ピクシブ百科事典

エミル・キャスタニエ

えみるきゃすたにえ

エミル・キャスタニエとは、RPG『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』の登場人物で、主人公である。
目次[非表示]

プロフィール

年齢16歳
身長169cm
体重60kg
属性
一人称(ラタトスクモード時は「」)
CV下野紘


概要

本作の主人公
ロイド・アーヴィングが起こしたとされる「血の粛清」で両親を殺された少年。
その後は母の遺言に従い叔母夫婦のもとへ向かい、希望の街ルインで暮らす。

普段は気弱で素直な性格。家事を手伝っていたので料理上手。
ルインでは英雄視されているロイドを前述の件で憎んでいたことから、街では邪魔者扱いされていた。
ある日、苛められていた所をリヒター・アーベントに助けられ、「勇気は夢を叶える魔法」という言葉を教わる。
洞窟でリヒターと対峙していたマルタを守るためにテネブラエと契約を交わし、ラタトスクの騎士となる。

ロイドの件は世界再生に関わった彼の仲間達との出会いを経て、また「血の粛清」の真実が発覚したことで誤解と分かり、ロイド本人とも和解する。

容姿

アホ毛のある金髪褐色の肌が特徴の少年剣士。
瞳の色は緑だが、後述のラタトスクモード時は赤色の瞳になる。
黒いマフラーが特徴の服を着ており、これはラタトスクの契約時に変わった。
作り手はテネブラエ。

元の服契約後
らくがきんちょ。
エミル

ラタトスクモード

ラタトスクの力が覚醒すると「ラタトスクモード」と呼ばれる状態となり、粗暴で好戦的な性格に変わる。

そんなにやられたいなら、相手してやるぜぇえええ!!!


主人格であるエミルのことを弱いと嫌っているが、粗暴ながらもマルタのことは大切にしている。またエミル同様料理上手だが、盛り付けはかなり雑。


ネタバレ注意

その正体は、一万年以上前にデリス・カーラーンから植樹された大樹カーラーンの精霊ラタトスクそのものであり、ラタトスクモードこそが本来の人格である。
エミルの人格はラタトスクが自分を守るために作り出した擬似人格であり、その姿は以前ラタトスクが殺したある人物の親友「アステル」という少年を元にしている。本物の「エミル・キャスタニエ」は全くの別人であり、「血の粛清」の時に両親と共に死亡している。
テネブラエはそのことを最初から知っており、「ラタトスクの騎士」としての契約も実際はラタトスク本人を目覚めさせるために行ったことである。

「血の粛清」の時にラタトスクはアステルの姿になり目覚めるも、その時点ではまだ擬人格は作られておらず、ぼんやりとした中で炎に包まれたパルマコスタを歩いていた。その時に絶命寸前の本物のエミルの母親に声をかけられ、もう目が見えなかった彼女に息子エミルと間違えられた。そのエミルの母の話を元に、ラタトスクは「エミル・キャスタニエ」という擬人格を作り上げ、エミルの母の言葉に従いエミルとしてルインへと向かった。幸いにも叔父と叔母は本物のエミルとは全く面識がなかった為、ラタトスクは疑われることなく「エミル・キャスタニエ」としてルインで過ごすようになった。

余談だが、前述のとおり実年齢は一万歳以上(裏設定上でのテイルズ史上最年長)、しかし本編で主に活躍する擬似人格エミルが生まれたのは半年前(裏設定上でのテイルズ史上最年少)、おまけに基になった肉体年齢は18歳(つまり2歳の年齢詐称)という、ちょっと無茶苦茶な記録を達成している。


他の作品での活躍


テイルズオブザレイズ

OPムービーに登場したりクレジットにて声優名が存在するため、参戦する可能性が高い。
登場時期や魔鏡技等は不明。


余談



関連イラスト

pixivでのタグはエミルが主流。
テイルズラタトスクと併用して検索すればほとんどのイラストが見つかるはず。

エミル
ダブルエミル




関連タグ

テイルズ ラタトスクの騎士 TOS-R
マルタ・ルアルディ テネブラエ 
リヒター・アーベント アリス デクス

エミマル

pixivに投稿された作品 pixivで「エミル・キャスタニエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221551

コメント