ピクシブ百科事典

キングハサン

しょだいはさんさっばーは

オンラインゲーム『Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

我が面は翁の死。我が剣は翁の裁き。
我は山の翁にとっての山の翁。
――――すなわち。ハサンを殺すハサンなり。

プロフィール

真名"山の翁"
性別???
身長192cm
体重120kg
出典中東
地域中東
属性秩序・悪
ILLUSTRyota-H
CV中田譲治


概説

Fate/Grand Order』に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆5。

メインシナリオ第六章「神聖円卓領域キャメロット」にて初登場し、第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」にてゲスト参戦。そして、2017年1月11日(水)~25日(水)までの期間限定ピックアップ召喚で正式実装された。

なお、記事名である「キングハサン」の名前はあくまで主人公が仮称として付けた名前であり、作中では「"山の翁"」表記で統一されている。
プロフィールでは性別不明となっているが、第七章での描写やゲーム上では男性扱いとなっている。

真名

『初代』ハサン・サッバーハにして『最後』の"山の翁"。
牛のような立派な双角を備えた髑髏面の奥に青白い眼光を滾らせた底知れぬ人物。

暗殺教団においてただひとりの目撃者もいないとされたが、それもそのはず、この人物を見た者はその時点で命を終えている為だ(そのため、ハサンに成れなかった狂信者の少女は同じ時代に生きた百の貌を最後のハサンだと思い込んでいた)。
『山の翁』の始まりであった彼は、同時に教団の腐敗を断罪する監視者としての人生を選んだ。
神の教えのもと正しい教団ではあるが、その行いは人としての悪である事は免れない。だからこそ、この人物は教団が腐敗する事を許さなかった。神の教えを守る者たちが人の欲に溺れる。それこそが、神への最大の冒涜となるからである。

教団の腐敗とは、即ちトップである『山の翁』の堕落である。精神の堕落であれ技術の堕落であれ、衰退した者に『山の翁』の名は与えられぬ。衰退には即ち死の引導を。首を断つ事で罪の許しとし、次の『山の翁』に託す希望となる。
実際、自己評価の低い静謐のハサンは、彼に殺害されたことが唯一自分の残せた功績と語っている。

暗殺者を暗殺する、という破綻した役割に大義を与えるため、この人物は隠し武器・暗器ではなく、正面から戦う大剣を武器に選んだ。この髑髏を目にした時こそ、その人間の終わり。
教団の教義を違えた愚か者に鉄槌が下される時、髑髏の剣士の姿を見た者はこの世から消え去るのだ。

数々のアサシンを葬り去って来た彼は、暗殺教団が滅びるまでその闇に潜んでいたという。 生きた伝説にして、誰一人として目撃者のいない暗殺者の深淵。それがこの髑髏の剣士である。

活躍

第六章「神聖円卓領域キャメロット」では、戦力不足であったことを痛感したカルデア陣営がハサン達による提案で彼が隠遁している「アズライールの聖廟」を訪れた事で、彼らと初対面。静謐のハサンを使った試練をクリアした主人公達の前に現れて言葉を交わし、自分の言いつけを守る事を条件に助力を確約した。
そして同章後半にて再登場。その圧倒的な実力を見せつけた。

第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」にてウルク市民の中にひっそりと紛れこみカルデアのマスターの前に、メソポタミアの洪水神話の登場人物である「ジウスドゥラ」を名乗る老人の姿で現していた。
既に会っていたという縁を辿り、自ら冠位を捨ててまで本格的に姿を現し、人類悪の討伐で大きな助力となった。

能力

実力は彼以降のハサン達とは一線を画している。暗殺者ではあるが、剣を使う剣士である。その詳しい能力は不明だが、肉体を改造して暗殺兵器となった彼以降のハサン達とは違い、運命によって殺すというものらしい。直死の魔眼を彷彿とさせる能力だが、関係ない全く別の技術であるとの事。

その能力は直接見せてはいないが、ギフトで強化されて常時無敵状態であるガウェインを難なく足止めしたり、魔力すら感じないのに砂嵐を引き起こしたりと、作中で確認できる描写は完全に暗殺者の枠組みを超えている。本気になれば獅子王の軍勢を止めることができたのではとガウェインに疑われている。
更には死の概念が無い存在にすら死をも与えることが可能

