ピクシブ百科事典

デビルマン

でびるまん

永井豪原作の漫画・アニメ。人類を滅ぼさんとする異形の種族デーモン軍団と、彼らを裏切り人間に味方するデビルマンとの熾烈な戦いを描いた作品。バイオレンスな作風とおどろおどろしい雰囲気から根強い人気を誇っている。
目次[非表示]

概要

永井豪の漫画作品。または東映のTVアニメシリーズ。
永井の打ち切り漫画『魔王ダンテ』を気に入った東映が、悪魔を主人公にしたヒーローものを多媒体で展開したいと考え、漫画アニメが同時進行で制作されたため、厳密に言えば漫画版がアニメの原作にあたるというわけではなく、別作品と言っても過言ではない。
だがアニメ版もデビルマンデーモン族のデザインは永井が担当しており、東映サイドの「飛鳥了をアニメ版にも出したい」という要望に応じヒムラーを別個にデザインするなど、アニメ版では「原作者」のポジションにあるのが永井であるといえる。
このあたりの細かい事情は、永井の自伝漫画「激マン!」に非常に詳しく描かれている。

基本ストーリーは、悪魔デーモン族)の力を手に入れ「デビルマン」となった主人公不動明」が、地上侵略を目論むデーモン軍団と熾烈な戦いを繰り広げるというもの。
漫画版とアニメ版とは作品の性質が正反対と言ってよく、アニメ版がその特異な設定を活かしつつもあくまで子供向けの勧善懲悪路線を貫いたのに対し、漫画版は黙示録をモチーフにした、極めてヘビーでハードな内容になっている。
アニメ版、漫画版双方に熱狂的なファンが存在する。

漫画版

DEVILMAN



1972年25号~1973年27号に『週刊少年マガジン』で連載された漫画。全5巻。
終始ハードでダークな内容で、壮大なスケールから世界中でカルト的な人気を誇る。
「デビルマンとデーモン軍団との対決」という根幹はアニメと一緒だが、物語後半にデーモン軍団の一斉攻撃が始まってからは、これでもかと言わんばかりのみんなのトラウマ展開が続く。
デーモンの脅威に怯える人類は、疑心暗鬼のあまり中世の魔女狩りさながらの「悪魔狩り」を行い、同胞である人間たちを次々と虐殺していく。その結果、不動明(※原作版・不動明(ふどうあきら)参照のこと)は愛する者をすべて失ってしまう。
信じていた正義、愛する人間、守るべき世界、生きる意味の全てを失い、人間に絶望したデビルマン=不動明だったが、最後に残った唯一の拠り所として、人類を滅亡に追い込んだ大魔神サタンを倒すべく、同じ境遇の仲間として残ったデビルマン軍団を率いてデーモン軍団黙示録さながらの最終決戦に身を投じる。
そして・・・・。
終盤は永井豪自身も殆ど自動書記状態で描いていたらしく、衝撃の事実とどんでん返しの連続、人間の弱さと醜さを徹底して描き尽くした神がかりな筆致、そして神話さながらの壮大なラストは、後の作家や各種創作物に多大な影響を及ぼした。
ライブアライブ」「新世紀エヴァンゲリオン」などが、特に影響が顕著なことで有名。

なお、後年に永井が箸休め的に描いた、本編とほぼ無関係な番外編「新デビルマン」が、現在発売されている新装版や文庫版などには、何故か必ず本編に組み込まれることになっているが、理由は不明である。


アニメ版

デービーーーーーーーーール!



