉

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼牙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287806

コメント