ピクシブ百科事典

玉藻の前(ヤミと帽子と本の旅人)の編集履歴

2020-08-03 22:51:02 バージョン

玉藻の前(ヤミと帽子と本の旅人)

たまものまえ

『ヤミと帽子と本の旅人』の登場人物。

概要

CV:木村あやか / 氷上恭子(テレビアニメ版)


『ヤミと帽子と本の旅人』の登場人物。

宇宙庭園の世界に登場。

宇宙庭園の主である九尾の狐。妖艶な姿の女性。普段は自室で酒を飲んだくれている。世界の秘密を知っており、時折り意味深な発言をする。

尻尾から自分の分身を作りだすことで、分身たちに異なる世界で様々な体験をさせている。ただし、グラフィック上尻尾が減っている様子はない。


テレビアニメ版でも宇宙庭園の女主人。普段は飲んだくれているが、蛙に変えらえていたマリエルを救ってメイドとして宇宙庭園に住まわせたり、ガルガンチュアに愛について説くなど、人生の機微に通じており、懐の深い人物。

蛙に変えられていたマリエルを簡単に元の姿に戻したり、ヤミの纏う目玉つきの帽子(ジョウ・ハーリー)を片手で軽々と持つなど、強力な力の持ち主。


余談

『ぷにぷに☆はんどメイド』では『図書館世界の上位世界』仙界の最高神の一柱。宇宙の卵から還った時に、その黄身が二つにわかれ、玉藻の前と九翼の天使ミカエルとなり、その余りで仙界ができたとされている。


関連タグ

ヤミと帽子と本の旅人 マウ