ピクシブ百科事典

キビヤック

きびやっく

キビヤックとは、イヌイット民族に伝わる発酵食品である。

概要

北方の狩猟民族・イヌイットに伝わる保存食。
シュールストレミングくさやと並び、世界で最も臭い食べ物と呼ばれている。
どれほど臭いかと言うと、「絶対食べたくないもの」と生銀杏それぞれの臭気を混ぜ合わせたような凄まじい代物である、との証言もあるくらいなのでその悪臭ぶりが推測出来るだろう。
ただし、肝心の味については、その悪臭ぶりに反してなかなかの美味であり、地元の人々の中には後述のどろどろに溶けた内臓部をパンに塗って食べる剛の者もいるくらいである。
栄養価の方もかなりのもので、発酵によってビタミン類が豊富になっているため、寒冷地在住故に野菜がなかなか摂れないイヌイットの人々の貴重なビタミン源になっている。

作り方

1.アザラシの腹を裂き、皮下脂肪のみ残して内臓と肉をすべて取り出す
2.袋状になったアザラシの内部に海鳥(ウミツバメやツノメドリなど)を数十羽程詰め込む。詰め込む際、羽は毟らない。
3.アザラシの腹を縫い合わせる。
4.地面に掘った穴に埋め、キツネなどに盗られないよう重石をしっかりと乗せて、2ヶ月から数年間放置・熟成する。

食べる時は肛門から(熟成でどろどろに溶けた)内臓を吸い出し、それから羽を毟って肉を食べる。
その様子はかなりグロい。

pixivに投稿された作品 pixivで「キビヤック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26632

コメント