ピクシブ百科事典

ジン=フリークス

じんふりーくす

漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。主人公ゴンの父親。
目次[非表示]

「捕まえてみろよ お前もハンターなんだろ?」

タグはジンも使用されている。
CV:東地宏樹(成年)高乃麗(少年)(1999年フジテレビ版)/小山力也(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。
十二支んの元メンバーであり、コードネーム
主人公ゴン父親でゴンの旅立ちの理由となった人物。
ミトの従兄。くじら島出身で、年齢は32歳(推定)。
カイトの師匠にあたるハンターで、その実力は世界でもトップクラス。

容姿

黒髪のツンツン頭、やや童顔ジト目気味の三白眼
鍛え上げられた肉体を持ち、身長は十二支んの中でも高い。
無精髭を生やした浮浪者のような外見の男。

「最高のハンター」

孤高を愛する人


12歳になる直前に「欲しいモノがあるんだ」と言い残しハンターを目指して島を飛び出す。
第267期ハンター試験唯一の合格者で、二ツ星ハンターとして世界を股にかける活躍をしている(ゴンは287期)。
様々な分野で歴史的な業績を残しており、カイトやサトツも「最高のハンター」と認める。
遺跡発掘の分野においては、行った仕事がそのまま遺跡保護のマニュアルとして世界的に普及しているという。
三ツ星ハンターに値する功績を残しているが、本人は面倒臭がって申請していない。
名前こそ有名だが謎の多い人物。一国の大統領に匹敵する権力を持ち、ネットでは彼に関する情報は完全に遮断されている。
「ジンを探し当てること」は至難のハントであり、彼に認めてもらう為の最終試験でもある。
その反面、数々の規約違反を犯したり年に数回行方不明になるなどのいい加減な性格であり、十二支んを初めとして他のハンターからはあまり快く思われておらず、レオリオに殴られた時にはスタンディングオべーションが起こったほどであった。

グリードアイランド

グリードアイランドの最高責任者。
製作者の一人であり、仲間と共に11人でこのゲームを作ったゲームマスター
REED ISLAND」の「」がジン(ING)の頭文字に相当する。
(HUNTER×HUNTERの世界でもアルファベットは存在するようだ。)

放任主義(?)

復活しました!!!!!!!!!!!


くじら島を飛び出した10年後、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンとゴン宛のメッセージボックスをミトに預けて、再び姿を消した。
メッセージボックスによれば父親としての無責任さは自覚している。ゴンに対しては申し訳なさから顔を合わせることを拒み、「それでも会いたきゃ探してくれ」とのメッセージを残している。
その反面、ゴンに一流のハンターになってもらいたいとの願望があり、レイザーに対してゴンと対決するときは本気で勝負するように頼んでいる(そもそもグリードアイランド自体がゴンの修行のために作られたとビスケは推測している)。
ゴンがG・Iをクリアすれば持ち帰るカードによって自分に会いに来るだろうと予測しており、磁力(マグネティックフォース)により1人で来る場合はジンの所へ、同行(アカンパニー)によって仲間と来る場合にはカイトの元へ飛ばすようエレナに設定させていた。
後にゴンはG・Iをクリアし、ジンと再会する機会を得たが、キルアとの同行を選んだため実現しなかった。
会長選挙終了直前、ゴンが復帰したことにより不本意ながら対面を果たす。
ぎこちない対面ではあったものの、カイトの件で気落ちするゴンを励まし力強く送り出す。
ゴンに対しては表面上はそっけない態度をとっているものの、その信頼関係は確かなものである。

世界樹

最終回。
無題


「オレがほしいものは今も昔も変わらない 目の前にない『何か』だ」

世界樹の頂上でゴンと再会し、「大切なものはほしいものより先に来た」という経験や、「この世界の"外側"」の存在を語った。

「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」

性格

「道中楽しむ」がモットーの「浮動のバカ」。
手前勝手で自己中心的、自分が楽しむことしか考えない。悪態ばかりで口も悪い。
会長選挙の際の目的も会長になることではなく「自身が楽しむ」ことであり、パリストンが有利になる記名投票制のルールを盛り込んだのもそのためである。
思いついたことは何でもやろうとする実践派、そして何でも出来てしまう多才な人物。
常識にとらわれない型破りな発想の持ち主で、先見の明に長けている。
発言に関しては、口に出した後でその理屈を追いかける事が多いひらめき先行型。
沢山の人々に多大な影響を与えている一方で、彼の身勝手さに迷惑している人も大勢いる。

暗黒大陸編

パリジン - HUNTER×HUNTER 33巻を待ち望む


カキン暗黒大陸進出宣言を受けて暗黒大陸探検隊の本拠地を訪れたジンは、探検隊への参加と自身をNo.2とする事を宣言する。

念能力

ネテロ会長からは「念能力者としては間違いなく世界で五本の指に入る」と評価されるほどの実力者である。
オーラの扱いに長けた天才であり、打撃系の技は喰らうとコピーできてしまう。
系統や発については、未だ不明。

似てる?

同作者作品の某人物が成長したような人物像であり、作者からも4コマ漫画でネタにされている。

関連イラスト

亥ジンさん
クソ親父vs息子のダチ


ワンドロ
ジンさん


日の入り



関連タグ

ゴン=フリークス カイト(HUNTER×HUNTER) ミト
サトツ レイザー アイザック=ネテロ レオリオ=パラディナイト
パリストン=ヒル ビヨンド=ネテロ 協専ハンター
ハンター協会 十二支ん 暗黒大陸探検隊
グリードアイランド 暗黒大陸

冨樫義博
浦飯幽助

pixivに投稿された作品 pixivで「ジン=フリークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284084

コメント