ピクシブ百科事典

パキケファロサウルス

ぱきけふぁろさうるす

石頭竜類の恐竜の一種。白亜紀後期の北米に生息していた。
目次[非表示]

植物食恐竜のひとつ。和名は「石頭竜」若しくは「堅頭竜」。

概要

頭骨が非常に頑丈なのが特徴で、特に頭頂部の骨の厚さは20cm以上にもなる。骨質の瘤や棘が鼻面や目の周り、後頭部を覆っている。
長らく頭骨しか発見されてなかった為謎が多い恐竜だったが、近年、骨格の大部分が保存された化石が発掘され、急速に謎が解明されつつある。全長は5m前後、体つきに比較して頭は大きめで、樽型の胴体、貧弱な前肢、発達した後肢、骨化した腱で補強された堅い尾を持つ。歯の作りは植物食恐竜としては非常に原始的な構造で、雑食性だったのではないかと言う説もある。

スティギモロクとドラコレックス

パキケファロサウルスと同じ地層から発掘されたこれらの恐竜は、近年、パキケファロサウルスと同種とする説が有力である。スティギモロクはパキケファロサウルスの亜成体、ドラコレックスは大型幼体に過ぎないとされている。性成熟と共に急激に頭のドームが発達し、後頭部の棘が退縮して瘤に変わると考えられている。ドラコレックスは「フォルムがあまりにもドラゴンに似ている」から発見当時人気だった『ハリポタシリーズ』にちなんで「ドラコレックス・ホグワーツィア」て命名されたのに。

石頭は何の為?

長らく、分厚い頭骨の様子や、山岳地帯に生息していたと思われる事から、現存する山羊と同じようにオス同士が頭をぶつけ合って戦っていたと思われていた(実際、古い恐竜図鑑に載っているパキケファロサウルスの絵は大抵これ)。が、その割には首の作りが貧弱であり、また山羊と異なり、頭骨が非常に緻密で衝撃を吸収する構造になっていない事から、とても頭突き合いには耐えられないとされる。
また、パキケファロサウルスの頭頂はほぼ球形に近い形であり、こうした形状の頭で頭突きをし合うと少し中心がずれただけで首を脱臼したり、酷ければ頭蓋骨損壊で死んでしまう、と言う指摘もある。
この為、現在では(同じように頭で攻撃するにしても)相手のボディに頭突きを入れていたか、或いは棒状の尾で叩き合いをして力比べをしていた、と考えられている。

最も首については、軟骨や腱、筋肉など化石には残らない組織で強化されていた可能性は十分にある。
作者が恐竜マニアでもある『竜の国のユタ』ではこの説が採用されており、首の周りに大量の皮骨板を追加し、首をロックする事により強敵に頭突きが可能なよう考えられている(生息地の関係上それらの化石も残りにくかったのではないかという想像も)。

パキケファロサウルスをモチーフとしたキャラクター

トランスフォーマー

ハードヘッド(ビーストウォーズネオ)

スーパー戦隊シリーズ

バキケロナグルス(爆竜戦隊アバレンジャー)
ブンパッキー(獣電戦隊キョウリュウジャー)

ポケモン

ズガイドス(ポケモンDP)

その他

パッキー(現存!古代生物史パッキー)
ジサマ(白亜紀恐竜奇譚竜の国のユタ)

関連タグ

恐竜
ズガイドスラムパルド
ボルボロス

pixivに投稿された作品 pixivで「パキケファロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40368

コメント