当然暗殺者としても圧倒的で、『光輝の大複合神殿』の最奥に居たオジマンディアス首を斬られてから初めて存在に気づいた。そして神殿の再生能力で死にはしなかったものの首が繋がるまでにかなりの時間を要したと言う、想像を絶する隠密能力と殺傷能力を持つ(本来であれば、大複合神殿内でのオジマンディアスはたとえ霊核である心臓を、アーラシュの対軍宝具級の狙撃によって破壊されても瞬時に再生するほどの不死性を誇る。そんなオジマンディアスですら修復に長時間を要するので、どれだけ規格外の殺害能力かが伺える)。

Dr.ロマンは彼のクラスがただのアサシンではないことに気づき、その事を指摘しかけたが彼によって(別次元からの通信を「斬る」ことで)黙らされた。言いかけたクラスの続きを推測するならば、ソロモンに続く2人目の冠位(グランド)を冠するサーヴァント「グランドアサシン」と思われており、第七章にて冠位を持つということを明言した。
冠位を捨てて、通常のサーヴァントと同じ霊基になっても技量には微塵も衰えが無いほどに凄まじい。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BABEEA


スキル

戦闘続行(EX)名称通り戦闘を続行する為の能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負ってなお戦闘可能。「往生際の悪さ」あるいは「生還能力」と表現される。EXランクともなれば最早、運命が彼を活かすと言っても差し支えない程だろう。
信仰の加護(A+++)一つの宗教に殉じた者のみが持つスキル。加護とはいっても最高存在からの恩恵ではなく、自己の信心から生まれる精神・肉体の絶対性。
晩鐘(EX)葬礼を人々に知らせ、死の訪れを響かせる晩鐘。その儀礼と一体化した結果発生した特殊スキル。この剣士は自分の意思で殺す相手を選ばない。その相手が「死ぬべき時を見失った」亡者と化した時、天主に成り代わり救済を与える。すべては天の意思であり、天の意思であるが故、この剣士と対面してしまった者は運命の終わりを知る。――――聞こえるか、この鐘の音が。それこそ汝の天運の果て。受け入れ、魂を解くがよい。それが、人として安らかに眠る最後の機会である。
対魔力(B)三節以下の詠唱による魔術を無効化。大魔術・儀礼呪法など大掛かりな魔術を持ってしても傷付けるのは難しい。
気配遮断(A)自身の気配を消すスキル。かつて修得していたものの残滓。強力な呪いを帯びたこの剣士は、例え隠密行動判定を完全に成功させたとしても“これから殺す相手”に自分の存在を感知されてしまう。
単独行動(B)マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。マスターを失っても2日は現界可能。
境界にて(A)幽谷の境界を歩み続けた事で得た能力。彼の振るう剣には全て即死効果が備わっている。また、幽谷にあるものは死に慣れ、同化しているため、即死耐性と魅了耐性を獲得する。


宝具

死告天使(アズライール)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1
  • 最大捕捉:1人
汝、死を畏れよ



彼が生涯振るい続けた大剣による斬撃。
詳細は個別記事を参照されたし。

ゲームでの性能

HP:13,338にATK:11,848と、両ステータスが実装時点2位という、ハイスペックなバランス型。
冠位指定は伊達ではない。
しかし《Quick:1/Arts:1/Buster:3》と、アサシンにあるまじきゴリゴリのBuster偏重という、これまた異彩を放つカード配分をしている。

スキルはガッツ(HP0から一度だけ復活)状態付与の「戦闘続行(EX)」、自身に3ターン弱体耐性UP&HP大回復&1ターン防御UP&3ターン攻撃UPの高性能キメラスキル「信仰の加護(A+++)」、1ターン自身のBuster性能UP&敵全体の即死耐性DOWNの「晩鐘(EX)」、と耐久と火力補助を併せ持っているバランス型。
どのスキルも高性能を誇るが、特筆するべきは戦闘続行(EX)で、スキルLvに応じて復活時にHPを3000~5000回復とガッツ系スキルではダントツの性能で、抜群の安定性を誇る。更に信仰の加護を重ねると、両方ともスキルLv10ならやられたと思ったらHP7500まで回復していたという味方側では中々見れない光景を拝める。
更に固有のパッシブスキルとして、クラススキル「境界にて(A)」を持つ。
その効果は【即死攻撃無効化&強力な魅了耐性&通常攻撃に極低確率で即死効果を付加】という仕様。
ただし“極低確率”の表記の通り、即死耐性のない相手であっても「当たればラッキー」程度のもの。不意にタフな相手を即死させる浪漫もあれば、1撃目で程よく削って2~3段目は他のサーヴァントのNP回収に当てたいというような場合に容赦なく即死させるといった欠点もある。

