ピクシブ百科事典

バリツ

ばりつ

バリツ(baritsu)とは、シャーロック・ホームズだけが知っている日本の格闘術である。
目次[非表示]

原点

アーサー・コナン・ドイルは困惑していた。

「ここにきて続編かよ……空気嫁……」

ここしばらく耳に否応なしに飛び込んでくる、彼の作品のファンたちの声。皮肉にもこの声援こそが、彼の頭脳をきりきりと締め付ける。
 "宿敵ジェームズ・モリアーティとの格闘の末に滝壷に転落し、そのまま行方知れずに"……こんな衝撃的な結末によって一度幕を閉じたはずだった、シャーロック・ホームズの物語。ここで彼の活躍絵巻にはケリをつけ、次なる創作に向けた思索にふけりたいと心底思っていただけに、この--うっすらと予想していた状況とはいえ--ファンのラブコールに、ドイルは恨み言のひとつでも投げかえしてやりたいくらいであった。

もう少しだけ続くんじゃ……か。 フン、笑えん」

本格的にホームズの物語を再開させるとなると、かつて書いた『バスカヴィル家の犬』のようなホームズ死亡前の時系列だけで進めるわけにはいかない。ホームズは死んでいなかった……そんなことが可能なのか。滝壷に身を投じたホームズを救い出すだけの、奇想天外な、そう、あまりに無理のあるトリックを、どのように仕組んでやるか。ここにきてドイルの頭脳は、既に"作家、コナン・ドイル"として、あらたな作品の構想を練り上げる為に回転し始めていた。

古びた紙とインクの香りが幽かに立ち込める彼の書斎には、今日も乾いた靴の音が、響き渡る。

バリツとは

 アーサー・コナン・ドイルの探偵小説『最後の事件』において滝に転落して死亡したとされていたシャーロック・ホームズを、ファンの要望に応え執筆することとなった(実際には上記の通り、間で『バスカヴィル家の犬』を執筆しているが、これはホームズ死亡前の話だった)続篇『空き家の冒険』において再登場させる根拠となったのが、架空の日本式の格闘技、"バリツ"である。格闘技の心得があったことにより、ホームズは宿敵モリアーティ教授を滝に投げ落としたのだ、と作中で説明された。
pixivタグとしては、テレビアニメ探偵オペラミルキィホームズ』に関連するイラストに付けられていることが殆どである。これは本作第4話でシャーロック・シェリンフォードがこれみよがしに使って見せたシーンが元ネタとなっている。第4話は何かと神がかっていた。

ちなみに

馬券の倍率のことではない。
ましてやバルスでもない。目も潰れないので安心してよい。

バリツの使い手

シャーロック・ホームズ(シャーロック・ホームズシリーズ)
シャーロック・シェリンフォード探偵オペラミルキィホームズ
ニコラ・テスラ黄雷のガクトゥーン
ハル・カムホートダンタリアンの書架
茂吉・ロビンソンケンガンアシュラ

関連タグ

シャーロック・ホームズ コナン・ドイル
トイズ - 似て非なるもの
長島☆自演乙☆雄一郎 - 『ミルキィホームズ』のコスプレ(明智小衣)姿で入場後、相手を見事にKOしたため、バリツの使い手と呼ばれる。
柔術 - 元ネタらしい。新潮文庫が刊行した、翻訳家の故・延原謙氏が翻訳した「空き家の冒険」では明確に「ジュウジュツ」(版によっては『柔術』)と書かれている。

外部リンク

バリツ - Wikipedia
バリツとは (バリツとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「バリツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144249

コメント