ピクシブ百科事典

神崎・H・アリア

かんざきほーむずありあ

神崎・H・アリアとは、ライトノベル『緋弾のアリア』の登場人物。
目次[非表示]

概要

クラス2年A組
専攻強襲科(アサルト)
武偵ランクS
CV釘宮理恵


本作のメインヒロイン。東京武偵高校に留学扱いでやってきた少女。
父親がイギリス人とのハーフのクォーター。転校して来るまではイギリスに住んでいて、英語、日本語を含めた多数の言語を話せる設定らしい。
拳銃2丁と太刀二振りを持ち歩いていることから『双剣双銃(カドラ)のアリア』の二つ名を得ている。
原作5巻では『緋弾のアリア』の二つ名を継承した。15巻の時点では、キンジと合わせて香港刑務処から『臥龍鳳雛(眠れる龍と鳳凰の雛の意。アリアは鳳雛の部分にあたる)』、香港武偵局の方からは『Enable(エネイブル)&Quadler(カドラ)』と呼ばれている事が判明した。
性格は直情的かつ我が侭、更に分かりやすいツンデレ。好物はももまん。苦手なものは雷。
カナヅチでもあるため水泳も苦手。自らの高校生らしからぬ低身長と幼児体系には強いコンプレックスを
抱いており、それについて言及されようものなら誰であろうと風穴を空けようとする。

探偵シャーロック・ホームズの曾孫にあたり、武偵の原点かつ象徴である彼が有していた武の才能(格闘、拳銃、剣術)を受け継いでいるが、肝心の推理能力だけは受け継いでいない。
その事から母親以外のホームズ家の面々とは折り合いが悪く、「欠陥品」の烙印を押されていた。
しかしSランクであることからも分かる通り実力は折り紙つきで、たった一回の強襲で犯人連続逮捕成功回数99回、更にその全てが武偵法の範囲内であり、犯人を取り逃がした事も一度もない。
祖母がデイム(イギリスの王家に授与される称号)の位を持つ一族で、本編でも随所でそのセレブぶりを見せている。

ホームズ家の人間には代々主にその優れた力を引き出す役割を担うパートナーが必要であるが、Sランク武偵である彼女にふさわしい相手はなかなかおらず、前述の我が侭な性格も相まって「独唱曲(アリア)」の名前通りどこに行っても独りぼっちだった。そんな時に『武偵殺し』を追っていた際に出会ったキンジの正体が元Sランク武偵であることを知るとしつこく付きまとい、紆余曲折の末彼をパートナーにした。
キンジと共に死線を潜り抜け、時には仲違いしそうな所までぶつかり合いながらも彼との絆を深め、深い信頼と強い好意を寄せるまでに至る。

数百年の冤罪の懲役刑で投獄中の母・かなえがおり、母に冤罪を着せた「イ・ウー」のメンバーを探し出して法廷に立たせ、母親の無実を証明することを何よりの悲願とする。それゆえ、それが絡むことになると後先考えずに行動を起こしてしまうことも度々ある。
しかし、理子ジャンヌといった、組織との関わりが無くなった人間に対しては深く追及することはないようだ。

150年以上も生きてきた曽祖父・シャーロックに、人の心と繋がる超常物質『緋緋色金(ヒヒイロカネ)』、通称『緋弾』の継承者に選ばれ、5年前に体内に撃ち込まれていた事が原作4巻で判明。その影響で緋弾を撃ち込まれた12歳の頃から体があまり成長しなくなり、金髪、碧眼だった髪と目も現在のピンクブロンドと赤紫(カメリア)色に変わっている。
8巻で緋弾をカバーしていた、保有者を恋心と闘争心を荒ぶらせる祟り神・『緋緋神(ヒヒガミ)』へと変貌してしまうのを防ぐ役割を担っていた『殻金七星(カラガネシチセイ)』をヒルダに破られ、「眷属(グレナダ)」の面々に7枚中4枚を持って行かれてしまう。玉藻曰く4枚全てを取り戻さなければ、アリアはあと数年で緋緋神になってしまうらしい。

関連イラスト

・・・・
アリア×シャナ


関連タグ

緋弾のアリア  遠山キンジ  星伽白雪  峰・理子・リュパン4世  レキ  ツンデレ  貧乳 キンアリ
超ヒロイン戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「神崎・H・アリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1354086

コメント