宝具は個別記事を参照されたし。
呪腕のハサン以来となる「高確率で即死」が付随。加えて「晩鐘」で致死率が上がる。
また、アサシンクラスとしては貴重な〔宝具(B)BB→EX〕のBuster&Braveチェイン(全て同一サーヴァントのカードを選択して「Extra Attack」を繰り出すコンボ)を出せる。

ただし、即死は高難易度の敵やサーヴァントなどにはほとんど効かず、宝具の素の威力も低め。なので、弱い敵は即死し、強い敵は生き残ってしまうという状況が起き、肝心なところで効果が発揮できない。そのため、上記の通常攻撃を含めてを使用する場合は、キングハサンの売りであった即死に頼らない扱いが必要になる。

冠位に相応しい高性能アタッカーだが、同時に攻撃性が高すぎてパーティー編成が難しいという、同じ冠位級でパーティー編成を選ばないマーリンとは真逆の性質も抱えている。
ArtsもQuickもトップクラスの性能をしている一方、やはりゴリゴリのカード配分ゆえにそこまでNP効率やスター発生は高くないため、メインアタッカーに据えるならこれらを補えるサポーターを必要とする。オススメは言わずと知れた高性能サポーターのマーリンや諸葛孔明アンデルセン、凄まじいスター発生率でアサシンにとって重要なクリティカルの機会を大幅に増やすジャック・ザ・リッパー等か。
クリティカルさえすれば、3段目Artsクリティカルで素で40程度のNPを回収し、OverkillやNP回収UP礼装を併用すると80以上のNPを一気に貯める事も可能。
Quickもジャック級の性能であり、三段目に置いておくだけでかなりの量のスターとそれなりの量のNPを回収できる。
高い攻撃性、耐久のしぶとさの両面を持つため、実は単騎無双でも強い。
殿(しんがり)として控えていてもらうと、いざというときに場に居座って粘り勝ちしてくれることもある。

概念礼装はベタに初期NP獲得も良いが、3枚あるBusterカードの性能を上げる方向でも十分に安定する。他、スター供給役を連れておき、スター集中率UPの礼装を付けてBusterクリティカルによる瞬間火力で叩き斬るのも面白い。
即死成功率を上げる☆3「ヒュドラ・ダガー」も悪いわけではないが、FGOのシステムの仕様上、確率上昇は実はそこまで高くならなかったりもするので、あくまでロマン礼装の域といえる。
QuickとArtsの性能が良好なので、☆5「目醒め前」(Q/A/B全カードの性能を15%UP)との相性も良い。
なおネタと思いきや☆3「激辛麻婆豆腐」(HP回復量10%UP)とも噛みあう。

なお性別は「???」だが、水着サーヴァントたちの「ビーチフラワー」は対象となり、エドワード・ティーチの「紳士的な愛」やエリザベート・バートリーの「嗜虐のカリスマ」からは対象外のため、特効は無効化できるが一応は男性扱いらしい。

関連人物

他のハサン&教団関係者

なお、マイルームのボイスでは下記の歴代ハサンへの評価は厳しく、最後には必ず「首を出せ」と言う。少しぐらい褒めてやってはどうでしょうか初代様。

呪腕のハサン
後輩のハサンの1人であり、命を奪った相手。
第六章にて彼と再会。彼の要請に応える代わりに「全てが終わったらその首を貰う」と言う約束をした。そして、同章ラストでは…。

百の貌のハサン
後輩のハサンの1人であり、命を奪った相手。

静謐のハサン
後輩のハサンの1人であり、命を奪った相手。
第六章では、彼女の精神を支配した上で戦闘能力を強化する事で、カルデアのマスターへの試練の道具として使った。

Grand Order

藤丸立香
ハサン達と共に自らを訪ねて来た存在。静謐のハサンを利用しての試練を与えた上で彼らを認め、課題をクリアすることを条件に聖都侵攻の先陣を切る事を約束した。
ちなみに、「キングハサン」と言う通称の名付け親でもある。

