ピクシブ百科事典

M700

れみんとんもでるななひゃく

レミントン社の開発した多用途ボルトアクション式ライフル。
目次[非表示]

米国レミントン社が開発したボルトアクション式のライフル
前身となるM722・721のモデファイとして1962年に発売。

小口径では.222や.223(5.56x45)、といった小型害獣猟向け弾薬、大口径では30-06や.308win、.300winmagといった大口径狩猟弾薬が代表的口径となる。
主設計者はマイク・ウォーカー氏。

ボルト・バレル・アクションの組み合わせにより、リムファイアの.18口径から、最大クラスで.416口径クラスのマグナム弾薬まで対応出来る。
元々狩猟用の低価格帯ライフルとして開発されたという経緯ではあるが、生産性と拡張性、容易に精度を上げられる優れた構造により、今日においては軍事用途・精密射撃用途でも幅広く利用されている。

設計

主要機関部であるアクションの設計はM721・M722の時点で完成された物であり
発火機構自体は従来のM98(モーゼル98)系の
コック・オン・オープニングを踏襲した、オーソドックスな物となっている。

ボルト・フェイスはリムを完全に覆うカウンター・ボアードとし、
後加工コスト、並びに部品点数を抑えるため、オリジナルのエキストラクターは
Cリング型の弾性保持方式となっている
エキストラクターの弾性に頼った固定方式はイレギュラーの発生時において
ポジティブな形状ではないため、時折欠点としてみなされることもある。

構造を模倣した従来のM98系レシーバー・アクションが、リコイル・ラグを
レシーバーと一体成形としていたがゆえに、製造において複雑な行程と
ある程度の規模の製造設備が必要だったのに対し、
規格サイズの鋼製丸棒の旋削・切削加工のみで製造できるという大きな特徴を持っている。

丸棒基準の設計は、同時に精度出しの容易さを向上する結果となり、
製造工程の簡略化を倣ったウィンチェスターM70よりも低価格でありながら
M70と同等か、それを上回る精度を持つことに成功している。

製造の場においてCNCが爆発的に普及した今日では丸棒基準設計自体の優位性はかなり薄くなったものの、パテントの失効により一般規格化した設計が大きな遺産となって本家の人気をも支えている。

登場当初はストックとアクションのべディング・エリア(機関部と銃床の接触部分)が曲面の為、フラットボトム・べディングエリアのアクションと比較して再べディングに手間がかかるという面が欠点とされていたが、H-Sプレシジョンやマクミランといったサード・パーティの製造するアルミニウム製シャーシによるV字点接触型べディングストックの普及や、
エポキシ系のべディング・コンパウンドとピラーを用いた簡単なべディング・ノウハウが
知られた今日においては欠点と見做されなくなっている。

安全性

M98やM70ではボルトのコッキング・ピース上にあった安全装置がトリガーユニットの右側に移され、構えた状態でのロックと解除が非常に行いやすくなっている。

M98系のアクションと同様に安全設計面も極めて優れている。
有坂(38式・99式)アクションで見られたカウンター・ボアード・ボルトフェイス構造を更に発展させ
プッシュ・ローディングを採用することで、プライマーピアシングやケース・ラプチャー等
の射手に危険を及ぼす事故に対する安全性はM98よりも上回る部分がある。

軍事とM700

優れた狩猟用ライフルは優れた狙撃銃になるという法則の通り、M700は軍事用途においても優れた性能を秘めている。

ベトナム戦争当時、アメリカ海兵隊が品質の低下したウィンチェスターM70の更新としてM70系トリガーガードを組み合わせた独自のM40を採用したことを皮切りに、陸軍でもHSプレシジョン製ストックにダコタスタイルの・トリガーガードを組み合わせたM700をM24として採用している。
海軍ではM24A2(.300WinMag仕様)をMk13として採用、2006年にはAI社のAICSストックを購入し、ストックを変更している。

米軍での採用は一般での人気と法執行機関、米国同盟国方面からの注目を集める結果ともなり、80年代からは警察用狙撃銃としても広く普及している。

自動式狙撃銃の精度向上が成された今日においても.338lapuaや.300winmag口径の新型M700が相当数運用されており、当面は運用される見通しが高い。

拡張性

生産性と精度を両立し、軍事・LE・精密射撃・狩猟を問わない設計は、ライフル版1911と言えるほど多数のサード・パーティ・パーツメーカーを生んでいる。
ある程度の市販の工作機械さえあれば、家のガレージでも機関部を製造できるほど設計が単純である為、個人製作によるアクションも多数存在しており、
レミントン純正でない部品の寄せ集めで、レミントン製と同型同寸ながら、
更にランクの高いライフルを仕上げることも容易となっている

代表格としてはM24にストックを供給したHSプレシジョン社や実用樹脂製ストックのマクミラン社、L96同型のストックシェルにM700のべディングに合致するアルミニウム製シャーシを合わせた「AICS」を製造するアキュラシー・インターナショナル社等が上げられる。
M700用として設計された引き金機構のカスタムパーツであるジュエル・トリガーは中小メーカー製ながらM700以外のライフルに流用されるほど人気が高い。

関連イラスト


Remington model700 custom



関連タグ

MSR

pixivに投稿された作品 pixivで「M700」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62039

コメント