TVアニメ版・デビルマンは特異な設定を活かした正統派ヒーロー作品である。設定としては愛に目覚めたデーモン族最強勇者アモン」が不動明に乗り移りデビルマンとなるも、デーモン族を裏切って愛する人間を守るために戦い続けるというものである。漫画版のデビルマンが「デーモンの力を奪った人間」であるのに対しアニメ版デビルマンは「人間の体を乗っ取ったデーモン」なので、ある意味好対照な存在と言えるだろう。
正統派ヒーロー作品とはいえ随所に永井豪テイストがちりばめられており、脚本家辻真先が永井のファンであったためか勧善懲悪に終わらない一種毒のあるストーリーも多々存在する。
また、スタッフはアニメ版のデビルマンもいずれはデーモン族との戦いの末に散ることを仄めかしていた。
ユーモアと深みのある完成度の高い脚本、宿敵デーモン族が奏でる怪奇でおどろおどろしい雰囲気、そして何より決して軸のぶれない男気あふれるデビルマンの格好良さと愛のために戦い続ける生き様から、根強い人気を誇る不朽の名作である。
漫画版のデビルマンが「人間の弱さや醜さ、潜在的な悪」を描いたのに対しアニメ版は「それらを超え、悪魔をも変える人間の愛」を描いているともいえる。

ちなみにシレーヌは原作に先駆けて登場しており、それを見て気に入った永井が原作にも出している。

また湯浅政明監督による、2018年春公開予定の新作が作られることが2017年3月に発表された。内容には原作漫画の結末まで含まれるという。

映画版

ある意味伝説と化している実写映画版も存在する。実写版デビルマンの項目を参照されたし。

続編とスピンオフ

「デビルマン」の名を冠した作品は、異なる作家によるスピンオフを含め多数存在するが、永井豪自身の筆による正統な続編に位置づけられるのは、実はバイオレンスジャックである。
ただし最終章になるまで全くわからない構成になっている。
デビルマンレディー」はそれまでのデビルマンの戦いの歴史がリセットされた、言わばパラレルワールドの物語となっている。
デビルマンサーガ」の位置づけはまだ不明。

派生作品一覧

以下、永井豪本人の筆によるものは太字

漫画版デビルマン関連

 上記の通り事実上の「続編」にあたる。詳細は項目を参照のこと。
 なお、アニメ版『デビルマンレディー』に関してはこの限りではない。
 最新作だが年齢的にも最後に挑むデビルマンとなるか?2015年現在連載中。
 多数の漫画家が自身の解釈で「デビルマン」を描いたトリビュートだが、永井の新作も収録されている。
 永井が主人公の自伝漫画だが、現在の筆による完全な描き直しページが大量に挿入されつつ進行する。
 原作の美樹の死により、「もし明が暴走し、アモンに人格を食い尽くされたら?」というIFで始まる漫画。
 OVA化もされたが、こちらは漫画とは一部設定に差異がある。
 デビルマンとマジンガーの生誕40周年記念に執筆された「美樹を暴徒に殺された地獄に殴り込み生き返らせろと文句を言う」という凄まじい内容の漫画。
 グレートマジンガーの世界に飛ばされた明が「グレート」の悪の親玉たる闇の帝王と闘う。
 サイボーグ009とのコラボレーションによるアニメ。
アニメ版デビルマン関連
 アニメ映画。
 永井豪による漫画。ほんとにもうなんにでもデビルマン出すんだからこの人は。
 時系列は『マジンガーZ対デビルマン』の前日譚に当たる。 
リメイク
 コミックボンボンに連載されていた児童向け漫画。アニメ版デビルマンに原作の要素を取り入れた内容で、史上初のデビルマンと共闘するシレーヌが見れる。
 アニメ版と漫画版のキャラが独自の設定や解釈で入り乱れるマッシュアップの如きパロディ。珍しく美樹が主人公。私は魔女よ!

影響


その強烈なストーリーにより多くのフォロワーを生み出している。しかし天使と悪魔との戦いという黙示録テーマは日本漫画・アニメでも多数作られたが、この作品を除いて大風呂敷をたたむのに失敗している。代表例は新世紀エヴァンゲリオンだろう。豪ちゃん以外には無理だったのだよ。


関連イラスト

デビルマン
今日も どこかで
MADness×SADness
黒ミサ


関連動画


関連タグ

激マン! バイオレンスジャック
TVアニメ版・不動明(ふどうあきら) 原作版・不動明(ふどうあきら) 
飛鳥了 大魔神サタン
シレーヌ ジンメン
デビルマン100users入り
マジンガーZ対デビルマン CBキャラ

デビルタカ

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2968688

コメント