オジマンディアス
彼の神殿内部へ一切気取られる事無く潜入し、その首を刎ねた(神殿の付加効果で死なずには済んだが、首の修復には時間が掛かった)。

獅子王
彼女の正体や目的を見抜いていたが、直接的に手出しをすることは無かった。

ガウェイン
第六章終盤で対峙。カルデアのマスターを先へ進ませるべく一騎打ちを挑んだ。自らが起こした砂嵐で彼の力を削いだ時は勿論、砂嵐が晴れて彼が通常時の3倍の力を出せるようになった時にすら、圧倒的な実力で彼を圧倒してみせた。
実装されたキングハサンのステータスを見たプレイヤーからは、この時の対決はカード的な意味でゴリラ対ゴリラの戦いだったと一部でささやかれた。

余談

奈須きのこ氏公式ブログ「竹箒日記」2016年12月14日(水)更新分によると、『GrandOrder』に登場するサーヴァントの中で、一番初めに戦闘ボイスを作ったキャラであり、奈須氏の思い入れもかなり強いキャラクターである。

彼はある意味で、定着してしまったFateハサンは新しい人が登場するたびに不憫な扱いを受ける」というジンクス染みた物を吹き飛ばした。
そういえば英雄王、あなた月の裏側でハサンに対して何と言っていたでしょうか

規格外な存在である彼が歴代19人のハサンに含まれたことで、『Fate/Apocrypha』の「歴代19人のハサン全員に対抗策が構築された」という設定や『Fate/strangefake』の「百の貌のハサン以外の歴代ハサンの奥義が使える」という設定のアサシンがどのように取り扱われるかが注目される。

ちなみに立ち絵だけを見ると口元も鎧に覆ってるように見えるが、最終再臨のイラストによると髑髏面から布が垂れ落ちているのがなびいてるのが確認できるために口元が布で隠されているというのがわかる。

マイルームのボイスの1つに「働け」とあるが、モデルであるハサン・サッバーフは暗殺者になる前は王に仕える御用学者として働いており、「1年掛かる王命の調査報告書作成を僅か40日で終わらせた」という逸話を持っている。
ただこの言葉について、バレンタインイベントにて「過度の労働は褒められたものではない。休息もまた、成すべき試練である」とも述べている為、彼が嫌う「怠惰」に溺れ無い様にプレイヤーの背中を押す、と言うニュアンスと推測できる。

バレンタインイベントではチョコレートを渡すとお返しとして「アル・ブクール」というお香をくれる。
どうやら物を贈られる事には慣れていないらしく、「不意を突かれた」と驚いている。
バレンタインデー自体は異教の催事(特に日本は更に異端)なのだが、それでも主人公の顔を立てた上で気遣いの品まで贈るあたり、彼の人としてのなりが知れるだろう。
なお、アル・ブクール(Al-Bukhur、البخور)というお香は実在し、その煙には魔を払う効果があると言う。主にアラブ圏で嗜まれており、どの家庭にも置いてあるほど一般的なものである。決してハシシではないのでご安心を。

上記の通り、彼の気配遮断スキルは「これから殺す相手には存在を気づかれる」と書かれているが、第六章で実際に斬られたオジマンディアスは首を斬られて(つまり実質殺されて)からキングハサンの存在に気付いたと発言しており、僅かに矛盾が生じている。
もっともこの時点ではまだ冠位は捨てておらず、グランド級の規格でA判定と考えた場合、そもそも気づくこと自体が無理ゲーという考え方もある。
加えて人理焼却の真相にすら勘付いていた節のある彼ならばオジマンディアスの性格や宝具の特性に気づいていてもおかしくなく、純粋に警告目的であったと考えれば納得もいく。・・・首をはねなければ牽制にならないと判断するあたり双方ともにぶっ飛んでいるというべきか。

関連イラスト

キングハサンさん。
蒼炎の暗殺王


キングハサンと愉快な仲間たち
キングハサン



関連項目

TYPE-MOON Fateシリーズ Fate/GrandOrder 
サーヴァント アサシン(Fate) グランドクラス
ハサン・サッバーハ キング破産 老兵 暗殺者 死神 髑髏

pixivに投稿された作品 pixivで「キングハサン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4973365

コメント