ピクシブ百科事典

阿修羅

あしゅら

仏教の守護神。修羅の王。
目次[非表示]

概要

阿修羅とは、仏教の伝説に登場する仏教の守護神、八部衆の一つ。
インド神話のアスラが仏教にとりこまれたものである。
三面六臂(三つの顔と六本の腕)の姿でよく知られる。
日本では国宝に指定されている「興福寺の阿修羅像」が最も有名。

阿修羅像2



仏教伝承では、阿修羅は須弥山の北に住み、『正義』を司る神とされ、娘の舎脂を奪った『力』を司る神である帝釈天と戦い続け、阿修羅は帝釈天に斃されて滅ぶが何度でも蘇り、永遠に帝釈天と戦い続けたとの記述がある。

pixivでは阿修羅でなくとも六本腕のキャラクターを描いた絵につけられていることもある。

曖昧さ回避

上記の阿修羅を題材またはモデルとしたキャラクターも多い。

  1. 漫画『百億の昼と千億の夜』の登場人物。少女神。
  2. 漫画『聖伝』の主人公。
  3. 漫画『ソウルイーター』の登場人物。→鬼神阿修羅
  4. 漫画『キン肉マン』の登場人物。→アシュラマン
  5. 遊戯王OCGおよびアニメ『遊戯王DM』『遊戯王GX』に登場するモンスターカード。
  6. 漫画『NARUTO』の登場人物。→大筒木アシュラ
  7. アクションゲーム『アスラズラース』の主人公。

阿修羅王(『百億の昼と千億の夜』)

あしゅら


本作の阿修羅は中性的少女神として描かれる。
主人公シッタータを導きながら、“シ”の命を受けたという「惑星開発委員会」の真意、56億7000万年後の救世主である「弥勒」の人類救済計画の謎に迫っていく。
4億年にわたり戦い続けている帝釈天からは想いを寄せられているようだ。

阿修羅(聖伝-RG VEDA-)

阿修羅


声:伊倉一恵(OVA)/林原めぐみ(ドラマCD)
主人公帝釈天により滅ぼされた阿修羅族最後の生き残り。呪われた子供と予言されており、関わった者には不幸を招くと言われている。

聖伝


無邪気な子供の姿と破壊神、2つの顔を持ち合わせており、本来の姿は中性的な美しい青年だが、父親である阿修羅王がある咎を犯したため厳密には無性である。
CLAMP作品集で紹介される時も『青年』だったり『少女』だったりとバラバラ。
ただしツバサにゲストキャラとして登場した時は、完全に女性として描かれている。

阿修羅(遊戯王OCG

全体攻撃


カードテキスト

スピリットモンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守1200
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードは相手フィールド上に存在する
全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。

スピリットモンスターの1体で光属性天使族効果モンスター
スピリットモンスターなので特殊召喚できずエンドフェイズに手札に戻ってしまう、召喚した時や攻撃した時を罠カードで狙われやすいなどの弱点はあるが、全体攻撃能力は強力。
アニメDMでは海馬乃亜闇遊戯とのデュエルで壁モンスターを全滅させるために使用したが、セットされたモンスターがサイバーポッドだったために破壊されてしまう。
この時はそれぞれの腕に剣が現れてそれを相手モンスターに投げつけるという攻撃方法だったが、後にアニメGXでデュエルアカデミアの生徒が使用したときには拳で殴っていた。

大筒木アシュラ(NARUTO

Asura


作中において、荒れた世を平安に導いた伝説僧侶六道仙人』こと大筒木ハゴロモの息子。初代火影千手柱間の血族である千手一族の遠い先祖。

アスラ(アスラズラース

アスラ!!


作品の世界における唯一の国家「神国トラストリム」の守護者である"八神将”の一人。仲間の裏切りにより一度命を落とすが、その激しい怒りによって復活。さらわれた娘を救うべくかつての仲間たちに戦いを挑む。

関連タグ

インド神話  修羅 アスラ

pixivに投稿された作品 pixivで「阿修羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1258467

コメント