ピクシブ百科事典

プラネテス

ぷらねてす

『ΠΛΑΝΗΤΕΣ-プラネテス』とは、幸村誠のSF漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

『モーニング』に1999年から不定期連載し、2004年に一旦完結、4巻まで発刊されている。
2002年度星雲賞コミック部門を受賞。また、これを原作にしたテレビアニメも、2005年度星雲賞メディア部門を受賞。
同賞の原作・アニメのダブル受賞は『風の谷のナウシカ』以来。また、連載中の作品が受賞したのは本作が初めて。

あらすじ

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。
火星には実験居住施設もあり、木星土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーション月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。
しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。
また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキ宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それともを追い求めるか思い悩む。

登場人物

メインキャラクター


ハチマキの家族

タナベの家族

フィーの家族

木星往還船開発計画の関係者

その他のキャラクター

アニメ版のみの登場人物

アニメ

2003年10月から2004年4月にかけて全26話がNHKにて放送された。
登場する宇宙服宇宙船・諸装備も、製作当時に想定されていた宇宙開発事情に沿って大幅な考査が行われ、この辺りの描写もアニメ版の見所となっている。

2005年度には星雲賞メディア部門を受賞。傑作との呼び声も高い。

主題歌

オープニング・テーマ
「Dive in the Sky」
作詞・作曲・編曲・歌 - 酒井ミキオ

エンディング・テーマ
「Wonderful Life」
作詞・作曲・編曲・歌 - 酒井ミキオ
「PLANETES」
作詞・作曲 - 黒石ひとみ / 歌 - Hitomi

挿入歌
「A secret of the moon」
作詞・作曲・編曲 - 黒石ひとみ / 歌 - Hitomi
「Thanks my friend」
作詞・作曲・編曲・歌 - 酒井ミキオ

各話リスト

話数サブタイトル
Phase 1大気の外で
Phase 2夢のような
Phase 3帰還軌道
Phase 4仕事として
Phase 5フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
Phase 6月のムササビ
Phase 7地球外少女
Phase 8拠るべき場所
Phase 9心のこり
Phase 10屑星の空
Phase 11バウンダリー・ライン
Phase 12ささやかなる願いを
Phase 13ロケットのある風景
Phase 14ターニング・ポイント
Phase 15彼女の場合
Phase 16イグニッション
Phase 17それゆえの彼
Phase 18デブリ課、最期の日
Phase 19終わりは いつも…
Phase 20ためらいがちの
Phase 21タンデム・ミラー
Phase 22暴露
Phase 23デブリの群れ
Phase 24
Phase 25惑い人
Last Phaseそして巡りあう日々


関連イラスト

屑星の空



関連タグ

星雲賞 谷口悟朗

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「プラネテス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338487

コメント