ピクシブ百科事典

インペリアルクロス

いんぺりあるくろす

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『ロマンシングサガ2』に登場した陣形の一つである。
目次[非表示]

概要

ロマンシングサガ2には陣形と呼ばれるシステムがあり、陣形によって様々な恩恵や補正が得られる。その中で「インペリアルクロス」はゲーム開始時から使用できる陣形で、リーダーの皇帝を中心に、残り4名が前後左右に位置することで十文字の隊形を取る陣形である。攻略本によると「バレンヌ帝国伝統の陣形」であり、ゲーム開始直後は自動的にこの陣形となっている。

図解 
 (←前)
□ □ 4 □ □
□ □ □ □ □
3 □ 1 □ 2
□ □ □ □ □
□ □ 5 □ □

3に攻撃が集中し、逆に2には殆ど攻撃が行かない。また3には防御補正が加わるため、構造は単純ながら堅固な陣形となっている。打たれ強いキャラを3に、打たれ弱いキャラクターを2に配置するのが定石である。

こう説明すると中々使い勝手の良い陣形と思われるが、2・3の二名には素早さが下がるデメリットもあり、3の防御補正が掛かるのが行動後であるため、素早さの遅いキャラを配置するとそのメリットを殆ど得られなくなってしまう(2の防御補正は行動前)。その為、初期メンバーで前衛にされがちなベアは素早さが低い為、実は防御補正は殆ど受けられない。
更に1(皇帝)を中心に縦横が綺麗に並んでいるため、攻撃範囲がライン状の特技の対象が増加してしまうというデメリットがあり、多くの場合ゼラチナスマター戦で3人が殺されるという経験をすることになる。

ゲームが進めば使い勝手の良い陣形をどんどん覚えていくため、次第に出番が無くなっていく陣形と言える。しかし皇帝が代替わりすることで新たな陣形を発明するというシステムであるため、ジェラールや帝国兵の代が続くと必然的にこの陣形を使い続けることとなり、また場合によってはフリーファイトとの完全な二択となることもある。

余談であるが、最初にこの陣形を使うときのレオン皇帝の台詞の印象が強く残っているプレイヤーも多い(下記「ガイドライン」参照)。

インペリアルアロー

物語も佳境に入り、インペリアルガードが皇帝となった時に発明できる陣形。

図解
□ □ □ 4 □
□ □ □ □ □
3 □ 1 □ 2
□ □ □ □ □
□ □ □ 5 □

インペリアルクロスの発展型であり、クロスよりも攻撃が3へ集中しやすくなっている。また欠陥であった2・3の素早さ低下がなくなり、それどころか(2以外の)メンバーの素早さが増加、行動後防御補正が付与されるなど、より堅固となっている。……とはいえ、この作品の終盤の戦術は「殺られる前に殺る」なので、やはり出番はあまり多くない。敢えて言うなら3のメンバーを謀殺することに使えるくらいか。同じく防御に特化したムー・フェンス、ホーリーウォールとは素早さ補正や被弾率の都合で使い勝手が異なるため、上手く使い分けたいところである。

インペリアルクロスという陣形のガイドライン

原文
「よいかジェラール
 我々はインペリアルクロスという陣形で戦う。
 防御力の高いベアが前衛、
 両脇をジェイムズとテレーズが固める。
 お前は私の後ろに立つ。
 お前のポジションが一番安全だ。
 安心して戦え。」

改変
「よいかジェラール。
 我々はインペリアルクロスという陣形で戦う。
 防御力の高いベアが後衛、
 両脇をジェイムズテレーズが固める。
 お前は私の前に立つ。
 お前のポジションが一番危険だ。
 覚悟して戦え。」

インペリアルクロスという陣形のガイドライン過去ログ集

http://f41.aaa.livedoor.jp/~icesword/in.html

関連タグ

Sa・Ga ロマンシングサガ2 帝国重装歩兵

pixivに投稿された作品 pixivで「インペリアルクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345719

コメント