ピクシブ百科事典

グランドクラス

ぐらんどくらす

Fateシリーズに登場する、人類悪を滅ぼすための人類至高の7人の英霊
目次[非表示]

概要

Fate/GrandOrderに使用される英霊召喚術式のオリジナル。

既存の聖杯戦争で召喚されるサーヴァントの召喚システムは、古来より存在した人為的に「抑止の守護者」を召喚・使役する「決戦魔術・英霊召喚」を聖杯戦争に利用しやすいように格落ちさせたものに過ぎない。

本来の「決戦魔術・英霊召喚」で召喚されるサーヴァントの霊基は「冠位(グランド)」の名を冠し、人類最高峰の7名が召喚される。
「グランド」としての器で召喚された場合、既存のサーヴァントよりも権限が一段階上となり、より英霊に近い力を行使できる。
一段階と言われるが、それでも力の格差は決定的で、通常の聖杯戦争では格下とされるアサシンクラスであっても各聖杯戦争で最強を誇っていたサーヴァント達を瞬殺できるほどの絶大な力を有している。

このグランドクラスのサーヴァント達が討つただ一つの敵は「抑止の守護者」同様に『文明から生まれ文明を滅ぼす人類の自業自得のアポトーシス』即ちビーストである。
想定されるビーストのうち、並行世界では死徒二十七祖の第1位で人類に対する絶対殺害権を有する「プライミッツ・マーダー」と呼ばれている存在もビーストに含まれる。
ウルクに現れたティアマト、人理焼却を行ったゲーティアがどれだけの災害であったかだけでも、ビーストを倒すにはどれだけの力が必要になるのかということがわかる。

グランドクラスの資格者はただ強ければいいというわけではなく、各クラスごとに特定の能力を要求される。グランドキャスターの場合、万象を視通す千里眼を有していること。
しかし、ギルガメッシュは冠位の魔術師の資格である千里眼を有していても、ビーストを討伐するためのサーヴァントとしての冠位クラスの資格を有しているわけではないらしくその厳密な基準は不明。
通常のサーヴァントを「個人に対する英霊」とするならば、彼らは「世界に対する英霊」である。
死者であるサーヴァントを召喚するには「今の時代」に生きる人間(マスター)が必要という問題点があるが、彼らは英霊でありながら生者であるため、マスターが存在しなくとも単独で行動が可能となっている。

また、冠位クラスのサーヴァントの資格者達は各クラスの頂点に位置しているが、現時点での該当者3名ともそのクラスの王道を極めているというよりも別の方向にぶっとんでる連中で占められている。
呪文はかむから殴る方が早いだろう?」、「心配性が災いしてたまにミスをする」、「暗殺者を暗殺する、という破綻した役割に大義を与えるため、隠し武器・暗器ではなく、正面から戦う大剣を武器に選んだ
お前らは何を言っているんだろうか。

第1部ではゲーティアが魔術王の亡骸を利用し、グランドキャスターを名乗っていたこともあり、現在は該当者の推測が困難になっている。

冠位クラスサーヴァント一覧

グランドセイバー該当者不明
グランドアーチャー該当者不明
グランドランサー該当者不明
グランドライダー該当者不明
グランドキャスターソロモンマーリン
グランドアサシンハサン・サッバーハ
グランドバーサーカー該当者不明

また、グランドキャスターに複数名該当していることから顕現するビーストによって召喚されるグランドサーヴァントも変化するようである。

クラス該当者予想

グランドクラスに相応しい最強の英霊を紹介してください。

クー・フーリン):キャスターで召喚された場合師匠から授かったルーンを使用することで魔術神の力を一部宝具として使えるという設定がある。故にただのランサーで終わる男ではないとも。魔術神の持つ槍については非常に長い話になるため外部リンクを参照。

ノア:グランドライダー候補とも呼ばれているが、二次創作におけるオリジナルサーヴァントとしての彼は神託を聞き入れなかった人類を憎んでいるという解釈が多くを占めるため、定かではない。

ベルセルク北欧神話に登場する異能の戦士のことで、英語ではバーサーカーとなる(ベルセルクはノルウェー語)。語源つながりで初代暗殺者がグランドクラスで呼ばれたことからグランドバーサーカーとして呼ばれる可能性が高い。

関連イラスト

真名ソロモンマーリンハサン・サッバーハ
CV鈴村健一櫻井孝宏中田譲治
イラスト
怠惰の王と矛盾の人
マーリン
キングハサン


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント ビースト(Fate)

外部リンク

アニヲタWiki(仮) - グングニル(武器)

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドクラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14635

コメント