ピクシブ百科事典

千葉さおりの編集履歴

2011-05-11 13:40:54 バージョン

千葉さおり

****とは、放浪息子のキャラクター。
CV:南里侑香

さて・・・



概要

修一たちの友人。通称「さおりん」。兄弟はなく、一人っ子の長女。連載開始時は小学5年生で、修一と同学年で同じクラス。
6年生時は1人だけ別のクラスになってしまうが、中学1年生時は同じクラス。よしのと同じく2年生時は修一と別クラスになったが3年生時は再び同じクラスになった。
情緒不安定な性格で、独特の感性の持ち主。周囲の目を気にしない自己中心的な行動が目立つため、一部の女子からは嫌われているが、容姿端麗なことから男子からは人気がある。普段はおとなしいが、感情的になると過激な行動に走る“デンジャラスビューティー”。修一に強く執着しており、彼の性癖をからかわれると本人の代わりに相手に激情をぶつける事が多い。桃子とは不仲で、千鶴のことも嫌っている。
内心ではよしののことを大切な友人だと信じているものの、よしのに対して嫉妬心を抱いており、素直に向き合うことができない。修一とよしのがクラスの噂になった際、修一に告白するが、同じ日に修一はよしのに告白しており、ふられる形となってしまう。 中学入学後はかなこに誘われる形でバレー部に入部するが、入学直後のさおりとよしのは冷戦状態にあり、よしのと共に女子バスケット部に誘われていたかなこがさおりとよしのの衝突を回避するために敢えてバレー部に(さおりと共に)入部した。
中学1年の文化祭の終了後、演劇部にスカウトされる形でバレー部を辞めて修一と共に演劇部に入る。しかし、修一が安那と付き合っているのを知ってショックを受け、学校に行かなくなる。そんな中、よしのに繰り返し仲直りを持ちかけられ、彼女への嫉妬心が次第に好意へと変わってゆく。さおりは学校に再び通い始め、よしのと親しく付き合うようになるが、修一への未練を隠すことができない。そんな中、中学3年生のクリスマスにかねてから好意を寄せられていた文弥に交際を申し込まれる。

関連タグ

放浪息子