ピクシブ百科事典

ガモウひろし

がもうひろし

日本の漫画家。漫画原作者。および『幕張』の主人公。
目次[非表示]

埼玉県越谷市出身・在住(出生は東京都)の漫画家。既婚者で二児の父。代表作は『とっても!ラッキーマン』。

ヒーローを主人公にしたギャグ漫画が多い。

漫画家として

画力はあまり高くはなく....というかはっきり言ってプロ漫画家の水準ではなく、ラッキーマン連載時には「ジャンプで一番絵が下手」とまで評された。作中でも登場キャラが「作者より上手い投稿をしてどうする」「私だってガモウのへたくそなんぞに描かれたくはなかった」などと自虐している。

しかしガモウは「絵はうまいにこしたことはないが、漫画に大切なのはです」と語っており、その言葉通り、全188話もの長期に渡り決して手を抜かず連載を続けている。

クダラナいギャグや駄洒落も多いが、結構頭を使う展開も多く、(絵の表現力が乏しいことも相まって)終盤では台詞が多めになることも多々あった。

大場つぐみとの関係

岡田斗司夫が「大場つぐみの正体はガモウひろしなんですよ!」とリークするまでもなく、作風や画風からも『デスノート』や『バクマン。』の原作者大場つぐみと同一人物ではないかと広く噂されている。
集英社サイドでは、この件に関しては否定も肯定もしていない。

『幕張』の主人公として

木多康昭の作品でたびたびネタにされ、『幕張』では主人公ということにされている。

関連イラスト

バックーマン01P
ピクシブたん

pixivに投稿された作品 pixivで「ガモウひろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39125

コメント