ピクシブ百科事典

ガッシュ・ベル

がっしゅべる

ガッシュ・ベルとは、「金色のガッシュ!!」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:大谷育江(1話 - 140話)
CV:吉田小南美(141話 - 最終話)

金髪で、紺色(原作では緑色)のマントを身にまとった魔物の少年。貴族の様な口調で、口癖は「うぬぅ」。瀕死状態だった所を高嶺清太郎に助けられ、その恩返しとして彼の息子高嶺清麿を鍛え直すため日本へやって来た。「魔界の王を決める戦い」の100人の王候補の中の1人で、魔界では落ちこぼれだったが、コルルの言葉で「優しい王様」を目指すことを決意する。実は現魔界王の息子であり、ゼオン・ベルの双子の弟である。

過去

王の修羅なる心を受け継いだゼオンでは『バオウ』を暴走させてしまう、という懸念からバオウを受け継ぎ、その存在を隠すために庶民であるユノという老婆の所に預けられた。

しかし、冷酷なユノからは棒で叩かれ家事を強いられるなどの虐待を受け、挙句に家族の存在を問うも『お前にそんなものはいない』という答えに痩せこける程に追い詰められる。

しかし、ユノと金を届けに来た王城の使者の会話を聞いて、自分に両親や兄がいることを知り、それを希望に立ち直る。この頃に現在の口調を「家族に気づいてもらえる様に」という発想で使い始めた。

本(魔本)の色は赤。電撃の術を得意とする。大半の術が口から出ており術を発動した場合ガッシュは気絶してしまうというデメリットがある。そのため最初はガッシュ自身が術を出したことに気づかなかった。
その弱点は清麿のコンビネーションで補うことでカバーし適切に攻撃を当てている。
またマントは体の一部のように伸び縮みと再生をするため、原作終盤ではそれを利用した戦いができるようになった。
作中中盤から呪文そのものの力不足、特に最大攻撃力の不足が目立つように成り、そこを清麿の知略とザグルゼムによってカバーするという戦い方が基本だったが、リオウによって清麿が死亡、更にその死を侮辱したリオウに対し、ガッシュが激しい憎悪を抱いた事で『バオウ』の雷の力が目覚め、それに伴って呪文が大幅に強化され、新しい呪文を覚えるなど、格段の強化を遂げる事となった。

ザケル

第一の呪文。口から電撃を出す。場合によっては「ギガノ」級の呪文を打ち破る威力を持つ。
戦い以外の利用法にあの人等、ボケキャラに対して突っ込みの一撃として撃つというのがある。最初はページの一部の行のみで「ザケル」と読めていたが、強化後はページの行全てで「ザケル」と読めるように成り、ギガノ級以上の威力を発揮するようになった。

ラシルド

第二の呪文。地面から電撃の盾を出し敵の攻撃を防ぎ跳ね返す呪文。
物語が進むと跳ね返すことが困難になり、壊されることが多いがザグルゼムの術で強化されるなど後半から活躍できるようになっている。強化後はギガノ級を無傷で弾き返せる強度を得た。

ジケルド

第三の呪文。金属がある場所でないと使えないが相手に放てばで金属に張り付いて相手を束縛させることができる。条件付きの呪文のため、原作で使用したシーンは数えるほどしかないがアニメでは原作よりも多く使用された。

バオウ・ザケルガ

第四の呪文。特定の条件を満たさないと使えない最大呪文で電撃が龍の形となって相手に突撃する。
原作やアニメ最終回まで使われた最強の必殺技で使ってしまうと清麿が倒れてしまうほど体力がなくなってしまうデメリットがある。しかし、ザグルゼムの強化なしではディオガ級の呪文と正面から当たると力負けしてしまう。

その正体はガッシュの父、魔界の王が千年間鍛え上げた最強の呪文であり、ファウードと並ぶ魔界の脅威。原作アニメ両方ゼオンがガッシュにこだわる理由のひとつである。
アニメではブラゴの合体呪文によって黒く変貌する。

