ピクシブ百科事典

高橋留美子

たかはしるみこ

日本の女性漫画家。
目次[非表示]

人物

1957年10月10日生まれ。新潟県新潟市出身。
少年漫画雑誌の第一線で活躍し続ける、女性漫画家の草分け的存在。
実は、小池一夫の劇画村塾の出身作家。そこから『勝手なやつら』で小学館新人コミック大賞において佳作受賞をもぎ取りデビューに至った。
愛称はるーみっく。制作プロダクションの名称でもある。
彼女の描く作品は、るーみっくわーるどと呼ばれている。
特に『うる星やつら』のアニメ化以降、日本のオタクカルチャーに彼女が与えた影響は、絶大なものがある。
1995年には、単行本が累計1億冊を突破した。

うる星やつら』、『らんま1/2』といったドタバタギャグ漫画から、『人魚の森』のようなシリアスホラー漫画、『めぞん一刻』や『1ポンドの福音』などの青年漫画、『犬夜叉』などのバトル漫画、『境界のRINNE』のようなファンタジー漫画と、幅広い作風を描ける実力派。
現時点で長期連載作の全てがアニメ化実写化がされている。また短編も高橋留美子劇場るーみっくわーるどのようにアニメ化されているものが多い。

ラブコメしか描かない」と公言しており、「漫画を描くのに男は邪魔だから」との理由で独身を通している豪傑で、アシスタントも女性で統一している。長期連載が終わっても休む間もなく「早く次の連載をやらせて!」と編集に要求するなど、漫画と結婚した女性とも言える。なお、同じく生涯独身で通した長谷川町子からも何らかの影響を受けたところもあるらしく、長谷川町子が執筆作業中に昆布スルメをよく噛んでいたエピソードと同じく高橋もスルメ等を噛んでいるらしい。
実は若い頃からグラマラスな体型で、一部では有名だったらしい。

2013年に画業35周年を迎え、少年週刊サンデー25号紙面において特集がなされた。

作風

  • 基本的にラブコメディを主軸とした作品が多い。また、主人公ヒロインの関係は時折心がすれ違いつつも付かず離れずの距離感を保っていることが多い。また、登場人物の殆どは変態の域に近いほど、限りなく自分の欲望に対して非常に忠実である。
  • 高橋が描く主人公の特徴として、男のダメな部分が顕著。詳しくはるーみっく主人公を参照。
  • 高橋が描くヒロインの特徴は大きく三つある。詳しくは、るーみっくヒロインを参照。

・清楚で可憐な風貌だが、主人公が自分以外の女性にアプローチをかけられたりすると暴力をふるう(本気で怒ると、よく平手打ちを食らわせる)などの嫉妬深い一面を持っているタイプが多い。また、他の男性キャラにも好意を抱かれ言い寄られても、主人公以外の男に靡く事はない。
料理に関して奇抜な感性を持っていて苦手なタイプと、まともな料理を作れるタイプに大きく分かれる。前者にはラム天道あかね、後者には音無響子日暮かごめ真宮桜が挙げられる。
プロポーションが非常に良い

  • 主人公または恋敵となるキャラクターは、大抵相手が自分に靡かなくてもお構いなしにアプローチをする強引な性格である。しかし、恋敵キャラクターも決して蔑ろな扱いをされているわけではなく、主人公やヒロインにふられても新たな恋の相手を見つけるなど、最後は皆が笑って幕を下ろせるような大団円のエンディングが多い。

エピソード・諸説

  • これまでに『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『境界のRINNE』と、高橋の定期連載作品は全てTVアニメ化されている。また、不定期連載の『人魚の森人魚シリーズ)』と『高橋留美子劇場』のシリーズ作品も深夜枠でアニメ化、同じく不定期連載を経て完結した『1ポンドの福音』もOVA化された。さらに、短編読み切り作品である『炎トリッパー』『ザ・超女』『笑う標的』も、「るーみっくわーるど」として立て続けにOVA化されるなど、もはや隙がない。
  • 上記のようにメディア化に恵まれた作家であるゆえに誤解もされやすいのだが、当然、高橋留美子作品の中にはメディア化されていない作品もある。(なので「作品すべてがアニメ化されている」は間違い)それらの中にはケレン味が強く連載作品の内容など生易しいと思えるレベルの「どハードなシリアス作風」や「ブッ飛んだギャグや設定を持つ」作品も多い。ゆえに、それら未アニメ化作品の作風から、ある程度の調整(毒取り)をして上記された代表作が生まれたとされる事もある。高橋留美子作品のファンの中にはアニメ化作品しか知らないファンも多いのだが、そうしたファンにはぜひとも未アニメ化作品にも触れる機会を持ってもらいたいと願っている古参ファンも多い。
  • 高橋作品のアニメ版に参加した声優(特に主人公ヒロインなどの主演級)は、必ず売れっ子になるというジンクスがある。
  • 高橋作品のアニメに一度出演した声優は、本作者の他作品で再び起用されることが多々ある。特に、メインキャラクターを演じた声優が別作品で再びメインに起用されるなんてことも、決して珍しくない。

高橋の代表的な作品のタイトルの頭文字は、自身の名前「留美子」のローマ字表記「RUMIKO」から、1文字ずつ取られている。

R…『んま1/2
U…『る星やつら
M…『ぞん一刻
I…『夜叉
K…『界のRINNE
O…『1ポンドの福音』 ※英数字「one」=1から。ただし、含まれない場合もある。

もちろん、これはあくまで噂であって、高橋自身が意図して付けたのかは定かではない。しかし、あまりにも偶然すぎるので、一部のファンからは「RUMIKOの法則」として、まことしやかに囁かれている。
因みに、上記6作品ともすべてアニメ化されている。

  • 歴代の定期連載作品のタイトルの頭文字を並べると、奇しくも「RUMIC」=「るーみっく」となる。
R…『んま1/2
U…『る星やつら
M…『ぞん一刻
I…『夜叉
C…『界のRINNE』 ※英語名「Circle Of Reincarnation」から。

ー上述の通り、これもあくまで噂であるー。

代表作

※☆・・・アニメ化、★・・・実写化

うる星やつら☆★めぞん一刻☆★らんま1/2
うる星やつら
一刻館の人たち。
らんま最高
犬夜叉境界のRINNE人魚の森(人魚シリーズ)
~戦国御伽草子*~ 
RINNE!!
人魚と異形のもの
☆★1ポンドの福音炎トリッパーザ・超女
耕作と妹アンジェラ
宿すず
ザ☆超女
笑う標的ダストスパート!!高橋留美子劇場
笑う標的
ゴキ●リ男とゴリラ女

関連イラスト

高橋留美子先生おめでたう!
2015年 高橋留美子先生お誕生日おめでとうございます!


中身入れ替わり(雑)【あたる乱馬犬夜叉りんね】
中身入れ替わり【うる星らんま犬夜叉RINNE】ヒロインver.



関連タグ

漫画家 ラブコメ 小学館 週刊少年サンデー
るーみっく るーみっく主人公 るーみっくヒロイン るーみっくわーるど

外部リンク

高橋留美子 -wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋留美子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4767063

コメント