ピクシブ百科事典

アイム・ライアード

あいむらいあーど

第2次スーパーロボット大戦Zに登場するオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV・安元洋貴
機動兵器アリエティスを駆る謎の男。ガイオウがインサラウムを滅ぼした後、突如として姿を現した。
それ以降はクロウの前に現れ、巧みな嘘をついて彼を困惑させていく。
局地的な次元震を起こす事が可能で、次元獣ヘテロダインを呼び出した事もあった。
名前の由来は『I'm Liar(アイム ライアー)』、つまり『私は嘘つきです』。名は体を現すとはよく言ったものである。

なお、彼のセリフから聞いてとれるように、彼も何から何まで好き好んで全て嘘をついているわけではないらしく(「己の感情すら偽らなければならない」という発言)、また感情が高ぶると「青い雲、白い空」などといった支離滅裂な発言をしたり、急に意味不明な呪文らしきものを唱えだしたりと、とにかく真面な会話ができなくなる。
それは、彼が持つスフィア(アサキム曰く、偽りの黒羊)に原因があり、嘘をトリガーとするそのスフィアに初登場段階からかなり取り込まれており、真実を話したり正しく発言したりすることが困難になっていたことも原因となっている。

容姿

銀髪か灰髪の少しボリュームのある短髪に左水色右赤紫色を目をもつヘテロクロミアが特徴の男。

そして…(再世篇ネタバレ注意)

アサキムにスフィアを狩られ死亡したと思われたが、スフィアの力でその死すらも偽り、生きていた事が発覚。アークセイバー団員『ケビン・マクラーレン』という嘘の経歴を使ってインサラウムに潜伏し、ZEXISとの戦いでわざと捕虜となって情報を提供した。
そこで集めた次元力でZEXISとZEUTHの多元世界を繋ぎアンチスパイラルの人類抹殺プログラムを発動させ、バイアランゲルズゲーなどのZEUTHの多元世界に存在したMSをアロウズに提供したのも彼の仕業である。
また、ゼロレクイエムを始めとするに満たされた世界は「偽りの黒羊」にとって最高の舞台であり、前述したように自らの死や姿を偽り、更には大量の自分を生み出したり等の能力を発揮している。
本人曰くスパイラルネメシスと共に来る何かが目的だったようだが、アサキムの持つ知りたがる山羊のスフィアによってその本性が明らかになる。

その本性(再世篇ネタバレ注意)

スフィアに覚醒する前の名はハーマル・アルゴーと言い、
スフィアと思わしきオーパーツを研究していた平凡な人物で自らの破滅に怯える臆病者であった。

注意

普通にアイムで検索すると、海賊戦隊ゴーカイジャーアイム・ド・ファミーユ
一緒に出てくる事があるので注意しよう。

関連タグ

第2次スーパーロボット大戦Z アリエティス
聖インサラウム王国 ガイオウ シオニー・レジス
クロウ・ブルースト アサキム・ドーウィン

pixivに投稿された作品 pixivで「アイム・ライアード」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80228

コメント