原作では清麿の死を侮辱されたガッシュの憎しみに呼応して真の力を解放し、それに伴ってガッシュは大幅な強化を遂げた。しかし、ゼオンに追い詰められるまで清麿は強化されたバオウに異様さを感じており、使用を躊躇していた。

実際、この真のバオウはそれまでとは桁外れの力を発揮するが、使用できるようになって当初はガッシュと清麿の体をバオウが喰うというとてつもない負担が襲い掛かってくる。
バオウは本来、敵対するものの悪しき心や力を食らう呪文だったが、それらを平らげる内にいつしかバオウ自体も悪に染まり、術者すらも食らう恐ろしい呪文に成り果ててしまった。

年老いた王ではこのバオウを制御しきれなくなっており、自分の子供に受け継がせようとするも、王の修羅なる心を多く受け継ぎ、怒りや憎しみを抱きやすいゼオンではたちまちバオウに食い尽くされてしまう為、ガッシュに受け継がせた上で生まれなかったことにしてその存在を隠した。
しかし、ガッシュと清麿の強い意思によって制御に成功。最上級であるシン級の呪文とも渡り合える凄まじい威力を発揮した。

ザケルガ

第五の呪文。ザケルの攻撃を槍のように直線的に放つ呪文。
これにより相手の装甲を貫いたり、適切に部位攻撃ができる。
強化後ではファウードの細胞によって強化された魔物のギガノ級を一方的に打ち破る程。

ラウザルク

第六の呪文。この術を使えばそれ以外の呪文と併用して使えないがガッシュの身体能力を大幅に上げる強化呪文。
ガッシュが気絶しなくても発動できる珍しい呪文である。

ザグルゼム

第七の呪文。雷のエネルギーを纏った電撃を放ちそれに当たった所に電撃を打ち込めば電撃のエネルギーが反応し威力が上がる強化呪文。
何度も当ててバオウ・ザケルガで止めを刺したり、連鎖を作り電撃を誘導させたり等、応用が多い。
ファウード編の途中まではガッシュ、清麿コンビの戦術の要と言える呪文だったが、ガッシュの強化後は使わなくとも充分相手に通じる攻撃力が備わったことや呪文そのものを消し去る相手の登場等によって使用頻度は激減した。

ガンレイズ・ザケル

原作で清麿復活後で出た呪文。ガッシュの背後に8個の太鼓の様な物体が出現し、そこから小さな電撃の弾を多数放つ呪文。
ガッシュが気絶するため清麿がガッシュを抱えながら攻撃している。

テオザケル

原作で清麿復活後で出た第九の呪文。ザケルよりも高威力で広範囲の電撃を放つ。

バオウ・クロウ・ディスグルグ

原作で清麿復活後で出た呪文。ガッシュ自身が気絶しない術である。
巨大なバオウ・ザケルガの腕が出現しガッシュの腕の動きに反応し大きな爪で相手を切り裂く。

マーズ・ジケルドン

原作で清麿復活後、第十一の呪文として発動した。磁力を持つ大きな球体を放ち、相手の術を弾いたり、相手を球体の中に引きずり込んで閉じ込める。
閉じ込められた相手は動いてしまうと電撃のダメージを喰らう。

エクセレス・ザケルガ

原作の対クリア戦で新たに得た呪文。上空や自身からX状の電撃のビームを放つ。

ジオウ・レンズ・ザケルガ

原作の対クリア戦で新たに得た呪文。蛇状の電撃を放ち相手を貫く、もしくは術自体の鱗部分を分裂させ多方向から攻撃する。
分裂した電撃に関しては清麿がコントロールしている。

シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ

原作版で出たバオウ・ザケルガの強化版。魂になった魔物候補の力によってバオウが更に巨大な龍となって敵を喰い尽す。

バルド・フォルス

アニメ劇場版で出た呪文。ワイズマンによって追い詰められたときティオ、キャンチョメ、ウマゴンと共に唱え巨大な黄金の鳥を出現させた。

関連イラスト

ジオウ・レンズ・ザケルガ



関連タグ

金色のガッシュ!! 金色のガッシュベル!! 高嶺清麿

pixivに投稿された作品 pixivで「ガッシュ・ベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149474

コメント