ピクシブ百科事典

マークスマンライフル

せんばつそげきじゅう

選抜射手に持たせるために設計、改良、ないし流用された銃のこと。
目次[非表示]

概要

正式名称Designated Marksman Rifle(略称DMR)。マークスマン(選抜射手)と呼ばれる兵員が使用するためのライフル
「マークスマン」とは元から射撃の名手を指す言葉であり、本来「Designated marksman」と呼ばれる。(「選抜射手」は「marksman」の直訳)。

選抜射手とは

一般的なアサルトライフルの射程はせいぜい500m、西側のスタンダードである5.56mmNATO弾の特性を考えると、殺傷力を100%発揮できるのはせいぜい200mまで。自然、一般的な歩兵の交戦可能距離もこの程度、ということになる。
だが一方、歩兵が携行可能な武器で、これを上回る射程を持つ武器は多く存在する。軍用狙撃銃でなくとも、民間用の猟銃で1km以上の射程が得られるものは珍しくなく、迫撃砲対戦車ロケット、対地ミサイル、大口径機関銃なども厄介。
もし歩兵が5.56mm口径のアサルトライフルや分隊支援火器しか持っていない場合、自身らより射程の長い武器を持ち出された場合、命令系統が独立している狙撃班や砲兵部隊、航空部隊に支援を仰がなくてはならない。しかし無線機越しの意思疎通では顕密な連携にも限界があるし、彼らにはほかにもいろいろと仕事があるため毎回毎回手伝ってくれるとは限らない。
常に分隊に随伴し、分隊長の一存で活用できる長距離交戦能力が欲しい。そうした要求に応えたのが、選抜射手である。
アサルトライフル用の訓練を受ける歩兵の中から、特に射撃の腕に秀でたものが選抜される、という形式をとることが多い。歩兵と同じ訓練を受けているため歩兵分隊と行動を共にし、また意思疎通も楽にとることができる。

そしてその選抜射手に支給されるのが、マークスマンライフルである。

求められる性能

国によって要求性能が異なるため、アサルトライフル同様一概に語れる武器ではないのだが、おおむね以下のような特徴を持つ。
まず必要なのは、遠距離の敵を確実に殺傷する射程。
一方でスナイパーライフルほど遠距離に特化してしまうのもまずい。選抜射手はあくまで歩兵。最前線で活動する以上は不意の遭遇戦は避けられない。分隊の仲間がアサルトライフルや分隊支援火器によって近接戦闘に対処することはできるが、選抜射手も足手まといにならない程度には活動できなければならない。
そこで遠距離に振り切ってしまうこともないよう、発射機構は基本的にセミオート。フルオートでの発射機能を持ったものもある。
もう一つ重要なのが補給の利便性。狙撃兵よりも数がずっと多くなる選抜射手のために専用の弾薬を用意するのは兵站に負担がかかってしまうため、できることなら機関銃なんかと弾薬を共有できたほうがいい。
専用設計だったり、M14のように旧型小銃の改修品だったり、あるいは64式狙撃銃のようにアサルトライフルに遠距離用の照準器を乗せただけだったり、SVDのように射程が短めの狙撃銃がこの位置に納まったり、G8のように精度が高く単射ができる軽機関銃に光学照準器を載せたり、と姿かたちも開発経緯も国によってさまざま。

主なマークスマンライフル

M14
64式狙撃銃
FN FAL
H&K_G3
HK11(G8)
HK417
L86
SR-25
SVD


関連タグ

アサルトライフル バトルライフル 狙撃銃

pixivに投稿された作品 pixivで「マークスマンライフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4224

コメント