ピクシブ百科事典

H&K_G3

げべーあどらい

H&K社の最高傑作小銃。
目次[非表示]

概要

Gewehrとはドイツ語で小銃という意味。G3の日本語訳は3号小銃
 元々は政府がモーゼル社で開発していたStG45(M)を原型としている。
(完成する前に戦いに負けたため、開発は頓挫したが、開発者達がスペインの小火器研究開発機関であるCETME(Centro de Estudios Técnicos de Materiales Especiales)に移り、セトメモデロAという名で完成した)
 7.62mmNATO弾に対応したアサルトライフルを当初はG1としてFALを購入、しかし供給不足であったFALをドイツ国内でライセンス製造することをベルギー政府に拒否された為に代わりとなるアサルトライフルが必要となり、SIG StG57(G2)、セトメモデロ58(G3)、アーマライトAR-10(G4)の三艇を新主力ライフルとしてトライアルを実施した。
 トライアルの結果、H&K社とセトメが共同開発したセトメモデロB(スペイン軍での採用名モデロ58。H&Kからの技術提供により、7.62mmNATO弾に対応できるように強化されている)が選抜され、セトメの承認の元にH&K社が追加改良を施され、G3の正式名称で1959年に採用された。
 動作方式はローラーロッキングディレードブローバックを採用。
 元々は7.62mmNATO弾をそのままではなく減装弾仕様で使用する設計であった為に長期間使用するとプレス製フレームが歪む、ボルトストップがないといった欠点があったものの、その汎用性の高さ、扱いやすさ、銃としての性能の高さ、全てをとっても完璧な仕上がりとなり、後に四大アサルトライフルの一つという称号を手にする。
 訓練期間の短縮とコストの減少を目的として操作方法が全く同じ数多くの発展型が生まれている。
 G3にも後継銃が必要となり西ドイツ時代にはG11が、東西ドイツ統一後はG36が開発された。
 が、元々の性能の高さもあり(新型のHK417に勝るとして評価されている)現在でもドイツ連邦軍DMRとしてG28と共に使用されている。

基本データ(G3A3)

全長1,025mm
銃身長450mm
重量4,340g
口径7.62mmNATO
装弾数20発


発展型

  • G3SG/1 - 命中精度の良いG3に二脚とスコ-プを付けたモデル。
  • MP5 - G3の9mmサブマシンガンモデル。
  • HK33 - G3の小型版。5.56mm弾仕様。
  • PSG-1 - G3ベースの狙撃銃。
  • MSG-90 - PSG-1の軍用モデル。
  • G8(HK11) - G3の機関銃モデル。マガジン給弾方式。
  • HK21 - G3の機関銃モデル。ベルト給弾方式。
  • HK32 - 7.62×39mm弾仕様。
  • HK51 - アメリカのカスタムモデル。G3のサブマシンガンモデル。SMGなのにベルト給弾方式のものも存在。
  • MC51 - FRオーディナンス社が小型化した7.62mmサブマシンガンモデル。
  • G41 - STANAGマガジン使用の5.56mm弾仕様。


関連イラスト

G3姉
オリキャラ3人目



関連タグ

アサルトライフル バトルライフル H&K G3 StG44 じーすり

pixivに投稿された作品 pixivで「H&K_G3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13580

コメント